【男性編】新入社員のふさわしい髪型とNGの髪型

無事就活を乗り切り、これから新入社員としての第一歩を踏み出そうとしている皆さんの心境は、これからの会社員生活への期待と不安が入り混じった複雑な気持ちという方が多いのではないでしょうか。不安な気持ちを払拭するのに一番良い方法は、自分の身なりを整えることです。特に顔の印象を左右する髪型は重要です。晴れ晴れしく会社員生活のスタートを切れるようにするためには、新入社員として好感をもってもらえる髪型に整えることから始めましょう。そこで今回は新入社員としてふさわしい髪型とそうでないNGな髪型の両方をご紹介しますので、髪型を整える際の参考にしてください。


短髪が基本。耳が隠れる長さはNG

会社員になった限りは、新入社員であってもその会社の品位が問われる存在となることを忘れてはなりません。清潔感のない、だらしない髪型をしていればそうした髪型をしている皆さんだけではなく、会社そのものもだらしないと外部から評価されてしまいます。つまり「自分はこうしたい」「これが自分の個性だ」といった考えで髪型を決めてはいけないのが会社員であることを前提としてまず理解しておいてください。その前提を踏まえた場合、特に髪型で大切にして欲しいのが「清潔感」です。清潔感を演出するには耳が隠れるような長髪はNGです。耳の隠れない短髪が新入社員としてふさわしい髪型の基本となります。


スポーツ刈りや極端な刈上げは慎重に

短髪が基本だとお伝えしましたが、では短髪とも言える坊主頭やスポーツ刈りはどうかと言えばその場合には慎重な判断が必要です。坊主頭は極端だと言えますし、何か反省しなければならないようなことをしたのかと誤解を招くおそれもありますのでしない方が無難です。

次にスポーツ刈りですがこちらは合う、合わないがあります。例えば人からよく強面だと言われるような人がスポーツ刈りをすれば、他者に対して更に威圧感を与える可能性もありますのでNGな髪型と言えます。また、後頭部や耳周りを極端に刈り上げて頭頂部だけ髪を残すといった髪形も、ファッションとしての良し悪しはともかく会社員としての髪型としては相応しいとは言えませんので、派手な刈上げもNGと考えて行わないようにしましょう。


男性は黒が基本。茶髪や金髪等の髪染めはNG

男性新入社員の髪の色は黒が基本です。学生時代は許されても、会社員となれば茶髪等の染色はNGです。では現在染めてしまっているという皆さんはどうすれば良いかですが、入社式までまだ間があり、髪を切って短くすればほとんどわからなくなるならそのままでも構いません。が、あまり期間がない、もしくは髪を切ってもかなり茶髪部分が残りそうだという方は黒く染め直した方が望ましいと言えます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 喫茶店やカフェで商談・打ち合わせをするときのマナー・注意点

    商談場所や待ち合わせでカフェや喫茶店を利用するときでも、社会人であればマナーに注意しないといけません…
  2. 仕事のやりがいがない人に共通する10の特徴

    仕事に対してやりがいを感じれないという人がいますが、皆さんは如何でしょうか。もし仕事に対してやりがい…
  3. 飛び込み営業が怖いときに勇気を出す5つの方法

    営業職では新人時代に飛び込み営業を経験させる会社が多いです。これは若さというエネルギー溢れる時期に新…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 部下に仕事を任せられないという上司の多くは、個人プレイヤーとして優秀な人が多いと言います。なぜなら、…
  2. 個人事業主にとって、事業を円滑に進めるためには「経費」について理解する必要があります。今回は個人事業…
  3. 転職活動をしていくうちに、少しでも自分を良く見せて転職の可能性を上げようとして、面接官に好印象をもた…
  4. 当記事で好評のヘッドハンティングシリーズ、今回はヘッドハンティングをメールで断る方法についてご紹介す…
  5. 上司は時としてその職責を全うするために、多少部下に嫌われることも覚悟して仕事へ取り組まなければならな…
  6. 「転職先が決まったので、会社をやめたいと思っています。」 部下から突然、このように打ち明け…
ページ上部へ戻る