上司・先輩・同僚の違い

社会人になると、職場に上司・先輩・同僚などの立場の人と上手く付き合っていく必要があります。しかし、役職や立場、年齢によって正確に使い分けをしないといけないため、教えてくれる人がいないと、年上の人全員のことを「上司」と間違って理解してしまっている人もいます。「同僚って、確かこんな意味でしたよね?」というような曖昧な理解に留めず、社会人としてしっかりとした認識の下、それぞれの呼び名の条件や、言葉の意味を理解していただきたいと思います。

上司・先輩・同僚の違い

上司先輩同僚の違い

上司の定義

上司の条件 役職:自分よりも役職が上の人 年齢:関係なし 勤務時期:関係なし

上司のことを「年上の人」だと思っている人がいますが、これは間違いです。もし、あなたが社会人1年目の新入社員であり、また役職のない平社員であれば、社内の役職者は、皆上司です。また自分よりも年齢が低くても、自分より役職が上であれば、あなたの上司になります。つまり上司とは、自分よりも役職が上の人を表します。役職が基準となる言葉ですので、年齢は一切関係ありません。「この人は年下だから、上司になることはない」というような間違った認識をして、タメ口で話してしまうなどの行為はマナー違反です。注意しましょう。

先輩の定義

先輩の条件 役職:自分と同じ役職 年齢:関係なし 勤務時期:自分より早く入社

職場の先輩とは、自分よりも早く、自分と同じ会社に入社した人のことを表します。そのため、自分よりも年下であったとしても、その社員が1年先に入社していれば、その人は「先輩」になります。そのため、年下でも、自分よりも上の立場の人になるため、年齢を聞いて年下だからとタメ口で話してしまわないよう、気をつけましょう。

同僚の定義

同僚という言葉は、上司や先輩の定義と違い、2つの意味があります。ひとつ目は、同僚という言葉は、「同じ職場の人」という意味です。例えば先輩を誰かに紹介するときに「こちらは、私の同僚の先輩です。いつも仕事を丁寧に教えてくださる、会社でも一番頼りにされている先輩です」などと使います。一般的に同じ職場の人という意味で利用されるので覚えておきましょう。

「同僚」のふたつ目の意味は、「役目・地位が同じ人」です。例えば、新入社員同士で「お互い同じ時期に入社した、同僚だね」という言葉は、地位が同じということを表しています。2つの利用方法がありますが、同僚は、同じ職場の人を表す言葉だと理解しておけば間違いないでしょう。

上司・先輩・同僚とのコミュニケーション方法

上司・先輩・同僚とのコミュニケーション方法

会社の人が集まっている目的は「仕事」

上司・先輩・同僚と仲良くなるために、自分から積極的に話しかけることは大切です。しかし、学生時代の友達感覚で話しかけるのはNGです。同期入社の同僚も含め、あなたと友達になるために入社したわけではありません。仕事をする目的で、働くために会社に来ているのです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 使える部下の10の特徴

    自分の仕事を円滑に進めるためにも、頼りになる部下の存在は欠かせません。指示した内容を理解してくれない…
  2. 無責任な上司の特徴と対処法

    無責任な上司の特徴と対処法

    管理する部署やチームの目標を達成する、パフォーマンスを最大化することは、管理職である上司の役割として…
  3. 部下が報連相(ホウレンソウ)をしない7つの理由

    仕事を円滑に進める上で、社員間の報連相のコミュニケーションは必要不可欠です。大きな問題が起こる前に事…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 就業時間が過ぎ、自分の仕事も全て終わったので帰ろうとしたところ、上司も先輩も忙しそうにしており帰りそ…
  2. 皆さんは「添え状」と言う言葉をご存知でしょうか。添え状とは文字通り添える書類のことで、郵送物等を送る…
  3. 転職について様々な角度から考え、情報発信している当サイトで今回取り上げるテーマは「今の職場で出世でき…
  4. ビジネスメールのやり取りにおいて、メールを送信する相手に添付書面の内容を確認してもらう時などに、文末…
  5. ボーナスの使い道は会社員の人生設計においてとても重大なことであり、また悩ましいテーマでもあります。そ…
  6. 営業マンが売上を上げてゆくためには、アポイントや商談件数等ある程度の数を増やす努力が必要ですが、数だ…
ページ上部へ戻る