不器用な人の7つの特徴

不器用な人の7つの特徴

不器用な人は、どのような特徴から不器用だと言われるのでしょうか。不器用さにも様々なパターンがあり、仕事の進め方が非効率で不器用な人もいれば、人と距離を置いたり壁を作ってしまったりと、人間関係を築くことが不器用な人もいます。

今回は、何をやるにも不器用な人の特徴についてご紹介しますので、改善に役立てていただければと思います。

1.融通がきかない

融通がきかない不器用な人は、臨機応変に行動することが苦手です。自分の道を貫き通す人には不器用な人が多いと言われていますが、その理由は、周囲の話を聞かず、自分の意見を曲げないことにあります。決断したことに対して安易に行動を変えるのはいけないことだと考えたり、「自分の意見が正しい」と思いこんだりするため、冷静かつ客観的に自身の状況を判断できず、結果、環境の変化についていけなくなってしまうのです。その時の状況に適した行動ができず、周囲に迷惑をかけてしまうこともあります。

2.不器用な人は業務効率が悪い

不器用な人は効率を考えず、目の前の業務から取り組むため、仕事の作業スピードが非常に遅い傾向があります。また、同じミスを何度も繰り返すことから、上司に目をつけられることも。上司から仕事の進め方について言及されると慎重になりすぎてしまい、余計に作業スピード落ちてしまうといった悪循環が発生してしまいます。

不器用な人は、決して不真面目な訳ではありません。むしろ真面目すぎる一面があります。効率的な作業の進め方がわからず、悩み込んで動作が止まっている場合は、声をかけてアドバイスしてあげると良いでしょう。業務を覚えるまでに少し時間がかかりますが、丁寧に指導することにより、仕事に慣れ、少しずつペースが上がってきます。できていることに関してはしっかりと評価してあげれば、周囲と同じように成長する特徴があります。

3.決断スピードが遅い

不器用な人は優柔不断のため、自分で決めるのが苦手。今後の方向性や取り組み方を決定すべき場面では自身の考えがまとまらず、時間がかかってしまいます。その理由は自分に対して自信がないから。「もし、Aのプランを選択した結果、上手く進めることができなかったり、問題やトラブルが発生してしまったらどうしよう」と考えるのです。

物事をネガティブに考える傾向があることから、取りこし苦労をしがちです。また、自身の発言に責任が持てない、無責任な一面もあるため、チームで仕事をするときは意見に振り回されないようご注意を。

4.時間配分の設定ができない

時間配分の設定ができない

例えば、自身で企画プランを考えて作業に取り組む課題があったとします。不器用な人は一向に考えがまとまらず、最良の答えを見つけることに時間を費やそうとしてしまいます。難しく考えるあまり、思考が止まってしまうこともしばしば。その結果、成果物の提出期限を過ぎてしまい、上司から怒られる傾向に。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 仕事のモチベーションを維持する6つの方法

    仕事のモチベーションが下がっていると感じたことはありませんか?やらなくてはいけない仕事なのに、なかな…
  2. 飛び込み営業で訪問するときの挨拶のコツ

    飛び込み営業に苦手意識を持っていたり、不得意に思う人は少なくありません。初めての場所に行き、初対面の…
  3. 営業のやる気・モチベーションを上げる名言集

    営業のやる気・モチベーションを上げる名言集

    営業活動を続けていると、どうもやる気が出なかったり、モチベーションが下がってしまうことがあります。モ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 転職について様々な角度から考え、情報発信している当サイトで今回取り上げるテーマは「今の職場で出世でき…
  2. 現在日本の労働市場は「転職ブーム」と言われるほど転職が活況です。しかし、転職を行う1人1人にとっては…
  3. 証券会社のリテール営業を辞めたいと思うときの6つの理由
    私は大学を卒業後、新卒で証券会社(東証一部上場)に5年間勤務した過去があります。入社当時は、この会社…
  4. 一昔前は、ベンチャー企業への就職・転職は、倒産リスクの高さから敬遠される傾向にありました。しかし近年…
  5. 就活生向けに企業が行っている「会社説明会」に参加することで、その会社はどんな会社なのか、事業は何をや…
  6. 国税庁の調べによりますと、男性サラリーマンの平均年収は平成25年実績で約510万円となっていますので…
ページ上部へ戻る