肩こりの原因とデスクワークでの正しい姿勢・椅子の座り方

「最近、腰痛や肩こりに悩まされていて・・・」

今や腰痛や肩こりは老若男女問わず数多くの人が悩まされる、世代を超えた一種の国民病のような存在になってきました。その原因は、デスクワークを行っているサラリーマンの悪い姿勢や座り方と言われています。では腰痛や肩こりにならない正しい姿勢や座り方になるには、具体的にどのような点に注意すべきなのか、ポイントをご紹介致します。


まずは肩こり・腰痛の原因を知る

長時間のデスクワークによって同じ姿勢を続けると、体内の血のめぐりが悪くなり、血行不良になってしまいます。血行が悪くなると筋肉中の酸素が不足し、乳酸等の疲労物質が流れていかず、筋肉が硬くなってしまうのですが、これが肩こりや腰痛の原因となってしまいます。

肩こりになる箇所は人によってさまざまですが、これは日常生活での歩く姿勢や座り方の癖によって影響されているのですが、その中でも肩こりの人の多くに共通するのが、あごを突き出し、背中を丸めた姿勢の「ねこ背」が肩こりを招く大きな原因とされています。

人間の頭部の重さは、体重比で約10%を占めており、体重が60kgある人の場合だと、頭部の重さは約6kgにもなります。この頭部を支えているのが首の頸椎(けいつい)なのですが、そもそも頭の重心は頸椎よりも前方にあるため、何もしなければ頭は前方に傾いてしまいます。

首や背中の筋肉は、頭部が前方に傾くのを防ぐために負荷がかかっているのですが、ねこ背になり重心がさらに前方にいくと、さらに大きな負荷がかかってしまいます。そのため、首や背中は筋肉の負担が大きくなり、乳酸などがたまり、肩こりが起こりやすい箇所になってしまうのです。


「肩こり・腰痛」を防ぐ姿勢・座り方で気をつけるべきポイント

続いては、肩こりや腰痛を防ぐために、意識しなければならない姿勢・座り方について7つのポイントをご紹介していきます。思い当たる項目があればぜひ意識して直してくださいね。

1.お尻は背もたれにピッタリつける

お尻は背もたれにピッタリつける
肩こりや腰痛にならない方法として、椅子の背もたれに「背中を密着させる」ことが解消方法になるという間違いを行っている方がいますが、背中だけでなく「お尻」も背もたれ部分と密着することを意識して座りましょう。背中だけが接していても、お尻部分と背もたれに距離があれば、体が斜めになったり、丸まってしまうため、正しい姿勢にはなりません。背もたれとお尻がつくように座れば腰が立ち、足と上体が直角の正しい姿勢となります。

ポイント:お尻をグイッと上げて背もたれに密着する

2.顔の位置はパソコン画面の正面に

顔の位置はパソコン画面の正面に
近年のデスクワークは、パソコン画面と睨めっこという状況が仕事の長時間を占めるようになってきました。そのため、パソコン画面を見る位置や姿勢にも十分留意しなければならない点があります。パソコン画面をもし斜めに見たり、見上げたりするような状況でデスクワークをしているなら腰痛や肩こりの原因となるので好ましい状況とは言えません。パソコン画面は正面で見るようにし、できるだけあごを引いた状況で画面を見ることができるよう、画面の位置や椅子の高さを調整するようにしましょう。

また肩こりの原因でもご説明した通り、頭の重心が前方に倒れないように、あごは引いておきましょう。それを意識するだけで姿勢がよくなり、疲れも変わってきます。

ポイント:パソコン画面の正面に顔の位置を持ってくる

3.足を組んだり、かかとを浮かせたりしない

足を組んだり、かかとを浮かせたりしない
デスクワーク中、ついつい足を組んでしまってはいませんか。足を組むと、体の軸が傾いてしまうためバランスが悪くなり、それが腰痛や肩こりを引き起こす原因になってしまいます。もし足を組むのがクセになっているという人は、意識して足を組まないように心掛けることから始めましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. マネジャー必見!仕事ができない部下を育成するたった一つのポイント

    「さっきも注意したのに、何度言ってもやっぱりできない」 「なぜこれが大事だと理解してくれないんだろう…
  2. 就活で名刺を作るメリット・デメリット・注意点まとめ

    大学生協などで手軽に名刺が作れ、それを就活で利用する学生が増えています。採用担当と直接やり取りができ…
  3. 圧迫面接の意図と3つの対処法【質問例つき】

    就活や転職では避けて通れない個人面接。そのなかでも、就職希望者の皆さんが最も恐れる、もしくは苦手意識…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 営業マンの皆さんの中には、日々作成しなければならない営業日報に「苦痛」を感じている方は多いのではない…
  2. ニュースや新聞などでもよく聞く言葉「GDP」、GDPとはどんな意味なのか正しく説明することが出来ます…
  3. お見舞いメールを送る機会はそれほど頻繁にあるものではないため、いざお見舞いメールを作成する必要性が生…
  4. サラリーマンの皆さんにとって、人様の懐事情とは言え同じサラリーマンがだいたいどのくらいのお小遣いをも…
  5. 履歴書を書く時は様々なことに細心の注意を払わなくてはいけないのですが、その際に年齢に注目してみましょ…
  6. 飛び込み営業で再訪問のアポイントを取得する方法
    飛び込み営業は、初訪時(新規のお客様と初めて会うとき)に多くの場合、「うちでは要らない」「必要ない」…
ページ上部へ戻る