おおらかな人の7つの特徴

おおらかな人の7つの特徴

いつも優しくて穏やか、包容力を感じさせるような「おおらかな人」。そんなタイプには、つい頼りたくなったり甘えたくなったりするものです。

ここでは、癒やしキャラ・愛されキャラの見本とも言える「おおらかな人」の特徴をチェックしていきます。「私は正反対のタイプ!」と思っている方でも、少しでもゆとりを持った日々が過ごせるよう、特徴を取り入れてみてはいかがでしょうか?

1.慌てずどっしりと構えた行動

「おおらかな人」と聞いて一番はじめにイメージするのは、いつも落ち着いた雰囲気が出ている、物事を冷静に判断できる余裕のある人物。取り組むべきことに腰を据えて向きあい、丁寧に対応します。

時間に追われてバタバタ慌てたり、些細なことで感情的にイライラ・ピリビリして周囲に気を遣わせたりはしません。また、人に対しても性急に回答を求めるなど、相手を急かしたり焦らせたりということもありません。急ぐ場合でも、依頼する時の口調はおっとりとしていて、相手に不快感を与えないよう、無意識のうちに配慮をしています。ピンチの時ほど、相手を思いやった振る舞いが周囲の雰囲気を和らげ、落ち着かせてくれる効果を持つのです。

せっかちな対応をしてしまう人は、頭が整理できていない状態で焦って行動に移してしまう前に、大きく息を吸い込んで深呼吸し、冷静さを取り戻すことを心がけましょう。

2.ゆとりのある時間の使い方

ゆとりのある時間の使い方

一見、のんびり屋にも見えるおおらかな人ですが、計画性や効率性を意識した行動を心がけるなどの工夫を怠りません。どんな状況でも、時間ギリギリの行動にならないよう、たとえ5分でも余裕が持てる時間配分を徹底するだけで、落ち着いて動けるようになるのです。早起きの習慣が身についているというのも、工夫の一つかもしれません。

また、避けられないトラブルに巻き込まれたり、突発的な出来事が起こった時でも「そういうこともある」と冷静に受け止め、問題解決に向けて一歩ずつ着実に前進します。感情的になってしまうことが逆効果になるのも理解しているのです。

3.いつも笑顔

おおらかな人は、常に落ち着いた雰囲気が漂い、表情も穏やか。それを強く印象付けるのが「笑顔」です。

ちょっと目が合った時ににっこりほほ笑んだり、嫌なことがあっても顔に出さずに笑顔で乗り切ったりという周囲への心遣いも自然と身についています。考え事をしている時でも口を尖らせたり、眉間にしわを寄せていたりということがありません。無意識のうちに周囲の人にも安心感を与えてくれます。

4.視野が広い

視野が広い

おおらかな人は、物事を大きくとらえ、客観的に判断することができます。つまり、細かいことにこだわらない性格が「おおらかさ」につながっているのです。本当に大切なことは何かを見極めたり、全体の流れを掴んだら、その後は流れに身を任せるというスタンスです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【効率良く質の高い意見を引き出す】良い会議の進め方

    会議は社員の意見をまとめて会社の方向性を定めたり、意思決定を行う大事な役割を果たしています。ですが会…
  2. 転職サイトの登録・求人の人気おすすめランキング

    求人情報が豊富・転職先の情報が詳しい・対応が早くて丁寧など、転職サイト利用者の評判がよく、登録が多い…
  3. 売れない営業マンの6つの特徴と対処法

    「成果が出ない…。」一生懸命に頑張っているのに、毎日足を棒にして歩き回っているのに、なかなか結果に結…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ランチェスターの戦略について、皆さんはどの程度ご存知でしょうか。大戦時に生まれた戦争の戦略、ランチャ…
  2. 仕事のサボり癖が一度付いてしまうと、簡単に改善・克服することは困難です。サボるのを止めて悪い習慣を断…
  3. 就活は最終的には学生個々の資質や人間性、能力が評価されて採用に至りますが、一般的な傾向として体育会系…
  4. 皆さんは「添え状」と言う言葉をご存知でしょうか。添え状とは文字通り添える書類のことで、郵送物等を送る…
  5. 商談場所や待ち合わせでカフェや喫茶店を利用するときでも、社会人であればマナーに注意しないといけません…
  6. 既卒者の就活は新卒者の就活より不利である・・・就活においてこのことは常識のように言われています。しか…
ページ上部へ戻る