「ご足労をおかけします」の意味と正しい使い方【メール例文つき】

「ご足労をおかけします」の意味と正しい使い方【メール例文つき】

ビジネスシーンでは、取引先やお客様に対して「ご足労をおかけしますが」という言葉を用いて相手を気遣う場面があります。日常生活のなかではあまり聞き慣れない言葉のため、どのようなタイミングで使用すべきなのか、今一ピンとこない人も多いのではないでしょうか。

ここでは「ご足労」の意味はもちろん、正しい使い方や注意点についてお伝えします。ビジネスメールを送るときの例文もご紹介するので参考にしてくださいね。

「ご足労」の意味

まずはご足労の意味からご説明します。ご足労とは「わざわざお越しいただいて」「足を運んでもらって」という意味です。

「ご足労」は「足を労う(ねぎらう)」「足を苦労させた」という意味の「足労」に、丁寧語の「御」をつけた言葉。立場上、本来は自分が訪問すべきなのに、相手がわざわざ出向いてくれることになったとき、感謝の気持ちを伝えるフレーズとして用いることが一般的です。

「ご足労」を使うタイミングと正しい使い方

取引先との関係上、自社がお金をいただく側の立場であったり、相手が目上の人の場合、基本的には自分が先方の指定する時間・場所に伺うのが一般的。にもかかわらず、先方が来社してくれることになったときに「ご足労をおかけしますが」を使用します。

「ご足労」を使うタイミングは3回ある

取引先の担当者が打ち合わせのために来社してくれることになったら、「ご足労」は以下の3つのタイミングで伝えます。

  • 来社いただくことが決まったとき
  • 来社いただいたとき
  • 打ち合わせの後日、メールを送るとき

それぞれの場面での使い方・言い回しの例文は以下を参考にしてくださいね。

(1)来社いただくことが決まったとき

  • ご足労をおかけいたします。
  • ご足労をおかけいたしますが、宜しくお願いします。
  • ご足労をおかけして恐縮ですが、何卒宜しくお願い申し上げます。

相手から来社する旨を聞いたタイミングで間を置かずに伝えましょう。

(2)来社いただいたとき

  • 本日はお足元の悪い中、弊社までご足労いただき誠にありがとうございます。
  • 遠いところご足労をおかけして申し訳ございません。
  • この度はご足労くださいましてありがとうございます。

打ち合わせの場で相手と顔を合わせたタイミングで、深々と一礼をして丁寧に伝えるのがポイントです。

(3)打ち合わせの後日、メールを送るとき

  • 先日は遠方よりご足労いただきまして、誠にありがとうございました。
  • 先日は弊社までご足労いただき、ありがとうございました。

ビジネスメールの本文では冒頭の「お世話になっております」などの書き出しのあと、上記のフレーズを用いて相手の厚意に対する感謝の気持ちを述べましょう。

「ご足労」に関するよくある4つの質問

1.社内の上司に対して使うのはちょっと不自然?

「ご足労」は目上の人に対して使う丁寧語のため、同じ会社の上司や先輩へはあまり使いません。間違いではないのですが、別の表現を用いるのが一般的です。

上司に営業先への同行を依頼したときや、待ち合わせ場所に足を運んでもらったときは「お手数をおかけしますが」「ご面倒をおかけしますが」「お時間をいただき恐縮ですが」などと伝えることが多いでしょう。

2.来社を断るときは「ご足労には及びません」

目上の人の訪問への配慮をしたいとき、咄嗟に「ご足労いただくのは結構です」「(お越しいただくのは)大丈夫です」と言ってしまいそうですが、上から目線の表現に聞こえるため気をつけましょう。正しくは「ご足労には及びません」です。

3.来社を促すときは「ご足労願えますでしょうか」

上記質問の「2」とは反対に、諸事情により目上の人に来社を要望したいときは「ご足労願えますでしょうか」を使います。より丁寧な言い回しにしたいときは「大変恐縮ですが」と前置きを入れた上で「ご足労願えますでしょうか」と伝えましょう。もちろん、先方も納得できる、足を運んでもらいたい理由もセットで伝えるのがマナーです。

4.「ご足労様です」はふさわしくない表現

「ご足労様です」は目上の人には失礼になりかねない表現です。感謝の意を表す言葉ではありますが敬意は軽いため正しく使用することをオススメします。

ご足労いただいた感謝を伝えるビジネスメールの例文

つづいては、来社後に送るお礼メールの例文をご紹介します。

件名:ご来社頂いたお礼

株式会社〇〇〇〇
総務部 〇〇 〇〇 様

平素より大変お世話になっております。

先日は遠方よりご足労いただきまして、
心から感謝申し上げます。

また、お打ち合わせのなかで〇〇様の率直なご意見を
お聞きすることができ、誠にありがたく存じます。

お打ち合わせの内容を取りまとめ、
後日メールでお送りさせていただきます。

引き続き、何卒宜しくお願い申し上げます。

====================
署名
====================

「ご足労をおかけしますが」はクッション言葉として使うと先方への気遣いが伝わる

仕事では、目上の人に対して「お願い」や「お断り」をせざるを得ないシーンが多々あります。慎重に言葉を選ばないと、交渉が決裂して相手との関係性がそこで終わってしまう可能性もあるのですが、そこで「大変恐縮ですが」と前置きを入れてから「宜しくお願い致します」と伝えることにより、相手にお詫びの気持ちが伝わり、受け入れてもらいやすくなる手法です。

前置き文がクッションの役割を担うことから、仕事を円滑に進めるには有効な手段として用いられています。

取引先の担当者から来社する旨の話をもらった時、「ありがとうございます」と伝えるだけだと先方への配慮が足りません。担当者もきっとムッとするでしょう。前置きに「ご足労をおかけしますが」と気遣いある一言を添えることにより、相手との信頼関係も更に強固なものになるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. ソリューション営業を実践するための5つのプロセス

    ソリューション営業を実践するための5つのプロセス

    営業の本質的な役割は、顧客が抱える悩みを解決すること。 今では常識的なこの考えも、これまでの営業の…
  2. 外回り営業マンのサボり方

    外回りの営業といえば、時間の使い方を自分で設計する仕事ともいえるのではないでしょうか。営業をしっかり…
  3. 喫茶店やカフェで商談・打ち合わせをするときのマナー・注意点

    商談場所や待ち合わせでカフェや喫茶店を利用するときでも、社会人であればマナーに注意しないといけません…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ビジネスメールを送る際に頭を悩ませる、冒頭の挨拶文。どんなことを書けばいいのかメールを送る際に毎回悩…
  2. 電話で相手の声が聞き取りづらい時、皆さんはどのように対処されていますか。同僚や友人の場合はともかく、…
  3. ビジネス上のアポイントで日程調整を行わなければならない場面は、しばしば生じますよね。中でも日程が決ま…
  4. 本来組織とは同じ目標に向かって共に手を携え、友愛や協調精神の元に協力し合いながら一丸となるべきものだ…
  5. 商談場所や待ち合わせでカフェや喫茶店を利用するときでも、社会人であればマナーに注意しないといけません…
  6. 面接時に必ず聞かれる質問に、退職理由があります。ここでどのように答えるのが正解なのかについて悩む人は…
ページ上部へ戻る