男性の新社会人が入社するまでに準備する必要なものまとめ

学生から新社会人になるにあたって、様々なものが必要となります。初めて会社勤めをすることになるわけですから、やはり必要なもののほとんどを新しく準備しなくてはいけません。そこでここでは男性の新社会人が入社するまでに準備する必要があるものをまとめてご紹介しておきます。男性の新社会人の方は、抜けているものが無いか、準備出来ているか、照らし合わせながら確認しておくようにしましょう。


外見、身だしなみを整えるもの

1:スーツ、ネクタイ、Yシャツ


社会人としてまず服装の面で準備しなくてはならないものも多く、代表的なものに「スーツ」があります。1着だけでは替えが効きませんので、数着用意する必要があります。また最近ではオールシーズン対応の物を多いですが、夏物、冬物など季節に応じたものも必要となります。職種によってはスーツ着用の義務がない人もいるかもしれませんが、結婚式などの冠婚葬祭などを始めとしたきちんとした場で着用しなくてはいけない場面もあり、やはり社会人になるタイミングで準備しておく必要があると言えます。

スーツに合わせて、Yシャツとネクタイなども必要となります。これらも数が必要になり、特に外回りのビジネスマンなどの場合、夏場などは会社に変えのシャツなどを置いておくことも大切となります。男性は汗かきの人も多いので、余分に用意して常に清潔に保つよう意識することも重要なので、予備の物も含めて複数枚用意しておく必要があります。

2:ビジネスシューズ


スーツと同じようにビジネスシューズもしっかりとしたものを用意しておく必要があります。職種によってはスーツ着用の必要性がないとは言え、スーツ同様急な場面で必要になることもあります。社会人となるタイミングでスーツに合わせて準備するようにしておきましょう。普段ビジネスシューズを着用しない人が気が付きにくいのが、ビジネスシューズのケア用品です。見た目を綺麗に保つことは社会人のエチケットでもありますので、ケア用品は自宅と会社、両方に準備しておくようにしましょう。


ビジネス小物など

3:ビジネスバッグ


新社会人としてはじめはオーソドックスなものを選ぶ必要があり、職種によってどのようなものを選ぶのかは変わってくるかもしれません。スーツなどと同様、通勤などにビジネスバックを必要としない職種などであれば急いで準備する必要はありませんが、シーンを問わず幅広く使えるものなどを選んで準備しておくと便利です。

4:名刺入れ


社会人になると多くの人が会社から支給され名刺を持つことになると思います。そこで必要となるのが名刺入れです。ビジネスバックと同様に新社会人のうちは派手過ぎないものを選ぶことが大切です。特にブランドものなどは良い印象を与えないこともありますので、できるだけ落ちついた無難なものを選び、長く使えそうなものを選ぶことも大切です。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業で緊張を克服する7つの方法

    営業で緊張を克服する7つの方法

    営業マンの商談場面を思い浮かべると、話をスマートかつ上手に展開するイメージがあります。しかし、実際に…
  2. 温厚な人の10の特徴

    温厚な人の10の特徴

    温厚な人や穏やかな人は、優しい人柄のため、一緒にいるだけでこっちも穏やかな気持ちになれるくらい、居心…
  3. 一緒に働きたい上司の8つの特徴

    一緒に働きたい上司の8つの特徴

    人は、人生の大半を仕事に費やします。せっかく働くなら、素敵な上司と一緒に仕事をしてみたいと誰しもが思…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 皆さんがお勤めの会社の社長は「ワンマン社長」と呼ばれるタイプの方でしょうか。「ワンマン社長」はどちら…
  2. 社会人として経験や実績を積み、自分のビジネススキルなどにも自信が付いてきた頃に考えるのが「独立」や「…
  3. 営業マンの皆さん、皆さんは営業フォローについて自信はありますか。顧客に応じて的確なフォローがなされて…
  4. 就活は最終的には学生個々の資質や人間性、能力が評価されて採用に至りますが、一般的な傾向として体育会系…
  5. グローバル社会が進むにつれ、従来当たり前だった「年功序列」を見直し、成果主義の人事制度へと舵を切る企…
  6. 社会人の読者の皆さん、皆さんの鞄の中にはどのようなものが常時入っているでしょうか。スマホやタブレット…
ページ上部へ戻る