グループディスカッションで評価される3つのコツ

採用選考で行われているグループディスカッションで、高い評価を受ける為にはどういった点に注意すればいいのでしょうか。これを知る為には、企業がなぜグループディスカッションを取り入れているのかをしっかり理解する必要があります。対策をする上でも、グループディスカッションの必要性を知っているのと知らないのでは、選考を突破できるか否かの結果も大きく変わってきます。下記で、グループディスカッションで高い評価を受ける為のコツを紹介します。

グループディスカッションの必要性

なぜ、企業が採用選考でグループディスカッションを取り入れているのか。それは、コミュニケーション能力を知る為です。社会人として、コミュニケーション能力というのは重要で、もし入社した場合取引先との関係はもちろんのこと、社内でのコミュニケーションを上手に図る必要があります。

グループディスカッションでは、ある1つのテーマに対して議論をし、結論へと導いていくと言ったことが行われます。このコミュニケーション能力は、面接では見ることができない部分とされています。

協調性、リーダー性、他の人の話に耳を傾けることができるかなどを見られます。こうしたポイントというのは、一緒に働く上で重要となりますので、企業としてグループディスカッションを取り入れた選考を行っているのです。

グループディスカッションはチームワークが大切

グループディスカッションは、他の大学の人との会話、協力性が重要になります。役割も決められているので、自分がどのような役割が得意なのかを事前に把握しておく必要があります。司会、タイムキーパー、書記など結論を出す為にはそれぞれ重要な役割となっています。

「この役割が簡単そう」「目立たなくていい」などと言った理由で決めるのではなく、得意な分野を決め面接官にアピールできるような役割を選択しましょう。

存在感が薄くなってしまうと、アピールすることができずにチーム全体がマイナス評価になってしまったり、不得意な役割になり、ミスをしてしまうと不採用という結果になることもあります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【会社の知名度を高める】社長インタビューサイト11選

    取引先企業の認知度の高さを、商品購入の判断基準の一つにしている企業や消費者は少なくありません。プロモ…
  2. 営業を辞めたい7つの理由

    営業職はどの会社でも必要とされるものでありながら、人間関係やノルマ、勤務時間などでストレスが高い職種…
  3. 上司が怖い原因と3つの対策

    上司が怖い原因と4つの対策

    職場の人間関係に慣れないうちは、相手の性格もわからないため、特に直属の上司が怖いと感じる人も少なくあ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 部活動でキャプテンや主将を務めたという人は、決して星の数ほどいるとは言えませんし、部という一つの組織…
  2. 皆さんは同僚や上司への連絡メール等の中で、「取り急ぎ」と言う言葉を使用する場合があると思いますが、「…
  3. 「思ったように受注数が伸びない」とお困りの場合、もしかしたらその原因は提案書にあるかもしれません。提…
  4. 就活において役立つ資格とはいえば、残念ながらその多くが高難度の資格ばかりです。高難度とは受験者に対す…
  5. 販売やサービス契約など、営業という職は聞きなれた職ですが、その裏側にはマーケティングを行う職も存在し…
  6. 体調不良や身内の不幸など仕方ない理由であったとしても、予約していた会社説明会をドタキャンしてしまった…
ページ上部へ戻る