温厚な人の10の特徴

温厚な人の10の特徴

温厚な人や穏やかな人は、優しい人柄のため、一緒にいるだけでこっちも穏やかな気持ちになれるくらい、居心地のいい人。つまり、温厚な人は皆から好かれる性格の持ち主です。自分自身はもとより、周りの人にもプラスの影響を与えます。今回は温厚な人の特徴についてご紹介します。

温厚な人とは

「温厚」という言葉は、「性格や性質が穏やかであること」です。イメージとしては、穏やかでいつもニコニコしている人、あまり怒らない人、相手のことを思いやることができる人、といった温和な人柄で、周りからも慕われる存在です。

温厚な人の存在は仕事にもプラスの効果がある

温厚な人がいることで仕事にもプラスの効果が出てきます。温厚な人の持つ、その穏やかな性格から、相手に対して細やかな気配りができ、何事にも冷静な判断ができます。ものごとを見極めていることから、的確な判断ができるタイプでもあるのです。

また、温厚な人は、対人関係を良好に築くことができます。人と関わる仕事では穏やかな表情や、相手に安心感を与える優しい雰囲気を醸し出すことが大切ですが、これらが接客や接待、そして営業などの現場はもちろん、職場のメンバー同士のコミュニケーションを高めたり、人と人との調和をつくることにも長けているため、欠かせない存在といえるでしょう。

温厚な人の10の特徴

温厚な人の特徴

1.ちょっとしたことでイライラしない

温厚な人がイライラしないのは当たり前、と思うかもしれません。ですが温厚な人も、人並みにストレスは抱えるし、腹を立てることもあります。癇に障ることや、少しぐらいイラッとすることがあっても、その気持ちを表情に出さず、上手く気持ちを切り替えることができるのです。

また相手の意見や主張を汲み取り、素直に受け入れることができるため、周囲の人と争いを起こすこともなく、穏やかな関係を保つことができるのです。

2.みんなから好かれる

温厚な人の周りには、自然と人が集まります。いつも笑顔で迎え入れてくれる太陽のような存在のため、自分自身も穏やかな気持ちになり、精神的にもリラックスすることができるから。

また、相談事にも親身になってくれるし、より良い方向に導くための的確なアドバイスもしてくれるため、温厚な人は好意的な印象を持たれやすいといえるでしょう。

3.気遣いができる

温厚な人は周りの人の些細な変化にもすぐに気が付き、思いやりのある気遣いができます。

広い視野で周囲を観察し、また共感力も高いため、相手に喜んでもらえるための気配りがさりげなくできる人なのです。

過剰な気遣いは、ときにお節介と思われて反感を買うこともありますが、温厚な人は、相手の気持ちを汲み取り、適度な気遣いを心得ている人でもあります。

4.生活リズムが安定している

温厚な人が穏やかでいるためには、日々の生活が安定していることも大事な要素です。心のゆとりある生活が穏やかな人格をつくりあげているのです。

仕事が上手くいっていなかったり、プライベートで友人とのトラブルや家庭内に問題があると、気持ちの余裕がなくなってしまいます。日々の生活リズムを一定にし、精神状態を安定することも、穏やかな性格には必須条件なのです。

5.人の悪口を言わない

大小の違いはあっても、誰しも人間関係には悩みを抱えているものです。嫌いな人の悪口や陰口をついつい誰かに言ってしまうこともあるでしょう。しかし、温厚な人は人の悪口を言ったり、軽蔑する発言は口にしません。また愚痴に加わることもしません。

悪口を言ったり誰かのことを軽蔑したりすると、いつかそっくりそのまま自分の身に跳ね返ってくる可能性があることを理解しているのです。またネガティブな話は何も生まないことも知っています。

6.自然にスマイル

人の感情は表情に出ます。ムスッとした顔、怒った顔、憂鬱な顔、他人から見ても、決して気持ちのいいものではありません。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業のアフターフォローの方法【訪問・メール・電話】

    営業手法には様々な方法や考え方がありますが、多くのトップセールスマンが口を揃えて言うことが一つだけあ…
  2. 成功する営業マンが職場で厳守している7つの「ルールとマナー」

    「成功している営業マン」がビジネス専門サイトや、ビジネス情報誌において取り上げられる場合、主には商談…
  3. 忍耐力を鍛える7つの方法

    嫌なこと、苦しいこと、辛いことに遭遇したとき、あなたはどうしますか?生活の中では否応もなく精神的に辛…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 仕事で急な出張に出かけることになったとき、出先でうっかり忘れ物をしていることに気づいたことがある人も…
  2. 転職活動をしていくうちに、少しでも自分を良く見せて転職の可能性を上げようとして、面接官に好印象をもた…
  3. 一昔前は、ベンチャー企業への就職・転職は、倒産リスクの高さから敬遠される傾向にありました。しかし近年…
  4. 学校を卒業してから就職したけど1〜3年以内に退職した方を第二新卒と言いますが、新卒からさほど時間が経…
  5. 会社とは組織で連携しながら仕事を行う場ですから、社員間の円滑で良好な人間関係は潤滑油として不可欠です…
  6. 名刺はサラリーマンが絶対に忘れてはいけないものの一つで、常に予備を含めて持ち歩くことが大切です。初対…
ページ上部へ戻る