グループ面接の自己紹介のコツ

個人面接は得意だけど、グループ面接は苦手・・・という人が意外に多いものです。その理由は、グループ面接では自己アピールできる時間が個人面接と比べて極端に短くなっているので、なかなか全てをまとめて話せないことが多いというもの。

そのためグループ面接では、いかに短い時間で面接官への印象を高めることができるかが採用のポイントになります。今回はグループ面接で最も重要と言われている自己紹介でのコツを紹介します。

自己紹介は必ず聞かれる

集団面接では、まずは自己紹介を聞かれることが多いです。この質問というのは、面接官への第一印象を決める重要な質問になりますので、事前に決めておく必要があります。そして、時間が1分程度となっていますので、いかに短い時間で自分を伝えることができるか、これがポイントになります。

自己紹介する上で押さえなければいけないポイントは、①元気よく学校名を紹介し、②自分の性格を簡潔に伝え、③会社の魅力を述べること。この順番でまとめれば、1分以内に抑えることができます。

ここで、注意しなければいけないことはどの工程も「元気よく受け答えする」ということが大切になります。元気がないと印象に残らないですし、面接官に聞き流されてしまうことがあります。せっかく与えられたチャンスを無駄にしてしまうことになるので、受け答えははっきり元気に行いましょう。

長くて90秒以内に話をまとめることがポイント

集団面接は、決められた時間の中でアピールする必要があります。そこで、自分だけ長々と話しをしてしまうと周りの人に迷惑をかけることになります。こうした協調性のなさは、評価下げることになりますので、簡潔に収めるようにしましょう。簡潔にすると、薄っぺらい内容になってくるので印象付けることが難しくなります。

そこで、おすすめしたいのが「引き付ける言葉を使う」ことです。例えば、アルバイトでクレーム処理をしていた話をしようとすると、かなり時間がかかり、またよく聞く話のため面接官も「またか」という印象になってしまいます。

そこで、「クレーム=叱られる」ということをつなげ、「学生の時アルバイトで50人の人に叱られました」という風に表現をすると、面接官はそのあとの経験を聞きたくなるはずです。こうした、相手が興味を持つような言葉でアピールをすることで、面接官へ印象強く残すことができます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業を辞めたい7つの理由

    営業職はどの会社でも必要とされるものでありながら、人間関係やノルマ、勤務時間などでストレスが高い職種…
  2. 営業マンあるある・職業病まとめ

    営業マンの「あるあるネタ」「職業病」まとめ

    お客様に自社商品を購入してもらうために、あちこちを駆け回る営業職。営業はとても大変な仕事ですが、今回…
  3. 【転職回数が多い人必見】面接の質問で押さえておくべき5つのポイント

    転職希望先との面接では、面接官から必ず質問される基本項目があります。例えば「転職理由」や「志望動機」…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 学生から新社会人になるにあたって、様々なものが必要となります。初めて会社勤めをすることになるわけです…
  2. 営業マンや営業経験者を中心に「ノルマが厳しいから転職することを決断した」という方は、決して少なくあり…
  3. 現在転職はブームとも言われており、それほど深刻に悩まずに転職を決断される方も珍しくはなくなってきまし…
  4. 営業マンが売上を上げてゆくためには、アポイントや商談件数等ある程度の数を増やす努力が必要ですが、数だ…
  5. 個人事業主にとって、事業を円滑に進めるためには「経費」について理解する必要があります。今回は個人事業…
  6. 日本語が難しく感じられる理由の一つに「同音異義語」があります。例えば「しこう」と言われただけでは「思…
ページ上部へ戻る