おおらかな人の7つの特徴

おおらかな人の7つの特徴

いつも優しくて穏やか、包容力を感じさせるような「おおらかな人」。そんなタイプには、つい頼りたくなったり甘えたくなったりするものです。

ここでは、癒やしキャラ・愛されキャラの見本とも言える「おおらかな人」の特徴をチェックしていきます。「私は正反対のタイプ!」と思っている方でも、少しでもゆとりを持った日々が過ごせるよう、特徴を取り入れてみてはいかがでしょうか?

1.慌てずどっしりと構えた行動

「おおらかな人」と聞いて一番はじめにイメージするのは、いつも落ち着いた雰囲気が出ている、物事を冷静に判断できる余裕のある人物。取り組むべきことに腰を据えて向きあい、丁寧に対応します。

時間に追われてバタバタ慌てたり、些細なことで感情的にイライラ・ピリビリして周囲に気を遣わせたりはしません。また、人に対しても性急に回答を求めるなど、相手を急かしたり焦らせたりということもありません。急ぐ場合でも、依頼する時の口調はおっとりとしていて、相手に不快感を与えないよう、無意識のうちに配慮をしています。ピンチの時ほど、相手を思いやった振る舞いが周囲の雰囲気を和らげ、落ち着かせてくれる効果を持つのです。

せっかちな対応をしてしまう人は、頭が整理できていない状態で焦って行動に移してしまう前に、大きく息を吸い込んで深呼吸し、冷静さを取り戻すことを心がけましょう。

2.ゆとりのある時間の使い方

ゆとりのある時間の使い方

一見、のんびり屋にも見えるおおらかな人ですが、計画性や効率性を意識した行動を心がけるなどの工夫を怠りません。どんな状況でも、時間ギリギリの行動にならないよう、たとえ5分でも余裕が持てる時間配分を徹底するだけで、落ち着いて動けるようになるのです。早起きの習慣が身についているというのも、工夫の一つかもしれません。

また、避けられないトラブルに巻き込まれたり、突発的な出来事が起こった時でも「そういうこともある」と冷静に受け止め、問題解決に向けて一歩ずつ着実に前進します。感情的になってしまうことが逆効果になるのも理解しているのです。

3.いつも笑顔

おおらかな人は、常に落ち着いた雰囲気が漂い、表情も穏やか。それを強く印象付けるのが「笑顔」です。

ちょっと目が合った時ににっこりほほ笑んだり、嫌なことがあっても顔に出さずに笑顔で乗り切ったりという周囲への心遣いも自然と身についています。考え事をしている時でも口を尖らせたり、眉間にしわを寄せていたりということがありません。無意識のうちに周囲の人にも安心感を与えてくれます。

4.視野が広い

視野が広い

おおらかな人は、物事を大きくとらえ、客観的に判断することができます。つまり、細かいことにこだわらない性格が「おおらかさ」につながっているのです。本当に大切なことは何かを見極めたり、全体の流れを掴んだら、その後は流れに身を任せるというスタンスです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 謙虚な人の6つの特徴

    謙虚な人の6つの特徴

    社会人に求められる能力のひとつである「謙虚さ」。この能力はもともとの性格的要素が強く、新たに身につけ…
  2. 仕事のモチベーションを上げる8つの方法

    なんとなく気分が乗らなくて会社に行きたくない、仕事のモチベーションが上がらない経験をしたことは誰しも…
  3. 上司との昼食ランチマナー6選

    上司との昼食ランチマナー6選

    職場の上司にランチを誘われて昼食を一緒に食べに行くことになったとき、あなたは必要なマナーを心がけて接…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 米国の経済誌「フォーブス」は毎年世界の大富豪をランキングで紹介していますが、その長者番付に日本人も数…
  2. 宴会や飲み会において、「中締め」や「締め」の場面で部下や同僚から挨拶を依頼された場合、皆さんならどの…
  3. 営業職は「法人営業」と「個人営業」でよく区分されて論じられる場合が多いのですが、皆さんは両者の違いに…
  4. 就職活動を行う上で一番重要な面接は、自分をアピールすることができる場です。個人面接のみであれば、思う…
  5. 転職を考えた際にネックになるのが「退職時のトラブル」です。退職するということは、新しい道に進む自分に…
  6. ブロードバンドの普及により、ネット専門の証券会社が多数台頭するなど証券業界は大きく変化した業界の一つ…
ページ上部へ戻る