配属先で新入社員が挨拶するときのコツと例文集

配属先が変わった時、新入社員として新しく配属される、そんな時には配属先での「挨拶」が必要になります。しかし多くの人がこのような挨拶は苦手と感じているはずで、どんな挨拶をすればいいのか分からないと頭を悩ませることになるはずです。そこでここでは配属先で新入社員が挨拶するとのコツと、実際にどのような挨拶をすればいいのか、例文集なども合わせてご紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみて下さい。

配属先での挨拶のコツ

大切なのは、ポイントを押さえた挨拶をすることです。配属先の先輩方へ、自分がどんな人間であるのかを端的に伝え、新入社員としての抱負なども交えた挨拶を行うことが一般的です。もちろんその場で考えながら話すようでは上手くいかないはずなので、事前にどのようなことを話すのかを決めておくようにしましょう。

例えば最低限盛り込みたい定番のトピックには、名前、配属先、出身地、出身大学と選考、趣味や特技、抱負、などがあります。こうしたトピックを盛り込みながら、新入社員としての抱負や、やる気なども上手く伝わるように内容を考えるようにすれば間違いありません。

短くまとめながらも印象に残るように

挨拶で大切なのは、短く簡潔にまとめることです。多くを伝えようと長く話してしまう人もいますが、やはり長い話は聞く側に退屈な印象を与えがちです。また新入社員の挨拶ともなるとほとんどの人は緊張しているはずで長い話になればなるほど上手くまとめることが出来なくもなります。短く簡潔に伝えることをまずは意識するようにしましょう。

さらにその上でもう1つ意識しておきたいのは、印象に残るような挨拶を目指すことです。新入社員による配属先の挨拶は、上司や先輩へのアピールの場でもあります。さらにそこは同期との競争の場でもあります。短く簡潔にまとめることを意識するあまり、記憶に残らない単調な挨拶になってしまうよりも、短くても何かエピソードなどを交えて印象的な挨拶を目指しましょう。自分の好きな趣味や特技などで失敗したこと、成功したことなど、ユニークなエピソードなどがあればそうしたことを盛り込んでみると印象に残る話となりやすいかもしれません。

挨拶の例文集

それではここで挨拶の例文集をいくつかご紹介しておきます。もちろんこれらはあくまでも一般的な例であり、そのまま真似しても印象に残るような挨拶にはなりません。自分ならではエピソードなどを追加して、印象的な挨拶を目指しましょう。

例文(1)

○○部に配属になりました、○○と申します。

今日は初日ということで朝から緊張をしていますが、
皆さんに温かく迎えて頂き少しホッとしています。

出身は○○で、学生時代は○○に打ち込んでいました。
県大会でベスト4に残ったことは良い経験ととなり、
今でも体を動かすことは大好きです。体力には自信がありますので、
先輩方にみっちり鍛えて頂きたいと考えております。

仕事に関しては右も左も分からず教えて頂くことばかりになりますが、
一日でも早く戦力となれるよう頑張りますので ご指導のほどよろしくお願いいたします。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 肩こりの原因とデスクワークでの正しい姿勢・椅子の座り方

    「最近、腰痛や肩こりに悩まされていて・・・」 今や腰痛や肩こりは老若男女問わず数多くの人が…
  2. 飲み会で上司におごってもらったときのお礼メールの書き方【例文付き】

    飲み会で上司におごってもらったときのお礼メールの書き方【例文付き】

    上司と飲みに行ったり、会社の飲み会に参加すると、新人や若手社員の場合はおごってもらう機会も多いのでは…
  3. デキる部下の、仕事をしない上司を動かす「ボスマネジメント」とは

    職場でのストレスを感じる原因に「上司・先輩との人間関係」を挙げる人は非常に多いです。皆さんは「ボスマ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ピアスをつける、つけないというのは個人の自由です。しかし、企業面接時にピアスをつけていくというのはや…
  2. 転職活動は人それぞれの事情や理由などが異なりますので、一概にこうすることが正しいといえる事ばかりでは…
  3. 新しい職場は誰しも緊張するもの、慣れるまでにはある程度の時間が必要になるかもしれません。新しい職場に…
  4. 企業経営の環境がグローバル化するにつれ、日本の伝統的雇用形態だった終身雇用制はだんだんと現象の一途を…
  5. 従業員から「働きやすい会社」と評価されている会社は、従業員が活き活きとしており組織全体が活気に満ちて…
  6. どのような会社に勤めていても「お客様への接し方」は、最も重要視されるとても大切なテーマです。その理由…
ページ上部へ戻る