「ご確認ください」の正しい敬語の使い方・言い換え・言い回し

「ご確認ください」の正しい敬語の使い方・言い換え・言い回し

ビジネスにおいて「確認」は最も頻繁に行われる行為と言っても過言ではありません。「確認」がないと何事も決まらず、前に進んでいけませんよね。

会話・電話・メールのどれをとっても「確認」という言葉が飛び交っています。そこで今回はビジネスシーンにおける「確認」の敬語表現について、まとめてみました。

覚えておくべき「ご確認」の2つの基本知識

・「確認」の敬語表現は「ご確認」

「ご確認ください」を分けると「御(ご)+確認+下さい(ください)」です。このうち「御(ご)」と、「下さい(ください)」が敬語表現です。「御(ご)」は、相手の動作の前につけて敬意を表します。そのため核となる「確認」を高めています。

「ください」に関しては諸説ありますが、「下さい」と漢字で書くように、動作する人(この場合は確認する人)の動作を下の者に及ぼしてくださいという意味を持ち、敬語表現となります。つまり「ご確認ください」は、目上の人に確認を求める、最もシンプルな敬語表現となります。

・「ご確認してください」は、NG敬語

「ご確認ください」の間違い表現のひとつに「ご確認してください」があります。この表現の誤用ポイントは「して」です。「して」が敬語になっていません。「して」は、「する」の連用形(動詞、形容詞などの用言に連なる形)と接続助詞がつながったものであり、敬語ではない言葉ですから、「して」も敬語ではありません。

「する」の敬語は「なさる」「される」なので、「ご確認してください」を敬語にしたければ「ご確認なさってください」「ご確認されてください」が正解です。

「ご確認ください」の言い回し・言い換え例文

語源や文法的なことはさておき「ください」という言葉に命令のような、有無を言わさないニュアンスを感じる人もいます。また、少々紋切り型だという印象を持つ人もいます。

もちろん、ビジネスで使う言葉ですからシンプルでまったく問題ありませんが、もう少し違う表現をしたいときのために「ご確認ください」の言い換え表現を紹介します。

  • ご確認くださいませ
  • ご確認くださいますでしょうか
  • ご確認頂きたく、お願い申し上げます
  • ご確認の程、宜しくお願い致します
  • ご確認くださいますよう、お願い申し上げます
  • ご確認いただければ幸甚です

また、「確認」自体の言い換えとしては以下の表現があります。

  • お目通しください
  • ご一読ください

ただし、これらの言葉には「ざっと見てください」という意味合いを含みますので、じっくり丁寧に確認してもらいたい場合は「確認」を使った方が無難です。

また、書き言葉に限りますが、「ご確認」ではなく「ご査収」という表現もあります。査収の意味は「精査して収める」です。この言葉は目上の人や社外の人に確認をお願いするとき、非常に便利な言葉なので覚えておきましょう。

  • ご査収ください
  • ご査収の程、何卒宜しくお願い申し上げます

とはいえ、同義語であっても違う言葉である以上、使い方は微妙に違います。「ご確認」と「ご査収」の分かりやすい違いは、確認の対象が添付ファイルや別の書類であるかどうかです。例えば「○月○日のご予約手続きを完了致しましたので、お客様のマイページにてご査収ください」というのはおかしな表現です。この場合はやはり「確認」を使うべきですね。

もう一つ、査収と似た言葉に「検収」という言葉がありますが、これは納品に対して使われる言葉です。納品物が間違いなく注文通りに納品されているか、納品物に瑕疵が無いかをチェックしたうえで領収してほしいという意味ですので、単なる確認とは意味合いがずいぶん違います。

確認後のアクションを希望する場合はその旨も伝える

さて、「ご確認ください」の敬語としての使い方は上記でご紹介した通りですが、相手が確認したことを連絡してほしい場合は「ご確認ください」だけで終わらせず、そのあとに希望するアクションについても明確に伝えましょう。

また、その際に返答の期限を切っておくこともビジネスでは重要です。言い回しの例は以下の通りです。

  • ご確認の上、ご返信くださいますようお願い申し上げます
  • ご確認の上、同封の返信用はがきを○月○日までにご送付頂きますようお願い致します
  • ご確認頂き、ご質問やご不明な点など御座いましたら、ご遠慮なくお問い合わせくださいませ。問題が無いようで御座いましたら○月○日に正式な書類の発送手続きを行います
  • ご確認の上、出欠のご連絡をお伝え頂きますようお願い申し上げます。なお、誠に勝手ながら、会場手配の都合上○月○日までにお返事を頂戴したく、何卒宜しくお願い申し上げます

若手ビジネスマンに多いのが「確認してくださいと言ったんだから、確認したら返事をくれるのが普通だろう」と思っているケースです。相手は同じような感覚を持っているとは限りません。「メールに確認してくださいって書いたのに全然返信をくれないのはどうしてだろう…」などとヤキモキするのは時間の無駄ですので、返事が欲しいときは予め、その後のアクションについても明記しておくのが基本です。

反対に、本当に確認だけで良く、返信不要のときは、その旨を明記しましょう。

  • ご確認のために添付致します。問題がなければ返信は不要です
  • 明日の会議の場でご意見を頂戴できればと存じますので、このメールへのご返信は不要です

自分が「ご確認ください」というメールをもらったら、「確認しました」の一言で構わないので、確認したことを返信するようにしましょう。それが相手に対する心配りでもあります。

自分が確認したことを伝える敬語表現(謙譲語)

自分が確認を求められた場合は、謙譲語の表現を用いて、確認したことを相手に知らせます。この場合、当然ながら自分の動作に「ご」はつけません。基本となる謙譲語の表現は以下の通りです。

  • 確認いたしました
  • 確認させていただきました

「確認」に変わる謙譲語を用いて相手に伝える場合は以下の言い回しで伝えましょう。

  • 拝受いたしました
  • 拝見いたしました
  • 拝読いたしました

となります。

さいごに

今回は「ご確認ください」の言葉の意味や言い換え、使い方について解説しました。ビジネスシーンで多用する言葉のため、間違って使ってしまわないようにしっかり覚えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 女性社員に嫌われる男性社員の特徴7選

    仕事をスムーズに進める上で、社員間のコミュニケーションは必須です。相手が誰であったとしても、お互いが…
  2. 無口な人の7つの特徴

    無口な人の7つの特徴

    日本人に多くいる「無口な人」。話好きな人からすると、寡黙でおとなしい人の生態はなかなか掴みにくいかも…
  3. 部下のモチベーションを下げる上司の言動・特徴9つ

    部下のモチベーションを引き出せないというお悩みをお持ちの上司の方はいませんか?実は、それは部下自身の…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 転職活動を行う場合に鍵となるのが求人情報をどのようにして得るかということですが、求人情報を得るソース…
  2. 転職するとき、内定を獲得するまでの第一関門となるのが履歴書・職務経歴書による書類選考。書類選考では、…
  3. 他業種への転職となると、これまでの知識や経験が活かせないことも多く精神的な部分での不安は大きいかもし…
  4. 配属先が変わった時、新入社員として新しく配属される、そんな時には配属先での「挨拶」が必要になります。…
  5. 人材派遣で働く、アウトソーシングで働く、どちらも同じような意味で、同じような働き方じゃないの?と感じ…
  6. 転職してみたら思い描いていた理想とは違った…そんなギャップを感じる転職経験者の方も多いと思います。働…
ページ上部へ戻る