グループディスカッションで押さえておくべき流れ・コツ

最近では、グループディスカッションを取り入れた選考をしている企業が多くなってきました。グループディスカッションで見ている点は、他の人とどのように接しているかを見る為です。これは、面接や筆記試験では知ることのできない情報となり、選考をするにあたり重要なポイントにもなってきます。ですので、グループディスカッションでは協調性やリーダー性、他の人の話を聞くと言った点に注意する必要があります。

グループディスカッションに掟がある?!

グループディスカッションを進行するにあたり、守らなければいけないルールがあります。それは、下記の5点です。

グループディスカッションで押さえておくべき5つのルール

・周りの人の意見を否定しないこと
・意見をきちんと聞くこと
・自分だけ話をするのではなく、他の人にも機会を与える
・言葉遣いを正しく使う
・話をする時は簡潔に、ダラダラと話しをしない

上記の5点はグループディスカッションのときには意識して注意しましょう。またグループディスカッションを盛り上げることができれば、全身が合格になります。

しかし、逆に言葉遣いが悪い、意見を聞かない・・・など自分勝手な行動をする人がたくさんいるグループは全員落ちてしまう可能性があります。グループディスカッションは個人の協調性をみていますので、全体の雰囲気を壊すような態度や言葉遣いはしないように心がけましょう。

グループディスカッションには重要な役割がある

グループディスカッションを進めるにあたり、様々な役割があります。司会、タイムキーパー、書記、発表などグループディスカッションによってこれらの役割は異なってきますので、どんな役割になっても最後までやり遂げることができるようにしておきましょう。それでは、それぞれの役割について説明をしていきます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 上司や顧客とエレベーターやタクシーに乗るときのマナー

    今回は顧客や上司と乗り物に乗って移動するときのマナーを解説していきます。仕事ではさまざまなシーンに応…
  2. 遅刻癖のある人の7つの特徴

    「集合時間をとっくに過ぎているのに、到着していない人がいる」「出発時刻なのに一人だけまだ来ていない」…
  3. 理想の上司になるための10の条件

    上司の皆さん,皆さんは部下から「理想の上司」として評価されている自信はありますか。部下から理想の上司…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ビジネス上のアポイントで日程調整を行わなければならない場面は、しばしば生じますよね。中でも日程が決ま…
  2. 会社説明会に参加する場合、意外と悩ましい問題となるのが「説明会会場への到着時間」です。遅刻はナンセン…
  3. 会社説明会に参加する場合の服装はリクルートスーツで臨むことが基本であり、マナーと言えます。しかしなが…
  4. 企業経営の環境がグローバル化するにつれ、日本の伝統的雇用形態だった終身雇用制はだんだんと現象の一途を…
  5. 皆さんはパーソナルブランディングと言う用語をご存知でしょうか。パーソナルブランディングはこれからの社…
  6. 昨今転職は「ブーム」と呼ばれ、誰もが従前より気軽に転職を考えるようになってきましたが、転職は自分の収…
ページ上部へ戻る