社会人の年収別家賃相場

年収と家賃は密接な関係にあると言えます。多く貰っている人ほど家賃の高い家に住み、年収の少ない人は家賃の安いところに住んでいる、そんなイメージがあるかもしれません。ただなんとなくそんなイメージはあるとしても実際にどのくらいの年収でどのくらいの家賃帯が相場なのかなどは分かりにくいところかもしれません。

そこでここでは社会人の年収別家賃相場について見て行きたいと思います。もちろん家族構成や地域によってこうした相場は大きく変わりますので一般的な相場に関しては難しいところもでありますが、1つの判断基準となるような一般的な相場について、それぞれ年収別に見て行きたいと思います。


年収300万前後の家賃相場

年収300万円前後の人の場合、ボーナスなどの関係もあり前後しますが毎月のお給料であれば手取りにして20万円を切るぐらいの金額になることが一般的です。こうした月収の人の家賃相場は、おおよそ5~7万円前後あたりが相場だと言われています。

地域によって家賃相場は大きく変わり、また同じ家賃でも借りることが出来る住宅の広さなども大きな差が出ます。5~7万円前後ですと都心部ではワンルームなどが精一杯の金額になりますが、郊外などであれば2LDKぐらいの住宅を借りることも可能な金額です。家族構成などにもよりますが、このぐらいの年収の場合にはまだまだ若い層であることが多く、社会人となってまだ数年ぐらいの若い人であればワンルームなどのあまり広くない住宅などに住んでいることも多い層だと言えます。


年収400~600万円前後の家賃相場

年収400~600万円の層となれば、ボーナスの関係もあり毎月の手取り額で換算すると人によって大きな差が出る年収帯だとも言えるかもしれません。一般的な相場では大よそ手取りが30万円前後となり、家賃相場などもボーナスの影響によって開きが見えます。ボーナスの多い方の場合、毎月の使える金額が少ないことから10万円以下の家賃帯であることが多く、ボーナスが少なく毎月使える金額の大きい人であれば15万円ぐらいまでの金額の家賃を払う人もいます。

特にこのぐらいの年収帯になってきますと、多くの場合所帯を持っているケースなども多く、家族の人数が多ければ多いほど必然的に広さも必要になります。そうしたことからある程度の家賃を払わなくてはいけないケースも増える年収帯でもあります。年収として見ると多少貰っているように見えても、家族構成などによっては家賃に回せる金額は多くないケースもあり、家賃相場の幅が広い層でもあります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 忍耐力を鍛える7つの方法

    嫌なこと、苦しいこと、辛いことに遭遇したとき、あなたはどうしますか?生活の中では否応もなく精神的に辛…
  2. サボり癖を直す克服方法【仕事や営業でさぼる原因はこれ!】

    仕事のサボり癖が一度付いてしまうと、簡単に改善・克服することは困難です。サボるのを止めて悪い習慣を断…
  3. 部下に差し入れをする効果的なタイミング

    部下に差し入れをする効果的なタイミング

    仕事を頑張っている部下への気遣いとして、差し入れをくれる気が利く上司は、みんなに喜ばれる有難い存在で…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 転職を考える時に気を付けなければならないことは沢山ありますが、そのうちの1つに「ボーナス」があります…
  2. ビジネスメールを送る際に頭を悩ませる、冒頭の挨拶文。どんなことを書けばいいのかメールを送る際に毎回悩…
  3. ニュースや新聞などでもよく聞く言葉「GDP」、GDPとはどんな意味なのか正しく説明することが出来ます…
  4. 会社の形態には様々なものがありますが、その中でも最近では「ホールディングス」と言う言葉を多く聞くよう…
  5. 皆さんは日々「自己啓発」に取り組んでおられるでしょうか。自己啓発を通じて自分の意識や能力が向上すれば…
  6. 例えばある中途採用において20代の応募者が採用され、30代の応募者が不採用だったとしても、人間性や資…
ページ上部へ戻る