部下との会話で注意するべきパワハラ発言11選

部下との何気ない会話の中で、自分としては全くそうした認識がなかったのに「パワハラ発言」となってしまった・・・。時代の変化にともない、一昔前なら容認されていた発言も現在ではパワハラ発言として問題となるケースが増加しつつあります。そこで今回はそうした事態を避けて頂くために、部下との会話の中で注意すべきパワハラ発言例を集めてみました。上司の皆さんにとって必見の企画ですのでぜひお読みください。

まずはパワハラの定義から確認

具体的なパワハラ発言事例をご紹介するにあたり、パワハラの定義がはっきりしていなければ主観で納得できたり、できなかったりといったことが生じかねませんので、まずはパワハラの定義からご紹介することにします。実はパワハラについて法律上の定義が存在している訳ではありません。そこで東京都産業労働局(『職場のいじめ 発見と予防のために』より)が提示している公的な定義を紹介すると、パワハラとは次のようなことになります。

「職場(職務を遂行する場所全て)において、仕事や人間関係で弱い立場に立たされている成員に対して、精神的又は身体的な苦痛を与えることにより、結果として労働者の働く権利を侵害したり、職場環境を悪化させたりする行為」

この定義を踏まえた場合、「パワハラ発言」とは「部下に対して精神的な苦痛を与える発言」と理解することが適切であると言えます。ではどのような発言例が部下に対して精神的な苦痛を与えることになるか、あるいはそのようにみなされるのか具体例で確認しましょう。

人格を否定するような暴力的な発言

仕事のミスを叱責することが直ちにパワハラ発言となる訳ではありません。しかし、その叱責内容に部下の人格までを誹謗したり、否定したりする発言が含まれてしまうとパワハラ発言となってしまいます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 上司の身内に不幸があったときの弔電・葬儀マナー【お悔やみメール例文】

    上司の身内に不幸があったときの弔電・葬儀マナー【お悔やみメール例文】

    長い会社勤めの中では、上司の身内の方に不幸があり、訃報の連絡を受けることもあるでしょう。上司の身内に…
  2. 体調不良で会社を休む時の電話連絡マナー

    体調不良で会社を休む時の電話連絡マナー

    朝、目が覚めたときに、体がだるいと感じたり、熱があるときは、風邪などの病気の可能性があります。体調不…
  3. 【新入社員必見】使えない部下の7つの特徴

    仕事の年数を重ねたベテラン社員になると、会社の中枢を担う「出世組」といつまで経っても「平社員」の2つ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 組織の中には様々な業務がそれぞれの部署によって行われています。例えば営業部であれば営業活動を行うこと…
  2. 仕事には向き不向きと言ったものがありますので、その職種に不向きな方が仕事を行うことは本人にとっても、…
  3. 営業マンが売上を上げてゆくためには、アポイントや商談件数等ある程度の数を増やす努力が必要ですが、数だ…
  4. 憧れの素敵な上司に共通する8つの特徴
    「部下から尊敬される人になりたい」 「好かれたい」 「カッコいいところを見せたい」 「頼りにさ…
  5. 今回は、トップ営業マンが実践している7つのポイントについてご紹介します。売れる営業マンと売れない営…
  6. どんなに優れたプレゼン資料、或いは提案の中身であったとしても、プレゼンでの話し方や話しぶりが悪ければ…
ページ上部へ戻る