負けず嫌いな性格の人の7つの特徴

負けず嫌いな性格の人の7つの特徴

あなたの会社に、負けず嫌いな人はいるでしょうか。周囲の人よりも良い成績を出したいという強気でアグレッシブな性格から、諦めることなく突き進むタイプ。何事にも貪欲でエネルギッシュな姿勢は、時に人間関係で問題を起こしてしまうことも。今回は、負けず嫌いな人の性格の特徴について解説していきたいと思います。

向上心が高く、努力を怠らない

向上心が高く、努力を怠らない

負けず嫌いな性格の人は、自ら解決すべき課題を明確に理解しており、高い向上心を保った状態で努力を継続できるという特徴があります。特に、自分に負けることは許されないと考える傾向があるため、困難な状況でもプラス思考で乗り越える努力を行います。メンタル面が強く、能動的に動く姿勢は周囲にポジティブな影響を与えることができます。課題をクリアできた場合は、また新たな課題を自ら設定するため、非常に成長が早いです。

他人の自慢話に競争心が芽生える

日常会話のなかで友人の自慢話を聞くと、負けず嫌いな人は自分の方が優れていることをアピールせずにはいられません。新居を建てた話を聞けば、購入価格や利便性、充実性などを挙げて、自分の家の方が優れていることを説明したり、何か商品を購入した話を聞けば、自分の所有物の方が優れていることを相手が納得するまで説明したりします。このようなタイプの人は、周囲の人から敬遠される傾向がありますので、即改善することが求められます。

アドバイスをすることで、上に立とうとする

負けず嫌いな人は能力や経験値において、周囲の人よりも自分の方が上だと自負しています。そのため目の前に困っている人がいると、積極的にアドバイスを行おうとします。しかし、このアドバイスが上から目線となってしまい、せっかくアドバイスをしているにも関わらず、相手に嫌な思いをさせることも。「自分の意見が、参考になるかどうか分かりませんが…」という謙虚さを持ち、寄り添うように接することが大切でしょう。

闘争心を内面で抱える人もいる

闘争心を内面で抱える人もいる

負けず嫌いという感情を素直に表に出す人もいれば、内面で抱えるだけの人もいます。他人から聞く話に感化されて「自分も負けていられない!」と燃え上がるような熱い感情を抱くのですが、周囲にはそのことが伝わらないよう冷静に行動します。

このようなタイプの人は、地道に努力を積み上げて、高い目標に向かって着実に一歩ずつ歩む特徴があります。このように方向性を見定めて、技術を積み上げられると良いのですが、ビジョンが定まらないと感情を持て余してしまうため、早い段階で努力の方向性を決定しておくと良いでしょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 行動力と実行力の意味・違い

    行動力と実行力の意味・違い

    行動力や実行力は、仕事で活躍するために必要なビジネスマンの能力として頻繁に用いられます。この両者の言…
  2. コンセンサスの意味と正しい使い方【例文付き】

    多様化の時代と言われる中で「コンセンサス」(合意)の意味が変わってきている。過去には共有された単一文…
  3. 年下上司を利用するつきあい方

    年下上司を利用する3つの付き合い方

    会社組織の在り方は変わり、人事評価では年功序列が当たり前だった時代は終わりを告げ、年下でも実力があれ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 営業マンの皆さんの中には、日々作成しなければならない営業日報に「苦痛」を感じている方は多いのではない…
  2. 希望する企業から無事内定を獲得できた場合、入社するまでのしばらくの間、皆さんはどのように過ごしたいと…
  3. 大企業に在籍していながら、「自分の実力で勝負してみたい」といった理由等から敢えてベンチャー企業への転…
  4. ビジネスシーンの中で、「ご尽力」「お力添え」という言葉を使うことがあります。「ご尽力」とは、「目標を…
  5. 会話であれ、文章であれ、ビジネスシーンにおいて敬語を間違ったまま使用することは避けたいものですが、中…
  6. 自分の働き方を考える上で、「会社」だけではなく「職種」の選択がとても重要になってくることは言うまでも…
ページ上部へ戻る