「お世話になっております」の意味・シーンに応じた使い方まとめ

ビジネスシーンにおいて、例えば取引先へ電話連絡する場合やメールで連絡するときの挨拶の慣用句と言えば「お世話になっております」ですよね。「お世話になっております」はビジネスマナー上、必須の言葉として新人研修時に真っ先に覚えさせられたという社会人の方も多いと思われますが、「お世話になっております」を使っている内に、場面によっては本当にマナーとして適切な表現なのか疑問を感じるシーンも生じてはいなかったでしょうか。

「お世話になっております」は便利な言葉ですが、ビジネスシーンによっては100%正解だとは言えない状況も実際にあります。そこで今回は「お世話になっております」シーンに応じた正しい使い方などをお伝えすることに致します。

「お世話になっております」の意味

「お世話になっております」の意味

皆さんは「お世話になっております」の意味について正しく理解している自信はありますか。「お世話になっております」の「お世話」には、「面倒をみる」「尽力する」「力を注ぐ」といった意味の他、「関係を取り持つ」といった意味があります。また「お世話になっております」という言葉には、お世話をして頂いていることを感謝する意味が含まれています。そのため、ビジネスシーンにおける挨拶として、相手への感謝の言葉を真っ先に伝えることができる言葉として重宝されてきたのです。

「お世話」の意味をその部分を入れ換え、感謝の意を込めた表現に変えれば、より理解を深めることができるようになります。では入れ換えてみましょう。

お世話の意味

  • 面倒を見る、尽力する、力を注ぐ

感謝の意を込めて言い換えると

  • 面倒をみて頂き、感謝致します
  • 力を注いで頂き、感謝しております
  • 関係を取り持って頂き、感謝致します

「お世話になっております」の意味を理解できましたか?社会人としても、ビジネスマナーとしても正確な意味を知り、適切に用いることが大切です。

ビジネスシーンに応じた「お世話になっております」の使い方

ビジネスシーンに応じた「お世話になっております」の使い方

「お世話になっております」がNGな相手とは

「お世話になっております」は言外に「お世話して頂いている」ことに対する感謝の意味が含まれているため、相手とのお付き合いがない状態で「お世話になっております」と言うのは適切とは言えません。

そのため、初めて連絡する相手やこれから取引を開始する相手には「はじめまして」といった常套句の他、「お初に存じます」「突然のメールにて失礼申し上げます」などのフレーズで挨拶を行うことが望ましいと言えます。また、これから取引が開始することが確定している相手に連絡をする場合は「はじめまして」はよそよそしい印象となるため、「お世話になります」の表現が適切と言えます。

会社間での取引が既にあるならOK

相手とのやり取りが仮に初めてであったとしても、「お世話になっております」を使用しなければならない場合があります。それは既に会社間で取引きが行われている場合です。

「(会社が)お世話になっている」という意味を込めて、仮に自分がその会社の担当者と初めてコミュニケーションの機会を持つことになっても「お世話になっております」と使用することが適切ですので注意しましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 人間関係を断捨離する方法・メリットまとめ

    人間関係を断捨離する方法・メリットまとめ

    会社を辞める「本音の」理由として、常に上位にランクインするのが人間関係の問題です。これまでは人間関係…
  2. 仕事辞めたい人の本音の転職理由と後悔しない6つの転職方法

    仕事を辞めたいと思ったことはありませんか?そんなことを言うと「甘え」や「逃げ」であると説教をされたこ…
  3. G8・G20・G7のそれぞれの参加国と違い

    テレビのニュース番組や新聞記事の見出しにおいて「G8」「G20」「G7」といった言葉をしばしば見かけ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 面接の場面で、採用担当者からの質問に対して「何を話すか」を事前に考えておくことはとても大事です。しか…
  2. 近年よく聞かれるようになった「ワーク・ライフ・バランス」と言う言葉をご存知でしょうか?ワーク・ライフ…
  3. 現在転職はブームとも言われており、それほど深刻に悩まずに転職を決断される方も珍しくはなくなってきまし…
  4. 法人営業のプロセスにおいて「テレアポが苦手…」と悩む営業マンは少なくないと思います。営業の入り口とな…
  5. 就職活動を行う上で一番重要な面接は、自分をアピールすることができる場です。個人面接のみであれば、思う…
  6. 「ご愁傷様(です)」は、身内等が亡くなった遺族の方に対しお悔やみの気持ちを伝えるというデリケートな場…
ページ上部へ戻る