仕事に自信がない人が自信をつけるための9つの改善方法

性格の特性上からか、日本人は何事にも謙虚な姿勢で取り組む傾向があります。その一方で、現代の若者は自分に自信を持つことができずに、不安を感じながら仕事に向き合っている人が多いようです。

また、自信を持って仕事に取り組んでいる方も一部見受けられるものの、そうした自信をずっと持ち続けることは容易なことではありません。例えばプロ野球を代表する一流選手であってもスランプに陥れば、自分に対する自信を失う場合があります。そのような時、過酷な猛練習を自分に課す、精神修行を行う、恩師に指導を仰ぐ等々の自分なりに自信を回復させる方法を有しており、それを実践することで自信を取り戻し、スランプを克服しています。

そこで今回は仕事に対して自信を持てない方が、自信を取り戻すための方法をご紹介したいと思います。


自信を持てない原因

自信を持てない原因

まずは自信を持てない人に共通する原因についてご紹介していきます。自信を持てない人には大きく分けて3つのパターンに陥っているといえます。それぞれの原因を見ていきましょう。

(1)大きな失敗をした経験がある

人生で大きな失敗をしてしまった経験が誰しも一度くらいはあるはず。しかしそのことがトラウマとなり、新しいことや目の前の仕事に取り組むときに、失敗した経験をつい思い出してしまって躊躇してしまう。自分に自信がない人の多くは、この過去の失敗体験から、次の新しい事への挑戦ができなくなってしまっているのです。

(2)他人と比較して自分が劣っていると自覚した

幼い頃から横並び教育で育った今の若者は、学業にしてもスポーツにしても同級生と自分が常に比べられる環境で育ってきました。そのような状況下でうまくやりこなしていく友人を横目に、同じことを取り組んでいるにもかかわらず、できない自分との差を感じて次第に自信がなくなっていくのが今回のケースです。

特に創意工夫が求められる仕事は、自分が正しいという保証がない中で業務を進めていかなければなりませんが、自信がない人は、自分が劣っているという劣等感を感じた出来事の積み重ねによって不安を感じてしまう傾向があります。

(3)自分がしたことに対して他人から批判や非難をされた

自分が頑張って取り組んだことに対して、「こんなこともできないのか」「頭悪いんじゃないか」などの周囲からの心無い批判や非難によって心に傷を負ってしまうと、自信をなくす大きな原因となってしまいます。

これは社会人生活の中でも、上司が部下に対して「教育時に使ってはいけないキーワード」として、よく出る言葉です。「こんなこともできないのか」は、その人自体を否定するキーワードであり、言われた相手は自分に自信をなくすばかりか、「自分のやり方や考え方は間違っている」とすら思う場合もあります。


自分に自信を持てない人の3つの原因について解説してきましたが、これらの過去の経験を乗り越えるには、あなた自身が変わらなければなりません。自分に自信がないと、失敗を恐れるあまり更に大きな失敗になることもあります。自分の才能を十分に発揮するためにも、自分に自信をもつ方法を理解しておきましょう。

ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 潔い人の10の特徴

    潔い人の10の特徴

    「なんて潔い人なんだろう」そう思える人、近くにいませんか。潔い人は傍目から見ても気持ちの良いものです…
  2. 頭の回転が速い人の特徴

    頭の回転が速い人の8つの特徴

    頭の回転が速い人は、ビジネスシーンや日常生活などの様々な場面で一目置かれ、周囲から頼りにされます。特…
  3. 転職の準備に必要な期間・書類・貯金まとめ

    いざ転職をしようとすると気になるのが、「いつまでに何をしなければならない?」「転職までにはどのくらい…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 「あれ、そろそろ就業時間なのに、あいつまだ出社してないな。」 「まさか、また遅刻…!?」 給料…
  2. 販売やサービス契約など、営業という職は聞きなれた職ですが、その裏側にはマーケティングを行う職も存在し…
  3. どのような会社に勤めていても「お客様への接し方」は、最も重要視されるとても大切なテーマです。その理由…
  4. 社会人にとって身だしなみは必須のマナー、不潔と感じられるようであれば社会人失格です。特に女性は身だし…
  5. 営業ノルマというものから営業マンを区分したとすれば、「ノルマを達成できる営業マン」と「ノルマを達成で…
  6. 現在転職はブームとも言われており、それほど深刻に悩まずに転職を決断される方も珍しくはなくなってきまし…
ページ上部へ戻る