職場の人間関係が上手くいかない人の8つの原因・特徴

職場の人間関係が上手くいっていない・・こうした悩みを抱えている社会人は少なくありません。もっとも、人間関係が上手くいかない原因がはっきりしているのであれば、その原因を解消することで良好な関係に改善できますが、問題は原因が不明な場合です。

原因がよくわからないままであれば、関係改善を望んでも手の打ちようがありません。そこで職場の人間関係が上手くいかない人の主な特徴を明らかにすることで、人間関係がどうも上手くいっていないという方々の原因究明に役立てて頂こうというのが今回の記事の狙いです。思い当たる点はないか、記事を読んで探ってみてください。


1.失敗や上手くいかなかったときに言い訳をする

仕事で失敗した場合や、物事が思い通りに進まなかったときに、周囲に対しつい「言い訳」をしてしまう場合があります。しかし周囲にしてみれば、やむを得ない理由があったとしても失敗という結果が覆るわけではないし、そうした言い訳を繰り返す人は見苦しく感じられます。

どんな理由があったとしても言い訳をせず失敗を素直に認めること、必要に応じて周囲にお詫びをする人の方が「潔いよい」という評価となり、反省をしているようだから次回は大丈夫だろうといった周囲からの安心感も得られやすくなります。

つまり言い訳ばかりする人は、「失敗」という事実をしっかりと向き合って反省するという姿勢がないと周囲は評価します。そのため、周囲は何かあれば「どうせまた言い訳をするのだろう」と考えてしまい、言い訳を繰り返している内にうんざりし、日頃から冷たい態度へとなってしまう場合があるのです。

もしあなたが注意された時、ひとこと目に出る言葉が「でも」や「けど」といった否定からはじまる場合は要注意です。「申し訳ありません」と謝罪の言葉を伝えるだけに留めておきましょう。


2.職場の人の陰口・悪口を言う

職場の人の陰口や悪口に対して好感を持つ人はまずいません。たとえ自身に対する悪口ではなくとも陰口として聞かされれば不快になるものです。その点で誰かと雑談を交わす場合、ついつい話の中で誰かの悪口を話題にしてはいないでしょうか。

聞かされた方は、表面的には悪口に対して同意する場合があるかも知れませんが、それは本心ではなくその場で反論してもめることを避けたいだけの場合もあります。また頻繁に人の悪口や陰口を言っている人は「ひょっとしたら自分も知らないところで陰口を言われているのでは」といった疑念を周囲に与えます。その結果、周囲はこのような人物にはあまり関わらない方が良いと考え、疎遠になってしまうのです。


3.仕事への熱意や意欲が低い

自分の仕事が手一杯な状況で、自分の仕事が更に増えることを喜ぶ人はまずいません。それだけに仕事への熱意や意欲、向上心が乏しい人が近くにいた場合、「こちらは一生懸命やっているのに」という不満が高まってしまいます。つまり、成長意欲のない人や仕事を真面目にしない人は、職場では無条件に嫌われます。

周囲との人間関係が上手くいかない方は、自覚の有無は別として、周囲から仕事に対する熱意や意欲が低いと見られている可能性もあります。もしそれがあなたの正しい評価ではないと思うなら、仕事に対する意欲や姿勢を周囲へアピールする方法として、忙しそうな状況の人がいれば率先して仕事の手伝いを申し出ることが有効になってきます。


4.自分の価値観を他人に押し付けている

人というのは当たり前のことですが、それぞれの人生や経験・学んできたことを通じてそれぞれの固有の価値観を形成していきます。社会通念上のマナーや慣習等、社会全体で共有しなければならない価値観もありますが、基本的には人それぞれ異なる価値観がその人の人格を大きく左右するものとして存在しています。好き嫌いといった好みも違えば、関心が持てる話題、持てない話題、賛成できること、できないことも人それぞれです。

大切なのは、価値観の違いを前提に人間関係を築くことです。周囲と人間関係が上手くいかない人の特徴として、自分の価値観が最も正しいと思い込み、本人が無自覚なままそれを周囲へ押し付けてしまう場合が大変多いということ。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. ブラック上司へのパワハラ対策4選

    ブラック上司へのパワハラ対策4選

    一日の多くの時間を過ごす職場、そして生活の糧でもある職場でパワハラを受けてしまうほど辛いことはありま…
  2. 営業職に有利な資格【IT・不動産・金融機関】

    営業職に有利な資格【IT・不動産・金融機関】

    毎日、営業職として働いており、今以上にキャリアアップを目指し幅広い仕事ができるようになりたいと考えて…
  3. 「効率」と「能率」の正しい意味・違い

    仕事の効率性を高めるという意味で「効率」という言葉が多用されています。一方で似たような「能率」という…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 就活で内定を勝ち取るためには、面接対策は絶対にやらなければいけないものです。ただ面接と言っても「集団…
  2. 営業マンの皆さん、皆さんは営業フォローについて自信はありますか。顧客に応じて的確なフォローがなされて…
  3. 部活動でキャプテンや主将を務めたという人は、決して星の数ほどいるとは言えませんし、部という一つの組織…
  4. 皆さんはパーソナルブランディングと言う用語をご存知でしょうか。パーソナルブランディングはこれからの社…
  5. 心が狭い人の6つの特徴
    「この人、心が狭いなあ」 相手の行動や発言に対して、なんとなく不快な気持ちを抱いてしまった…
  6. 組織の中には様々な業務がそれぞれの部署によって行われています。例えば営業部であれば営業活動を行うこと…
ページ上部へ戻る