上司の身内に不幸があったときの弔電・葬儀マナー【お悔やみメール例文】

上司の身内に不幸があったときの弔電・葬儀マナー【お悔やみメール例文】

長い会社勤めの中では、上司の身内の方に不幸があり、訃報の連絡を受けることもあるでしょう。上司の身内に不幸があった場合、弔電を打つことや葬儀への参列、お悔やみの言葉をメールで伝えるなど正式なマナーをわきまえることが大切です。訃報の連絡を受けたとき、どういった対応をすればよいのか、詳しく見ていきましょう。

上司の身内に不幸があった際の弔電対応マナー

弔電を送る時期

弔電はお葬式に参列できない代わりに送るものです。基本は、通夜前日までに届くように、電報の手配を行いましょう。遅くとも告別式開始の一時間前までに届くよう、手配する必要があります。

弔電の宛先

弔電は、葬儀が執り行われる式場に送るものです。式場の住所・電話番号を確認しておくことが大切です。もし式場など葬儀の場所がわからない場合は、喪家宛てに送ります。ただし勝手に送ると受け取りに不備があるかもしれないため、一報入れる必要があります。

弔電の差出人は会社

上司の身内に不幸があった場合、弔電の差出人は個人で行うものではなく、会社全体による弔電という形をとりましょう。個人的な弔意は通夜・葬儀への参列、告別式への参列などを通して表すことが礼儀なのです。弔電とは、本来非常にフォーマルなものであり、特に会社から送る場合には個人的に弔意を表すものとして使うことはマナー違反だと理解しておきましょう。会社内の人間関係や部署内の人間関係を考えても、会社から送る際には会社名で送ります。

弔電の故人の敬称の書き方

上司の身内に不幸があって弔電を送る際、送り主の欄には「◯◯株式会社○○部(◯◯課)」といった形で書き、最後に「一同」と書くことで部署全体や課全体からの弔電であることが分かるようにします。さらに、弔電の文面に書き加える、上司の身内の亡くなった方の敬称については、以下のような書き方を行います。

弔電の故人の敬称の書き方

  • 父親→「ご尊父・お父様」
  • 母親→「ご母堂様・お母様」
  • 上司の夫→「ご主人様、ご夫君様」
  • 上司の妻→「ご令室様、ご令閨様」
  • 上司の祖父母→「ご祖父様、ご祖母様」

故人に対して敬意や尊敬の念を込めるためにも敬称については間違えることなく使えるようにしておきましょう。

身内に不幸があった上司の葬儀に参列する際の礼儀

身内に不幸があった上司の葬儀に参列する際の礼儀

通夜・葬儀・告別式の参列マナー

上司の身内に不幸があった際は、葬儀に参列することが望ましいでしょう。前述したとおり、個人の弔意は実際に葬儀などに参列することで表すことがマナーです。お通夜・葬儀・告別式など、時間を空けられる際にはきちんと参列しておくことが望ましいと言えます。

ただし、葬儀や告別式は通夜と違って、昼間に行われます。取引先との商談など、仕事の予定が入っている場合は、仕事を優先すべきです。その場合は通夜に参列して弔意を表しましょう。

香典の相場

上司の身内に不幸があったときの香典の金額・相場は、贈り手であるあなたの年齢によって金額が変わってきます。上司のご家族が亡くなった場合と上司本人に不幸があった場合の香典の金額は以下を参照してください。

亡くなった人 贈り手のあなたの年齢・香典の金額
20代 30代 40代
上司本人 5,000円 5,000円〜10,000円 10,000円〜
上司の家族 3,000円〜5,000円 3,000円〜10,000円 5,000円〜10,000円

あなたの年齢が20代であり、勤務先の上司の身内の方が亡くなった場合、3,000円の香典をお渡しするのが一般的です。ただ、年齢によって香典の金額は上がっていき、40歳以上ならば5,000円以上、50歳以上ならば1万円以上をお渡しするのが基本ルールとなっています。家族ぐるみでお付き合いしていたなど、特にお世話になった上司の場合には、自分の年齢に関係なく1万円の香典をお渡しするのがよいでしょう。

また、関東と関西では香典の相場が少し違います。関西では香典に1万円は渡しすぎと思われることもあるため、香典は5,000円までと考えておいた方がよいでしょう。香典の相場は地域差があるので、自分の地域における香典の相場や金額のマナーがどのようになっているか、確認しておくとよいでしょう。

身内に不幸があった上司へ送付するメールの例文

身内に不幸があった上司に対して、お悔やみの言葉をメールで送信する機会もあるでしょう。その際には、細心の注意を払って文面を考える必要があります。失礼な文面で送付してしまうと、マナーをわきまえていないと思われてしまい、今後の仕事に支障をきたす可能性もあります。以下のような例文を参考にして、礼儀をわきまえ、お悔やみの気持ちをメールで送りましょう。

お悔やみメールで使ってはいけない言葉

重ね言葉

繰り返す言葉は、不幸が繰り返すことを連想させるため、お悔やみメールを送るときは使用してはいけません。お悔やみメールで送ってしまいがちな以下の言葉がないか、送信する前に確認しましょう。

わざわざ・度々・しばしば・くれぐれも・ますます・再三・重ね重ね

また「追って」「続く」といった言葉も避けなければなりません。

直接的な表現

「死」を直接イメージする表現をメールで使ってはいけません。「亡くなる」「死去」「死亡」などの言葉は避け、「ご逝去(せいきょ)」や「ご不幸」などの言い回しにします。

上司や遺族の負担になる言葉

「頑張ってください」などの言葉、遺族の負担になります。お悔やみメールを送るときは使っていないか、確認しましょう。

お悔やみメールの例文

件名:◯◯よりお悔やみ申し上げます

◯◯株式会社
◯◯部 ◯◯ 様

この度はお身内にご不幸があったと伺い、驚いております。
ご母堂様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

心身ともに大変な時だと存じますが、
ご無理をなさいませんようお願いいたします。

本来であれば直接お目にかかり
お悔やみを申し上げたいところではございますが、
略儀ながらメールにて失礼いたします。

こちらのメールには返信は不要ですので、
ご無理をなさらぬようお願いいたします。

略儀ながらメールにて失礼いたします。

◯◯株式会社
◯◯ ◯◯

上司の身内に不幸があった場合、上司は葬儀の準備などに奔走している可能性が高くなっています。メールを確認する暇もことも考えられますので、「返信は不要です」などの分を追加しておき、上司に対する気遣いを含めておくとよいでしょう。

弔電・葬儀マナーを守り、お悔やみの気持ちを伝えよう

弔電や葬儀は、故人にお悔やみの言葉を述べる場となります。上司をはじめとした遺族の方々に対する励ましの意味も込められているため、礼儀をわきまえて対応すべきです。もし葬儀に参列できない場合は、弔電だけで済ませるのではなく、後日弔問する、手紙を送るなど、配慮を忘れないようにすることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 部下のモチベーションを下げる上司の言動・特徴9つ

    部下のモチベーションを引き出せないというお悩みをお持ちの上司の方はいませんか?実は、それは部下自身の…
  2. 外回り営業マンのサボり方

    外回りの営業といえば、時間の使い方を自分で設計する仕事ともいえるのではないでしょうか。営業をしっかり…
  3. 【会社の知名度を高める】社長インタビューサイト11選

    取引先企業の認知度の高さを、商品購入の判断基準の一つにしている企業や消費者は少なくありません。プロモ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 事務系の仕事に限らず、ビジネスマンが様々なビジネスシーンで活用している表計算ソフトと言えばマイクロソ…
  2. 巷では「資格は転職において有利になるか」が議論される場合がありますが、当サイトの賢明な読者の皆さんな…
  3. 上司や目上の人と会話するときは、相手に伝える表現を間違えてはいけません。ですが口語の表現は非常に難し…
  4. 皆さんは「添え状」と言う言葉をご存知でしょうか。添え状とは文字通り添える書類のことで、郵送物等を送る…
  5. 部下との何気ない会話の中で、自分としては全くそうした認識がなかったのに「パワハラ発言」となってしまっ…
  6. 面接試験では「定番」と呼ばれる質問事項がいくつかありますが、今回のテーマである「最近気になったニュー…
ページ上部へ戻る