会社の将来性に不安・心配を感じたら転職をするべきか

「現在勤めている会社の仕事内容や待遇等について特に不満はないが、会社の将来性にはかなり不安がある・・・」といった場合、皆さんならどのように考え、この先どう行動するでしょうか。早めに職場を去って転職を果たすべきなのか、それとも出来る限り現在の会社に留まり、状況を見極めるようにした方が良いのか等々、悩ましい問題と言えます。

そこで今回は「会社の将来性に不安・心配を感じたら転職すべきか」というテーマに真正面から取り組み、その解を追求することに致します。

そもそも会社とは生涯安泰であるとは限らないという覚悟が必要

企業の寿命は一般的に「30年」と言われています。勿論100年以上継続している企業もありますし、東証一部上場企業に限ればその平均値は60年以上になるとも言われています。しかしながら、仮に60年だとしてもそれはあくまで創業期からの年数であって皆さんが入社した時点から60年という訳ではありません。

仮に新卒で入社した時点で既に30年以上経過していたとすれば、定年まで会社はもたない可能性があります。確実に言えることは、現在どんなに優良な企業であっても生涯安泰であるとは限らないと言うことです。

つまり勤めている会社の将来性について現時点では不安がなかったとしても、会社が倒産することもあり得ると考え、そうなった場合に慌てることがないようどのような身の振り方をするか、事前に考えておくことは必要なことなのです。

だからといって「将来性のある会社への転職」を前提とすべきではない

では身の振り方の一つとして「転職」を考えた場合、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。もし現在勤務している企業が不安だからという理由だけの転職では、どのような転職が目的となってしまいやすいかを少し考えてみてください。現在の会社の将来性が不安な訳ですから、当然「将来性に不安がない会社への転職」が大きな目的の一つになってしまいます。

勿論会社の将来性や安定性といった評価基準は重要な視点であり、決して蔑ろにしてはいけません。しかし、それでは会社の寿命だけに左右され続ける人生となってしまいます。

現在20代なら次の転職先が10年後にまた傾いてきたとしても、30代ですからまだ転職は可能かも知れませんが20年後、30年後に傾いたとしたらその時は40代、50代となり、また会社の業績不振だけを理由に転職活動に励んでも今度は年齢的に大変困難を極めるおそれがあります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 飛び込み営業が怖いときに勇気を出す5つの方法

    営業職では新人時代に飛び込み営業を経験させる会社が多いです。これは若さというエネルギー溢れる時期に新…
  2. 部下のモチベーションを下げる上司の言動・特徴9つ

    部下のモチベーションを引き出せないというお悩みをお持ちの上司の方はいませんか?実は、それは部下自身の…
  3. 「お大事に」敬語の意味と正しい使い方マナー【例文つき】

    「お大事に」敬語の意味と正しい使い方マナー【例文つき】

    相手の具合を気遣うときに「お大事に」や「お大事にしてください」と伝えるのは一般的ですが、本来どのよう…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 転勤の挨拶で取引先に伺うときの訪問アポの取り方とマナーまとめ
    人事異動が正式に発表されて転勤が決まった際に、取引先に対して転勤の挨拶をメールでお知らせすることは一…
  2. 名刺はサラリーマンが絶対に忘れてはいけないものの一つで、常に予備を含めて持ち歩くことが大切です。初対…
  3. 皆さんは「無形商材」という言葉についてご存知でしょうか。「無形商材」とは文字通り形のない商品のことで…
  4. 不器用な人の7つの特徴
    不器用な人は、どのような特徴から不器用だと言われるのでしょうか。不器用さにも様々なパターンがあり、仕…
  5. ビジネスマナーを知らずにいると、自分の気が付かないところで失礼な振る舞いをしてしまい、それが原因でビ…
  6. 会社を退職した場合、新しい会社へ転職する場合であれ、起業する場合であれ、人生の転換点は何かとお金が必…
ページ上部へ戻る