男性の新社会人が入社するまでに準備する必要なものまとめ

学生から新社会人になるにあたって、様々なものが必要となります。初めて会社勤めをすることになるわけですから、やはり必要なもののほとんどを新しく準備しなくてはいけません。そこでここでは男性の新社会人が入社するまでに準備する必要があるものをまとめてご紹介しておきます。男性の新社会人の方は、抜けているものが無いか、準備出来ているか、照らし合わせながら確認しておくようにしましょう。


外見、身だしなみを整えるもの

1:スーツ、ネクタイ、Yシャツ


社会人としてまず服装の面で準備しなくてはならないものも多く、代表的なものに「スーツ」があります。1着だけでは替えが効きませんので、数着用意する必要があります。また最近ではオールシーズン対応の物を多いですが、夏物、冬物など季節に応じたものも必要となります。職種によってはスーツ着用の義務がない人もいるかもしれませんが、結婚式などの冠婚葬祭などを始めとしたきちんとした場で着用しなくてはいけない場面もあり、やはり社会人になるタイミングで準備しておく必要があると言えます。

スーツに合わせて、Yシャツとネクタイなども必要となります。これらも数が必要になり、特に外回りのビジネスマンなどの場合、夏場などは会社に変えのシャツなどを置いておくことも大切となります。男性は汗かきの人も多いので、余分に用意して常に清潔に保つよう意識することも重要なので、予備の物も含めて複数枚用意しておく必要があります。

2:ビジネスシューズ


スーツと同じようにビジネスシューズもしっかりとしたものを用意しておく必要があります。職種によってはスーツ着用の必要性がないとは言え、スーツ同様急な場面で必要になることもあります。社会人となるタイミングでスーツに合わせて準備するようにしておきましょう。普段ビジネスシューズを着用しない人が気が付きにくいのが、ビジネスシューズのケア用品です。見た目を綺麗に保つことは社会人のエチケットでもありますので、ケア用品は自宅と会社、両方に準備しておくようにしましょう。


ビジネス小物など

3:ビジネスバッグ


新社会人としてはじめはオーソドックスなものを選ぶ必要があり、職種によってどのようなものを選ぶのかは変わってくるかもしれません。スーツなどと同様、通勤などにビジネスバックを必要としない職種などであれば急いで準備する必要はありませんが、シーンを問わず幅広く使えるものなどを選んで準備しておくと便利です。

4:名刺入れ


社会人になると多くの人が会社から支給され名刺を持つことになると思います。そこで必要となるのが名刺入れです。ビジネスバックと同様に新社会人のうちは派手過ぎないものを選ぶことが大切です。特にブランドものなどは良い印象を与えないこともありますので、できるだけ落ちついた無難なものを選び、長く使えそうなものを選ぶことも大切です。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【転職回数が多い人必見】面接の質問で押さえておくべき5つのポイント

    転職希望先との面接では、面接官から必ず質問される基本項目があります。例えば「転職理由」や「志望動機」…
  2. 使える部下の10の特徴

    自分の仕事を円滑に進めるためにも、頼りになる部下の存在は欠かせません。指示した内容を理解してくれない…
  3. 部下が報連相(ホウレンソウ)をしない7つの理由

    仕事を円滑に進める上で、社員間の報連相のコミュニケーションは必要不可欠です。大きな問題が起こる前に事…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 営業マンの給与形態は大きく「フルコミッション」と「固定給」の二つに分けることができます。両者の給与形…
  2. 女性のおしゃれの代表でもあり人気のあるネイル。もちろん学生の時やネイルをしていてもOKという仕事であ…
  3. ボーナスを受け取っている皆さん方にとって、年2回のボーナスシーズンは大変心待ちどおしい時期だと言って…
  4. 集団面接、またはグループ面接と呼ばれる形式の面接は一次面接において実施される場合が多い面接形式と言え…
  5. 「転勤を命じられたから」という理由で転職を決断した方にとって、転職先でまた転勤を命じられることはでき…
  6. 第二新卒として転職活動を行う際には、新卒時と比べ有利になる点もあれば不利になる点などもあります。今度…
ページ上部へ戻る