【具体例あり】話の説得力を高めるPREP(プレップ)法

ビジネスシーンでは、職場やクライアント先などのさまざまな場面で、どのような相手とも円滑にコミュニケーションを図る会話力が求められます。

相手との会話のキャッチボールをスムーズに行うためにも、あなたが話し手になったときに意識しないといけないポイントは3点あります。それぞれのポイントは、以下の通りです。

  1. 自分が話している内容を相手に正確に伝えること
  2. 話している内容に説得力をもたせること
  3. 簡潔に伝えること

営業の商談やプレゼンなどのシーンはもちろん、社内の人と会話するときに、これらのポイントを押さえておくと、聞き手はあなたの伝えたい事を理解してくれるでしょう。

ではどのような話し方をすれば、良いのでしょうか。今回は会話の基本術である「PREP(プレップ)法」について解説していきます。もし、以下の悩みを抱えているのであれば、PREP法を習得することによって、話の説得力が増すとともに、自信をつけることができるでしょう。

【PREP法を習得すれば解消できる悩み】

  • 会話の構成を上手く組み立てられない
  • 相手に順序立てて説明するのが苦手
  • すぐに論破されてしまう
  • 聞き手から「結局何が言いたいの?」と注意されることが多い
  • 会話に自信がない

上記に該当する項目があった人は、是非ともPREP法を実践して、使いこなせるようにしてくださいね。

PREP(プレップ)法とは

PREP(プレップ)法とは

まずは、PREP(プレップ)法を構成する4つのパートからお伝えしていきます。

構成要素は「PREP」の4つのイニシャルに表れており、それぞれ

  • 「P:POINT(結論)」
  • 「R:REASON(理由)」
  • 「E:EXAMPLE(具体例・事例)」
  • 「P:POINT(ポイント・結論)」

という意味があります。

それぞれのイニシャルの単語と意味について、以下の表にまとめておくので、参考にしてください。

PREP法を構成する4つのパート

P POINT ポイント・結論
R REASON 理由
E EXAMPLE 具体例・事例
P POINT ポイント・結論を繰り返す

プレゼンの上手い人や経営コンサルタントは、PREP法を意識して話すことを心掛けています。なぜなら、話し手の主張に説得力を持たせる話法だからです。

話をするときはPREP法の構成の順番に沿って伝えることが大事です。つまり「結論→理由→具体例・事例→再度結論」の順番で話を展開するということです。

それでは、PREP法を活用すると、どのような伝え方になるのでしょうか、具体例を見ていきましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. ロジカルシンキング力を日常で鍛えるトレーニング方法まとめ

    ビジネスマン諸氏において、「ロジカルシンキングの力を高めたいが、どうもその方法が良く分からなくて・・…
  2. 【社長必見】優秀な人材が辞めていく会社の4つの特徴

    組織は定年退職の他、家庭の事情や都合等でやむを得ず社員が辞めてゆく場合は致し方ないとしても、そうした…
  3. 営業のアフターフォローの方法【訪問・メール・電話】

    営業手法には様々な方法や考え方がありますが、多くのトップセールスマンが口を揃えて言うことが一つだけあ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 会社を詳しく知る機会として会社説明会は、有効に就活へ活かしたいものです。会社説明会を有効に活かすには…
  2. 営業マンにとって大事な数字、「営業成績」。売上が悪い月などはノルマが達成出来ず気が重くなることもしば…
  3. 腹黒い人の6つの特徴と対処法
    あなたの周りに「腹黒い」との評価を受けている人はいませんか?あるいは、ある人の腹黒い行動に悩まされな…
  4. 国税庁の調べによりますと、男性サラリーマンの平均年収は平成25年実績で約510万円となっていますので…
  5. 学生から新社会人になるにあたって、様々なものが必要となります。初めて会社勤めをすることになるわけです…
  6. 転職先が決まり、これで転職終了と考える方は多いかもしれません。しかし、転職は働き始めてからが本当の勝…
ページ上部へ戻る