ヘッドハンティングされやすい業界

ヘッドハンティングシリーズの今回は「ヘッドハンティングされやすい業界」についてご紹介することにします。皆さんならヘッドハンティングされやすい業界がどこかと尋ねられた場合、どのような業界をあげるでしょうか。皆さんなりに予想しながら記事をご覧になってください。


①IT業界

IT業界ヘッドハンティングされやすい業界の代表選手と言って良いのが「IT業界」です。ご承知の通りIT分野は日進月歩と言うより分進時歩の勢いで技術革新等が進んでおり、最新の技術に精通したIT技術者やプログラマー、システムエンジニア等はIT業界の企業にとって「常に」と言って良いぐらい欲しい人材です。また、一時よりは鈍化したもののまだまだ業界全体の成長が著しいこともあって人材が慢性的に不足している状況も、ヘッドハンティングが頻繁に行われる要因になっています。


②エンジニアリング業界

エンジニアリング業界プラントエンジニアリング業界もヘッドハンティングが頻繁に行われている業界の一つです。プラント作りは労働集約型事業と言う側面もあり、エンジニアの個人的な経験や技術力、もしくは業務を通じて培った勘やマネジメント力といったものが特に重要になってきます。そのため、優秀な人材を結集させることが良いプラント作りに欠かせません。しかもグローバル競争が激しい業界ですので、海外企業を含めて腕の良い優秀なエンジニアの場合、引き抜き合戦のようになっている状況すらあります。


③金融業業界

金融業業界金融業界もヘッドハンティングが盛んに行われている代表的業界の一つです。例えば欧米では大変優秀な為替ディーラーのヘッドハンティングが行われる場合、億単位の契約金が支払われる場合も決して珍しくありません。しかしヘッドハンティングが盛んということは、それだけ人材の出入りが激しいことの証左でもあります。

日本企業といえどもヘッドハンティング後に十分な実績をあげることができなければ、大幅な年俸ダウンや降格もあり得ます。つまりヘッドハンティング対象者にそれだけ大きな期待と共に高額な報酬が用意される一方で、実績が上げられなかった場合には厳しい処遇が課されるのが、金融業界におけるヘッドハンティング事情と言って良いでしょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 一次面接と二次面接の違い・特徴

    就職試験において行われる面接は皆さんもご存知のとおり、一次面接、二次面接があります。その次は最終面接…
  2. 部下に嫌われる「ダメな上司」の25の特徴【セルフチェック付き】

    上司の皆さん、皆さんは職場の部下や後輩から嫌われてはいないでしょうか。上司として、多少嫌われることを…
  3. 忍耐力を鍛える7つの方法

    嫌なこと、苦しいこと、辛いことに遭遇したとき、あなたはどうしますか?生活の中では否応もなく精神的に辛…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ニュースや新聞などでもよく聞く言葉「GDP」、GDPとはどんな意味なのか正しく説明することが出来ます…
  2. 「ご愁傷様(です)」は、身内等が亡くなった遺族の方に対しお悔やみの気持ちを伝えるというデリケートな場…
  3. 転職を大きく左右する条件の一つと言われているものに「年齢」があげられます。例えば転職は20代や30代…
  4. パワーハラスメントとは、職場において権力のあるものがないものに対して行われる「嫌がらせ・いじめ」のこ…
  5. 上司は時としてその職責を全うするために、多少部下に嫌われることも覚悟して仕事へ取り組まなければならな…
  6. お客様やクライアントとのやり取りにおいて皆さんは「幸甚」という言葉を使用したり、あるいは使用されてい…
ページ上部へ戻る