失念の意味と正しい使い方

ビジネスの場面において時々使う言葉に「失念」があります。主には、業務上で大切なことを忘れてしまったために失敗が生じた場面に使いますが、改めて「失念」という言葉の意味や使い方について正確に理解している自信はございますか。「失念」に限りませんが、ビジネスで使用する言葉を万一誤った意味や用法で憶えてしまっていたらみっともないだけでなく、皆さん自身の評価にも影響する場合もありますのでそうした言葉はできるだけ解消しておきたいものです。そこで今回は失念の意味と正しい用法についてご紹介します。


「失念」の意味

疑問失念の意味から確認することにしますが、失念の辞書上の意味は「うっかり忘れること」「ど忘れ」となっています。他に特別変わった意味はありませんので、失念の「意味」に限れば新たに憶えるべきことはないと言って良いでしょう。しかしながら、単に「ど忘れ」の代用の言葉として「失念」を使用しても良いかというとそうではありません。用法については多少留意しなければならないことが幾つかありますので、その点を次にご紹介します。


「失念」は丁寧語ではない

失念失念という言葉は堅い言葉と言った印象もあり、冒頭でお伝えしたとおりビジネスシーンで利用されることはあっても、普段の日常会話で用いることはまずありませんよね。しかもビジネスの場面をもう少し細かく捉えてみると、同僚や部下には使用せず上司や先輩、あるいはお客様などに忘れたことを伝える場合「失念」を使っています。ということは「失念(する)」は敬語なのでしょうか。

「失念」について解説しているサイトの中には、「ど忘れ」を丁寧に言う場合の表現という説明がされている場合もありますが、この説明は正確とは言い切れません。なぜなら「失念」は敬語ではないこと、即ち「ど忘れ」の丁寧語が「失念」と言う訳ではないからです。強いて言うなら「失念」は「ど忘れ」の”同意語”です。

ではなぜ丁寧語ではない失念が、主にビジネスシーンで使用されるようになったのでしょうか。主な理由はビジネスにおいて特に上司やお客様へ「うっかり忘れた」とは言いにくいため、それを回避する目的で「失念」という言葉が用いられるようになったということです。上司の指示やお客様からの依頼を「うっかり忘れていた」というのは大きなビジネスマナー違反です。

しかし、忘れたことが事実である以上嘘をついたり言い訳したりすれば却ってトラブルとなったり、それがばれてしまえば余計に信頼を失うことにもなってしまいます。そこで「忘れた」というストレートな表現を和らげる、多少丁寧に”聞こえる”同意の言葉として「失念」がビジネスシーンで使用されるようになったということなのです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 仕事の効率化を大幅にアップする6つの方法

    他国と比べると、日本は労働生産性と呼ばれる仕事の効率性が悪く、それが長時間労働につながり、社会人のス…
  2. 就活・転職の面接で好印象を与える逆質問例

    面接の最後に、面接官から「何かご質問等はありますか?」と逆質問をされることがほとんどかと思いますが、…
  3. お客様の「検討します」を切り返す営業テクニック4選

    お客様の「検討します」を切り返す営業テクニック4選

    よく考えること、それ自体は大事なことであり必要なことです。しかし、営業のときにお客様が発する「検討し…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 「100年後も生き残る日本企業はどこか」と問われたら、皆さんはどの日本企業を選ぶでしょうか。一般的に…
  2. 新社会人が入社するまでに準備するものリスト、以前はこちらの記事で「男性の新社会人が入社するまでに準備…
  3. 書類選考という第一関門を突破する上で、履歴書の出来栄えがいかに大切であるかは改めて申し上げるまでもな…
  4. 宴会や飲み会において、「中締め」や「締め」の場面で部下や同僚から挨拶を依頼された場合、皆さんならどの…
  5. 社長として会社経営をしていると、どのように考え、どのように振る舞えば社員はついてきてくれるのだろ…
  6. アルバイトの中で皆をまとめるリーダーとなり、社員のような管理業務を経験したり、他アルバイトを指導した…
ページ上部へ戻る