転職時に思い浮かべる仕事の理想と実際働いた現実で起きがちなギャップ7つ

転職してみたら思い描いていた理想とは違った…そんなギャップを感じる転職経験者の方も多いと思います。働く前に描いていた理想と、実際に働いて感じる現実にはギャップがあることも多く「もっとよく考えてから転職すればよかった…」と後悔する人も少なくないはずです。そこで今回は転職がきっかけで感じることになる「ギャップ」についてお話していきたいと思います。特に多くの人が感じるギャップを7つ取り上げながら、どうすればそのようなギャップを感じることなくイメージ通りの転職をすることが出来るのかについても考えていきたいと思います。


転職で起きがちな7つのギャップ

①:人間関係

転職時に感じるギャップで、特に多いのがこの人間関係についてです。想像していた上司像ではなかった、イメージしていた雰囲気の同僚ではなかったなど、やはり繊細で難しい人間関係だからこそギャップを感じるケースが多いようです。特にそれまで在籍していた会社での人間関係が良好だった場合に、そうじゃない職場へ転職してしまったときにこのギャップを感じることが多いようです。


②:仕事内容

同じ業種、職種であっても会社によって与えられる職務などは違ってきます。同じ業界だから同じような仕事内容だろう、などと考えているケースなどにおいて仕事内容に対してのギャップを感じるようです。転職前にしっかりと確認しておくことが重要で、そうすることで転職後にギャップを感じることを回避することも出来るポイントだと言えます。


③:社風

社風と言うのは会社によって様々で、特に初めての転職であればこれまでの会社とは違う雰囲気にギャップを感じるケースは多いようです。アットホームな社風の会社もあれば、殺伐とした雰囲気や緊張感溢れる雰囲気の会社などがあり、そうした事実があることを理解して、社風は会社によって様々なことを理解しておくことが大切だと言えます。


④:仕事の進め方、取り組み方

仕事の進め方、取り組み方などは会社によって大きく変わります。同じ業界で同じ業務でも会社が変わればやり方は変わります。それまでの会社でのやり方が通用するとは思わず、とにかくゼロから学ぶんだというぐらいの心構えでいる方がギャップを感じずに済むことに繋がります。


⑤:給与・待遇面

転職後にトラブルにならないように特に気をつけたいのがこの給与などの待遇面です。聞いていた条件と違った、などとギャップを感じることのないように、特にしっかりと面接などを始めとする転職活動時に事前確認しておく必要があります。試用期間などがある場合などはその期間中の条件が正規雇用時より劣ることも多く、そうした期間の有無なども合わせて確認しておくことが大切です。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 「了解しました」「かしこまりました」「承知しました」のそれぞれの意味と違い

    お客様や上司から何らかのリクエストや指示などを貰った際に、それを引き受ける場合に皆さんは「了解しまし…
  2. 【社長必見】優秀な人材が辞めていく会社の4つの特徴

    組織は定年退職の他、家庭の事情や都合等でやむを得ず社員が辞めてゆく場合は致し方ないとしても、そうした…
  3. 会社でスピード出世する人の特徴・共通点7選

    出世していく人もいれば、全く頑張っても出世できない人もいます。本人にとっては、時に出世できないことが…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 身内に突然の不幸があり、葬儀に出席、もしくは準備をする場合は忌引き休暇として会社を休むことが出来ます…
  2. ボーナスの使い道は会社員の人生設計においてとても重大なことであり、また悩ましいテーマでもあります。そ…
  3. 体育会系の部活に所属して頑張ってきた学生が就活で優位になるという話は、就活生の皆さんなら一度は耳にし…
  4. 年末年始の挨拶を「メール」で行うケースは増えており、インターネットの利用率の高まりなどを背景に今後さ…
  5. 社会人になると知らないでは済まされないビジネスマナー。普段何気なくかけている電話においても押さえてお…
  6. 営業ノルマというものから営業マンを区分したとすれば、「ノルマを達成できる営業マン」と「ノルマを達成で…
ページ上部へ戻る