不器用な人の7つの特徴

不器用な人の7つの特徴

不器用な人は、どのような特徴から不器用だと言われるのでしょうか。不器用さにも様々なパターンがあり、仕事の進め方が非効率で不器用な人もいれば、人と距離を置いたり壁を作ってしまったりと、人間関係を築くことが不器用な人もいます。

今回は、何をやるにも不器用な人の特徴についてご紹介しますので、改善に役立てていただければと思います。

1.融通がきかない

融通がきかない不器用な人は、臨機応変に行動することが苦手です。自分の道を貫き通す人には不器用な人が多いと言われていますが、その理由は、周囲の話を聞かず、自分の意見を曲げないことにあります。決断したことに対して安易に行動を変えるのはいけないことだと考えたり、「自分の意見が正しい」と思いこんだりするため、冷静かつ客観的に自身の状況を判断できず、結果、環境の変化についていけなくなってしまうのです。その時の状況に適した行動ができず、周囲に迷惑をかけてしまうこともあります。

2.不器用な人は業務効率が悪い

不器用な人は効率を考えず、目の前の業務から取り組むため、仕事の作業スピードが非常に遅い傾向があります。また、同じミスを何度も繰り返すことから、上司に目をつけられることも。上司から仕事の進め方について言及されると慎重になりすぎてしまい、余計に作業スピード落ちてしまうといった悪循環が発生してしまいます。

不器用な人は、決して不真面目な訳ではありません。むしろ真面目すぎる一面があります。効率的な作業の進め方がわからず、悩み込んで動作が止まっている場合は、声をかけてアドバイスしてあげると良いでしょう。業務を覚えるまでに少し時間がかかりますが、丁寧に指導することにより、仕事に慣れ、少しずつペースが上がってきます。できていることに関してはしっかりと評価してあげれば、周囲と同じように成長する特徴があります。

3.決断スピードが遅い

不器用な人は優柔不断のため、自分で決めるのが苦手。今後の方向性や取り組み方を決定すべき場面では自身の考えがまとまらず、時間がかかってしまいます。その理由は自分に対して自信がないから。「もし、Aのプランを選択した結果、上手く進めることができなかったり、問題やトラブルが発生してしまったらどうしよう」と考えるのです。

物事をネガティブに考える傾向があることから、取りこし苦労をしがちです。また、自身の発言に責任が持てない、無責任な一面もあるため、チームで仕事をするときは意見に振り回されないようご注意を。

4.時間配分の設定ができない

時間配分の設定ができない

例えば、自身で企画プランを考えて作業に取り組む課題があったとします。不器用な人は一向に考えがまとまらず、最良の答えを見つけることに時間を費やそうとしてしまいます。難しく考えるあまり、思考が止まってしまうこともしばしば。その結果、成果物の提出期限を過ぎてしまい、上司から怒られる傾向に。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 部下に差し入れをする効果的なタイミング

    部下に差し入れをする効果的なタイミング

    仕事を頑張っている部下への気遣いとして、差し入れをくれる気が利く上司は、みんなに喜ばれる有難い存在で…
  2. 【マネジメント層必見!】言うことを聞かない部下を動かす上司の資質

    「自分はリーダーに向いていないのではないか…」 マネージャーなどの部下を管理する立場になってから、…
  3. 上司に依頼・お願いメールの書き方【例文集】

    上司への依頼・お願いメールの書き方【例文集】

    会社で仕事をしていると、上司に頼みごとをお願いしたり、部下に依頼するなど、お互いを助け合うことは日常…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 大手企業に就職した場合とベンチャーに就職した場合では、身につくスキルや知識などが異なってくることは何…
  2. 会話であれ、文章であれ、ビジネスシーンにおいて敬語を間違ったまま使用することは避けたいものですが、中…
  3. 名刺は管理しないまま貯めておくとあっという間に厖大な量となり、いざ「あの人に連絡を取る必要がある」と…
  4. 上司である以上部下から頼られる存在でありたい、これは上司の立場であれば全ての人がこのように考えること…
  5. 年収は、会社から支給される年間の額面給与額のことを指します。実際に給与を受け取ると、額面の金額よりも…
  6. グローバル社会が進むにつれ、従来当たり前だった「年功序列」を見直し、成果主義の人事制度へと舵を切る企…
ページ上部へ戻る