ヘッドハンティングとは

ヘッドハンティングとは何かと問われた場合「大企業の幹部や大変有能な極一部の社員が引き抜かれて他企業へ移る」と回答される方が多いのですが、当サイト読者の皆さんは「ヘッドハンティング」についてどんな印象をお持ちでしょうか。一昔前、確かにヘッドハンティングは限られたエグゼクティブな人材のみが対象でしたが、近年の転職ブームを背景に、転職を考えている方々にとって身近な存在もしくは制度になりつつあります。そこで当サイトでは数回にわたり、変化を遂げつつあるヘッドハンティングをテーマとした記事をシリーズで皆さんへご紹介して参ります。初回である今回は、ヘッドハンティングとは何かを改めて確認した上でヘッドハンディングの現況等を紹介致します。


ヘッドハンティングの元来の意味

ヘッドハンティングの元来の意味ヘッドハンティングは冒頭でもお伝えしたとおり、転職ブームの中でその意味が変化しています。ヘッドハンティングのもともとの意味は「ヘッド」という言葉と「ハンティング」という言葉から何となく想像できるかと思われますが、”ヘッド”即ち「企業幹部やそれに準ずる上級の役職者」を”ハンティング”即ち引き抜くこと、獲得することでした。それだけに、ヘッドハンティングされる対象はかなり限られていた訳ですね。

では、もともとのヘッドハンティングについて基本的な流れを説明しましょう。仮にAという企業で大変高い業績をあげた経営幹部のB氏がいたとします。B氏の実績を知ったC社がB氏にぜひ来て欲しいと考えたとします。B社はヘッドハンティングを専門的に行っている人材紹介会社へ相談し、B氏の獲得を依頼します。ヘッドハンティングを行っている人材紹介会社はヘッドハンターと呼ばれる専門職員にB氏へアプローチさせ、B氏を口説きます。B氏が同意すればヘッドハンティングは成功となり、B氏はA社からC社へ移ることになります。

この流れからわかるとおり、また「ハンティング」という語感からもわかるとおり、本来ヘッドハンティングとは事例のB氏に転職する意志がない場合でも対象になってくること、即ちハンティングしたいと考える企業側の強いニーズが起点となっている人材採用方法だったのです。


現在の労働市場におけるヘッドハンティングの意味合い

では現在における「ヘッドハンティング」はどのような意味へと変わったのでしょうか。ヘッドハンティングされる対象とヘッドハンティングしたい求人企業側、仲介を行う人材紹介会社以上3つの視点からその変化を説明します。


ヘッドハンティングされる対象

現在のヘッドハンティングは企業経営幹部や上級管理職、もしくは飛び抜けた営業成績を収めている営業マン等といった一握りの人材に限られることなく、対象がかなり広くなったと言って良いでしょう。例えば中堅や若手のサラリーマンでも一定の実績を出した、あるいは国家資格を持っている等の理由でヘッドハンティングの対象となる場合も出てきました。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. プレゼンで緊張しない方法まとめ

    プレゼンテーションは、個人差や程度の差はあるものの、多くの方が緊張するものです。大勢の人の視線を集め…
  2. 仕事がつまらない7つの原因とその対処法

    入社当初は、仕事を覚える楽しさや新しいことに挑戦する刺激を感じていたのに、時が経てば仕事に対する情熱…
  3. 【営業職のやりがい・スキル・キャリアプランまとめ】営業の魅力を知ろう!

    【営業職のやりがい・スキル・キャリアプランまとめ】営業の魅力を知ろう!

    これから営業職として働く予定の人、営業という仕事をもっと理解したいと思っている人に向けて、営業職の仕…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 営業マンの給与形態は大きく「フルコミッション」と「固定給」の二つに分けることができます。両者の給与形…
  2. 多くの営業マンの皆さんは大なり小なり「ノルマ」達成というプレッシャーと日々戦いながら、営業活動に勤し…
  3. 今回はビジネスの基本、「拝啓」と「敬具」の意味や使い方について解説していきます。ビジネスマナーについ…
  4. 個人面接は得意だけど、グループ面接は苦手・・・という人が意外に多いものです。その理由は、グループ面接…
  5. 「転勤を命じられたから」という理由で転職を決断した方にとって、転職先でまた転勤を命じられることはでき…
  6. 上司との営業同行で心得ておくべき基本マナー13選
    本来であれば、営業先のクライアントとのやりとりに集中すればいいところを、上司が同行するとなれば、お客…
ページ上部へ戻る