グループ面接の自己紹介のコツ

他の人の話を聞き、環境に依存されないこと

集団面接で他の人の意見に対して答えを求められることがあります。この時、全く答えられないと人の話を聞いていないと判断されてしまいます。こうしたミスをしない為には、他の就職希望者の話もちゃんと聞き、適度にうなずくようにしましょう。全く違うところを見ていると、気持ちに余裕がないとみられて、どんどん質問されることになるので、注意が必要です。面接官は自分が答える順番ではないときに、人の話も聞けているか、そこもチェックしています。

そして、他の人の意見に惑わされないようにすることも大切です。受け答えを聞いていると、「自分よりまとまっている」「この人の経歴が凄い」などと圧倒されることがあります。こうした時、どうしても気持ち的にひるんでしまい上手に言おうとして逆に緊張してしまいます。

他の人の話はきちんと聞きますが、自分は自分、他の人は他の人と言った気持ちを持つことで、他人の意見に左右されずに面接を終わらせることができます。

特に、志望動機は他の人と被ってしまいがちです。この時「○○さんと同じで」と言った表現をしないようにしましょう。例え、同じ部分があったとしても熱意や最終的な結論というのは異なってきます。自分の考えた志望動機を自信もって話すことが大切です。

ネガティブな気持ちは、集団面接をするにあたりマイナスになります。明るく、常に前向きな気持ちで挑むことによって、面接官に与える印象が全く違ってくるので、ネガティブにならずポジティブな気持ちで面接を迎えると、採用への道を切り開くことができます。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 部下に差し入れをする効果的なタイミング

    部下に差し入れをする効果的なタイミング

    仕事を頑張っている部下への気遣いとして、差し入れをくれる気が利く上司は、みんなに喜ばれる有難い存在で…
  2. 説得力のある話し方を身につける10の方法

    説得力のある話し方を身につけることは、ビジネスマンにとって優先度の高いテーマと言って良いでしょう。皆…
  3. プレゼン資料の作り方の構成・コツ【パワーポイント初心者必見】

    見やすいプレゼン資料を作ることによって、営業の成果も上がるといわれていますが、皆さんはどのようなこと…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 会社の部下や新入社員が退職を切り出してきた時、上司としてどう引き止めるかは難しい問題です。特に優秀な…
  2. 転職活動は人それぞれの事情や理由などが異なりますので、一概にこうすることが正しいといえる事ばかりでは…
  3. 接待を受けた場合、社会人のマナーとしてお礼の言葉を伝える必要がありますがメールで行う場合にはどのよう…
  4. ビジネスマンが会社を退職した場合には、会社での手続きだけでなく出来るだけ早めに自分で役所へ向かい、行…
  5. 一時期「学歴社会は崩壊した」といった指摘がなされていた時期がありましたが、一昔前ほどではないものの、…
  6. 「100年後も生き残る日本企業はどこか」と問われたら、皆さんはどの日本企業を選ぶでしょうか。一般的に…
ページ上部へ戻る