社会人の年収別家賃相場

年収と家賃は密接な関係にあると言えます。多く貰っている人ほど家賃の高い家に住み、年収の少ない人は家賃の安いところに住んでいる、そんなイメージがあるかもしれません。ただなんとなくそんなイメージはあるとしても実際にどのくらいの年収でどのくらいの家賃帯が相場なのかなどは分かりにくいところかもしれません。

そこでここでは社会人の年収別家賃相場について見て行きたいと思います。もちろん家族構成や地域によってこうした相場は大きく変わりますので一般的な相場に関しては難しいところもでありますが、1つの判断基準となるような一般的な相場について、それぞれ年収別に見て行きたいと思います。


年収300万前後の家賃相場

年収300万円前後の人の場合、ボーナスなどの関係もあり前後しますが毎月のお給料であれば手取りにして20万円を切るぐらいの金額になることが一般的です。こうした月収の人の家賃相場は、おおよそ5~7万円前後あたりが相場だと言われています。

地域によって家賃相場は大きく変わり、また同じ家賃でも借りることが出来る住宅の広さなども大きな差が出ます。5~7万円前後ですと都心部ではワンルームなどが精一杯の金額になりますが、郊外などであれば2LDKぐらいの住宅を借りることも可能な金額です。家族構成などにもよりますが、このぐらいの年収の場合にはまだまだ若い層であることが多く、社会人となってまだ数年ぐらいの若い人であればワンルームなどのあまり広くない住宅などに住んでいることも多い層だと言えます。


年収400~600万円前後の家賃相場

年収400~600万円の層となれば、ボーナスの関係もあり毎月の手取り額で換算すると人によって大きな差が出る年収帯だとも言えるかもしれません。一般的な相場では大よそ手取りが30万円前後となり、家賃相場などもボーナスの影響によって開きが見えます。ボーナスの多い方の場合、毎月の使える金額が少ないことから10万円以下の家賃帯であることが多く、ボーナスが少なく毎月使える金額の大きい人であれば15万円ぐらいまでの金額の家賃を払う人もいます。

特にこのぐらいの年収帯になってきますと、多くの場合所帯を持っているケースなども多く、家族の人数が多ければ多いほど必然的に広さも必要になります。そうしたことからある程度の家賃を払わなくてはいけないケースも増える年収帯でもあります。年収として見ると多少貰っているように見えても、家族構成などによっては家賃に回せる金額は多くないケースもあり、家賃相場の幅が広い層でもあります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 転職サイトの登録・求人の人気おすすめランキング

    求人情報が豊富・転職先の情報が詳しい・対応が早くて丁寧など、転職サイト利用者の評判がよく、登録が多い…
  2. 世代別の特徴を理解して「ゆとり世代」「さとり世代」と馬鹿にされない対処方法

    「ゆとり世代は本当にダメだな」 「さとり世代の考え方は理解できない」 「ゆとり世代」や「さとり世…
  3. ワンマン社長の特徴と3つの対策

    皆さんがお勤めの会社の社長は「ワンマン社長」と呼ばれるタイプの方でしょうか。「ワンマン社長」はどちら…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 私たちにとって仕事とは、人生の大半の時間を占めるものであるだけに「やりたい仕事がない」「探しても見つ…
  2. 会社は、社員のレベルアップを図るために、様々な教育・研修を行います。しかし、人の話を聞いただけ、ある…
  3. 自分の働き方を考える上で、「会社」だけではなく「職種」の選択がとても重要になってくることは言うまでも…
  4. 「職場での人間関係には自分なりに精一杯気を配り、心も砕いてきたがそれも限界・・・疲れ果ててしまった」…
  5. グループ面接は、個人面接に比べるとハードルが高く苦手意識を持っている就活生が多いです。一般的なグルー…
  6. 「思ったように受注数が伸びない」とお困りの場合、もしかしたらその原因は提案書にあるかもしれません。提…
ページ上部へ戻る