【具体例あり】話の説得力を高めるPREP(プレップ)法

ビジネスシーンでは、職場やクライアント先などのさまざまな場面で、どのような相手とも円滑にコミュニケーションを図る会話力が求められます。

相手との会話のキャッチボールをスムーズに行うためにも、あなたが話し手になったときに意識しないといけないポイントは3点あります。それぞれのポイントは、以下の通りです。

  1. 自分が話している内容を相手に正確に伝えること
  2. 話している内容に説得力をもたせること
  3. 簡潔に伝えること

営業の商談やプレゼンなどのシーンはもちろん、社内の人と会話するときに、これらのポイントを押さえておくと、聞き手はあなたの伝えたい事を理解してくれるでしょう。

ではどのような話し方をすれば、良いのでしょうか。今回は会話の基本術である「PREP(プレップ)法」について解説していきます。もし、以下の悩みを抱えているのであれば、PREP法を習得することによって、話の説得力が増すとともに、自信をつけることができるでしょう。

【PREP法を習得すれば解消できる悩み】

  • 会話の構成を上手く組み立てられない
  • 相手に順序立てて説明するのが苦手
  • すぐに論破されてしまう
  • 聞き手から「結局何が言いたいの?」と注意されることが多い
  • 会話に自信がない

上記に該当する項目があった人は、是非ともPREP法を実践して、使いこなせるようにしてくださいね。

PREP(プレップ)法とは

PREP(プレップ)法とは

まずは、PREP(プレップ)法を構成する4つのパートからお伝えしていきます。

構成要素は「PREP」の4つのイニシャルに表れており、それぞれ

  • 「P:POINT(結論)」
  • 「R:REASON(理由)」
  • 「E:EXAMPLE(具体例・事例)」
  • 「P:POINT(ポイント・結論)」

という意味があります。

それぞれのイニシャルの単語と意味について、以下の表にまとめておくので、参考にしてください。

PREP法を構成する4つのパート

P POINT ポイント・結論
R REASON 理由
E EXAMPLE 具体例・事例
P POINT ポイント・結論を繰り返す

プレゼンの上手い人や経営コンサルタントは、PREP法を意識して話すことを心掛けています。なぜなら、話し手の主張に説得力を持たせる話法だからです。

話をするときはPREP法の構成の順番に沿って伝えることが大事です。つまり「結論→理由→具体例・事例→再度結論」の順番で話を展開するということです。

それでは、PREP法を活用すると、どのような伝え方になるのでしょうか、具体例を見ていきましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 「恐縮」の意味・正しい使い方【例文付き】

    「恐縮」を日常会話の中で用いることは稀ですが、ビジネスシーンでは常用される言葉のひとつ。社会人として…
  2. 理想の上司になるための10の条件

    上司の皆さん,皆さんは部下から「理想の上司」として評価されている自信はありますか。部下から理想の上司…
  3. 肩こりの原因とデスクワークでの正しい姿勢・椅子の座り方

    「最近、腰痛や肩こりに悩まされていて・・・」 今や腰痛や肩こりは老若男女問わず数多くの人が…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 年末年始の挨拶を「メール」で行うケースは増えており、インターネットの利用率の高まりなどを背景に今後さ…
  2. 負けず嫌いな性格の人の7つの特徴
    あなたの会社に、負けず嫌いな人はいるでしょうか。周囲の人よりも良い成績を出したいという強気でアグレッ…
  3. 自己紹介は、新入社員の皆さんにとって最も緊張を強いられる最初の仕事であり、社会人として良いスタートを…
  4. 「仕事のストレス」は、どんなにケアをしていても時々肌に悪影響を与えてしまう場合があります。鏡の前で「…
  5. 当サイトの他記事において、ポイントやマイルの貯め方等についてご紹介しましたが中には「それって大丈夫?…
  6. 配属先が変わった時、新入社員として新しく配属される、そんな時には配属先での「挨拶」が必要になります。…
ページ上部へ戻る