転職時に思い浮かべる仕事の理想と実際働いた現実で起きがちなギャップ7つ

転職してみたら思い描いていた理想とは違った…そんなギャップを感じる転職経験者の方も多いと思います。働く前に描いていた理想と、実際に働いて感じる現実にはギャップがあることも多く「もっとよく考えてから転職すればよかった…」と後悔する人も少なくないはずです。そこで今回は転職がきっかけで感じることになる「ギャップ」についてお話していきたいと思います。特に多くの人が感じるギャップを7つ取り上げながら、どうすればそのようなギャップを感じることなくイメージ通りの転職をすることが出来るのかについても考えていきたいと思います。


転職で起きがちな7つのギャップ

①:人間関係

転職時に感じるギャップで、特に多いのがこの人間関係についてです。想像していた上司像ではなかった、イメージしていた雰囲気の同僚ではなかったなど、やはり繊細で難しい人間関係だからこそギャップを感じるケースが多いようです。特にそれまで在籍していた会社での人間関係が良好だった場合に、そうじゃない職場へ転職してしまったときにこのギャップを感じることが多いようです。


②:仕事内容

同じ業種、職種であっても会社によって与えられる職務などは違ってきます。同じ業界だから同じような仕事内容だろう、などと考えているケースなどにおいて仕事内容に対してのギャップを感じるようです。転職前にしっかりと確認しておくことが重要で、そうすることで転職後にギャップを感じることを回避することも出来るポイントだと言えます。


③:社風

社風と言うのは会社によって様々で、特に初めての転職であればこれまでの会社とは違う雰囲気にギャップを感じるケースは多いようです。アットホームな社風の会社もあれば、殺伐とした雰囲気や緊張感溢れる雰囲気の会社などがあり、そうした事実があることを理解して、社風は会社によって様々なことを理解しておくことが大切だと言えます。


④:仕事の進め方、取り組み方

仕事の進め方、取り組み方などは会社によって大きく変わります。同じ業界で同じ業務でも会社が変わればやり方は変わります。それまでの会社でのやり方が通用するとは思わず、とにかくゼロから学ぶんだというぐらいの心構えでいる方がギャップを感じずに済むことに繋がります。


⑤:給与・待遇面

転職後にトラブルにならないように特に気をつけたいのがこの給与などの待遇面です。聞いていた条件と違った、などとギャップを感じることのないように、特にしっかりと面接などを始めとする転職活動時に事前確認しておく必要があります。試用期間などがある場合などはその期間中の条件が正規雇用時より劣ることも多く、そうした期間の有無なども合わせて確認しておくことが大切です。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 部下が報連相(ホウレンソウ)をしない7つの理由

    仕事を円滑に進める上で、社員間の報連相のコミュニケーションは必要不可欠です。大きな問題が起こる前に事…
  2. 売れない営業マンの6つの特徴と対処法

    「成果が出ない…。」一生懸命に頑張っているのに、毎日足を棒にして歩き回っているのに、なかなか結果に結…
  3. 「寂しい」と「淋しい」の意味・違い

    「寂しい」と「淋しい」の意味・違い

    日本語で多く見られる同音異義語ですが、微妙なニュアンスの違いについてはなかなか使い分けができず混乱し…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 会社は、社員のレベルアップを図るために、様々な教育・研修を行います。しかし、人の話を聞いただけ、ある…
  2. 領収書を受け取る際、正式な社名を伝えず「宛名は上様でお願いします」と依頼すること等があると思われます…
  3. 出張の多いビジネスパーソンにとって、持って行く旅行アイテムのチョイスは非常に重要です。出張時の仕事面…
  4. 会社とは組織で連携しながら仕事を行う場ですから、社員間の円滑で良好な人間関係は潤滑油として不可欠です…
  5. 当サイトですっかりお馴染みとなっています「非常に類似した用語の違いを説明する」シリーズとして、今回は…
  6. 仕事のサボり癖が一度付いてしまうと、簡単に改善・克服することは困難です。サボるのを止めて悪い習慣を断…
ページ上部へ戻る