社会人の年収別家賃相場

年収と家賃は密接な関係にあると言えます。多く貰っている人ほど家賃の高い家に住み、年収の少ない人は家賃の安いところに住んでいる、そんなイメージがあるかもしれません。ただなんとなくそんなイメージはあるとしても実際にどのくらいの年収でどのくらいの家賃帯が相場なのかなどは分かりにくいところかもしれません。

そこでここでは社会人の年収別家賃相場について見て行きたいと思います。もちろん家族構成や地域によってこうした相場は大きく変わりますので一般的な相場に関しては難しいところもでありますが、1つの判断基準となるような一般的な相場について、それぞれ年収別に見て行きたいと思います。


年収300万前後の家賃相場

年収300万円前後の人の場合、ボーナスなどの関係もあり前後しますが毎月のお給料であれば手取りにして20万円を切るぐらいの金額になることが一般的です。こうした月収の人の家賃相場は、おおよそ5~7万円前後あたりが相場だと言われています。

地域によって家賃相場は大きく変わり、また同じ家賃でも借りることが出来る住宅の広さなども大きな差が出ます。5~7万円前後ですと都心部ではワンルームなどが精一杯の金額になりますが、郊外などであれば2LDKぐらいの住宅を借りることも可能な金額です。家族構成などにもよりますが、このぐらいの年収の場合にはまだまだ若い層であることが多く、社会人となってまだ数年ぐらいの若い人であればワンルームなどのあまり広くない住宅などに住んでいることも多い層だと言えます。


年収400~600万円前後の家賃相場

年収400~600万円の層となれば、ボーナスの関係もあり毎月の手取り額で換算すると人によって大きな差が出る年収帯だとも言えるかもしれません。一般的な相場では大よそ手取りが30万円前後となり、家賃相場などもボーナスの影響によって開きが見えます。ボーナスの多い方の場合、毎月の使える金額が少ないことから10万円以下の家賃帯であることが多く、ボーナスが少なく毎月使える金額の大きい人であれば15万円ぐらいまでの金額の家賃を払う人もいます。

特にこのぐらいの年収帯になってきますと、多くの場合所帯を持っているケースなども多く、家族の人数が多ければ多いほど必然的に広さも必要になります。そうしたことからある程度の家賃を払わなくてはいけないケースも増える年収帯でもあります。年収として見ると多少貰っているように見えても、家族構成などによっては家賃に回せる金額は多くないケースもあり、家賃相場の幅が広い層でもあります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. アスペルガー症候群の特徴・部下への対処法

    アスペルガー症候群の特徴・部下への対処法

    専門的な業務はすごくできるのに簡単な作業ができない。場の空気を読むことができない。予定を少し変えただ…
  2. G8・G20・G7のそれぞれの参加国と違い

    テレビのニュース番組や新聞記事の見出しにおいて「G8」「G20」「G7」といった言葉をしばしば見かけ…
  3. 部下が報連相(ホウレンソウ)をしない7つの理由

    仕事を円滑に進める上で、社員間の報連相のコミュニケーションは必要不可欠です。大きな問題が起こる前に事…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 部下に仕事を任せられないという上司の多くは、個人プレイヤーとして優秀な人が多いと言います。なぜなら、…
  2. 多くの人やお客様に接する職業では、「自己紹介シート」というものを利用している人がいますが、これはお客…
  3. 営業利益、経常利益、純利益、どれも同じ「利益」と言う言葉が付くことから、似たような意味、同じような意…
  4. 社会人として入籍や結婚の報告を行うにはタイミングとマナーがあり、これを守らないと大変失礼に当たること…
  5. 社員のモチベーションが高く職場の雰囲気が良い状態だと、自然と会社の売上も上がるといわれますが、おおむ…
  6. 職場で人気者になる人の8つの特徴
    あなたの近くにも、いつも周囲が集まる「人気者」の人はいませんか。明るくポジティブで、彼の周りにはいつ…
ページ上部へ戻る