会社の将来性に不安・心配を感じたら転職をするべきか

「現在勤めている会社の仕事内容や待遇等について特に不満はないが、会社の将来性にはかなり不安がある・・・」といった場合、皆さんならどのように考え、この先どう行動するでしょうか。早めに職場を去って転職を果たすべきなのか、それとも出来る限り現在の会社に留まり、状況を見極めるようにした方が良いのか等々、悩ましい問題と言えます。

そこで今回は「会社の将来性に不安・心配を感じたら転職すべきか」というテーマに真正面から取り組み、その解を追求することに致します。

そもそも会社とは生涯安泰であるとは限らないという覚悟が必要

企業の寿命は一般的に「30年」と言われています。勿論100年以上継続している企業もありますし、東証一部上場企業に限ればその平均値は60年以上になるとも言われています。しかしながら、仮に60年だとしてもそれはあくまで創業期からの年数であって皆さんが入社した時点から60年という訳ではありません。

仮に新卒で入社した時点で既に30年以上経過していたとすれば、定年まで会社はもたない可能性があります。確実に言えることは、現在どんなに優良な企業であっても生涯安泰であるとは限らないと言うことです。

つまり勤めている会社の将来性について現時点では不安がなかったとしても、会社が倒産することもあり得ると考え、そうなった場合に慌てることがないようどのような身の振り方をするか、事前に考えておくことは必要なことなのです。

だからといって「将来性のある会社への転職」を前提とすべきではない

では身の振り方の一つとして「転職」を考えた場合、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。もし現在勤務している企業が不安だからという理由だけの転職では、どのような転職が目的となってしまいやすいかを少し考えてみてください。現在の会社の将来性が不安な訳ですから、当然「将来性に不安がない会社への転職」が大きな目的の一つになってしまいます。

勿論会社の将来性や安定性といった評価基準は重要な視点であり、決して蔑ろにしてはいけません。しかし、それでは会社の寿命だけに左右され続ける人生となってしまいます。

現在20代なら次の転職先が10年後にまた傾いてきたとしても、30代ですからまだ転職は可能かも知れませんが20年後、30年後に傾いたとしたらその時は40代、50代となり、また会社の業績不振だけを理由に転職活動に励んでも今度は年齢的に大変困難を極めるおそれがあります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 「恐縮」の意味・正しい使い方【例文付き】

    「恐縮」を日常会話の中で用いることは稀ですが、ビジネスシーンでは常用される言葉のひとつ。社会人として…
  2. 仕事の効率化を大幅にアップする6つの方法

    他国と比べると、日本は労働生産性と呼ばれる仕事の効率性が悪く、それが長時間労働につながり、社会人のス…
  3. お客様の「検討します」を切り返す営業テクニック4選

    お客様の「検討します」を切り返す営業テクニック4選

    よく考えること、それ自体は大事なことであり必要なことです。しかし、営業のときにお客様が発する「検討し…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 就活中の皆さん、就職活動は順調でしょうか。就活において「OB訪問」は就職情報誌には掲載されていない、…
  2. 京セラおよびKDDI創業者であり、現在は見事に経営再建を果たした日本航空の名誉会長である稲盛和夫氏は…
  3. 皆さんはパーソナルブランディングと言う用語をご存知でしょうか。パーソナルブランディングはこれからの社…
  4. 「会社の電話が鳴り、受け答えをしたところ、今日は不在の上司への電話であった」、こんな時はどのように対…
  5. せっかちな性格の人の7つの特徴
    エレベーターのドアが閉まる瞬間でも絶えず「閉まるボタン」を連打する人や、話し言葉が非常に早口の人、計…
  6. 自己紹介は、新入社員の皆さんにとって最も緊張を強いられる最初の仕事であり、社会人として良いスタートを…
ページ上部へ戻る