【好印象を与える】聞き上手の相槌のバリエーション5選

ビジネスマンに必須の、コミュニケーションスキル。特に相手の話を聞くスキルについてはまだまだ未熟だと感じる人も多いのではないでしょうか。話を聞くのが下手の人は社会人としても未熟な印象を与えますし、反対に聞き上手な人は好印象を与えることが出来ます。そこで今回は聞き上手な印象を与える相槌のバリエーションを5つご紹介したいと思います。相槌は聞き上手な印象を与える重要な要素となります。ぜひ上手く取り入れて聞き上手な自分を目指して下さい。


聞き上手になるための相槌のバリエーション5選

①相手の発言を繰り返す

相手が発言したことと同じない内容を繰り返します。例えば「今日は寒いね」と言われたら「うん、寒いね」と返すことになります。NLPではこれをバックトラッキングと言いますが、繰り返し同じ内容を話すことで、相手に「この人は自分の発言を理解してくれている」と言った印象を与えることが出来ます。的外れな返答が返ってくると話をきいていないと感じることの逆で、理解しているよと意思表示するために同じ内容を繰り返します。

理解してくれていると感じることは安心感に繋がります。ちゃんと聞いてくれている、理解してくれている、そう感じることは安心感に繋がります。安心感は無意識的に感じることでもありますので、知らず知らずのうちに相手のことを聞き上手な印象を抱いてしまうことになります。


②自分の感情を伝える

相槌とは「うん」「はい」など相手の話に合いの手を入れることだと思っている人も多いようですが、これだけは十分とは言えません。いくら相手がうなずいて相槌をうっていても、それが気のない返答だったりすると「本当に聞いているのかな?」「ちゃんと分かっているのかな?」を不安に感じます。ちゃんと聞いている事を表現するために自分の感情を入れて相槌をうつことが効果的です。
「わかるわかる、それは嬉しくなるよね」「それは私もダメだと思うよ」など、話を聞いて感じた自分の感情を織り交ぜた相槌をすることでしっかりと聞いている事を伝えることが出来ます。また相手の感情に同調することで、同じ感情を共有してくれていると感じ、それは親近感へと繋がっていきます。初対面などで距離感が遠いときなどにも効果的です。


③質問する

相槌をうつことで、相手の話を聞いていることを表現することが出来ますが、聞いているかどうか同様に気になるのが「つまらなくないか」という事です。相手は自分の話を聞いて退屈に感じていないか、これは非常に気になるところだと思います。つまらないと感じていないかどうかは「どれくらい話が広がるか」で計ることも多くあると思います。

広がらない話はつまらないんだと考えがちですが、相槌に質問を織り交ぜることで、話を膨らませることが出来ます。話を広げようとすることで、つまらないと感じるわけではないと表現することが出来ます。ちゃんと聞いてくれている、楽しんでくれている、そう感じることで相手はより話しやすくなります。結果として聞き上手な印象を与えることに繋がります。


④話をまとめる

相手の話を要約した相槌をうつことも効果的です。話したいことがあったとしても、それが頭の中で整理されているわけではないことは多くあると思います。そんな時でも相手がしっかりと話を理解してくれて、その話をまとめてくれたりすると元々まとまってない話でも話しやすくなるはずです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. プレゼン資料の作り方の構成・コツ【パワーポイント初心者必見】

    見やすいプレゼン資料を作ることによって、営業の成果も上がるといわれていますが、皆さんはどのようなこと…
  2. 嘘をつく人の8つの特徴

    嘘をつく人の特徴や心理から、嘘を見抜く方法・うまく付き合う対処法を解説!

    嘘をつかれて騙されたり、嫌な思いをした経験のある人は少なくないと思います。嘘ひとつで人間関係が壊れる…
  3. 口下手な営業マンが成果を出す3つの方法

    デキる営業マンは話し上手で、性格も明るく、みんなの人気者がなる仕事。営業職はそんな饒舌な人がつくイメ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 営業利益、経常利益、純利益、どれも同じ「利益」と言う言葉が付くことから、似たような意味、同じような意…
  2. 自己紹介は、新入社員の皆さんにとって最も緊張を強いられる最初の仕事であり、社会人として良いスタートを…
  3. 就職もしくは転職を果たすためにまず突破しなければならない第一関門と言えば、「書類選考」ですよね。その…
  4. 語学関連の資格は、特に国際的な事業に取り組んでいる企業への就職を考える場合、就活で有利になると言うよ…
  5. お見舞いメールを送る機会はそれほど頻繁にあるものではないため、いざお見舞いメールを作成する必要性が生…
  6. 一度目が覚めても「あと少しだけ」と思って、そのままスヤスヤ眠ってしまった経験をしたことはありませんか…
ページ上部へ戻る