第二新卒が大手企業に就職するのは無理?

現在第二新卒として転職活動を行っている皆さんだけでなく、新卒として就職を果たしたがどうしても職場に馴染めず転職を考えている皆さんにとって気掛かりなことの一つが、今回の記事テーマでもある「第二新卒は大手企業に就職するのは無理かどうか」ということではないでしょうか。

ネット上でも様々な憶測や噂があり、それらの存在が皆さんを惑わせている原因の一つにもなっているようですが、ビジネスに関する様々な情報を発信している当サイトとしてはこうした現状は看過することができないと考えました。そこで今回は第二新卒の皆さんは大手企業に就職することは無理なのかどうか、この点をズバッと事実に基づいて解説させて頂くことにします。


求人件数だけを考えれば難しいことは事実

個別的な属性や状況はひとまずおいて置いてシンプルに大手企業の求人件数だけを新卒採用時と比較して申し上げるなら、新卒採用時より「圧倒的」に求人件数が少なくなるのは事実です。中には一度社会に出た貴重な経験をしている、二度目は絶対に失敗したくないとの意気込みがあるからといった理由から第二新卒をターゲットとした求人を実施する大企業も中にはいます。が、まだまだそのような企業数は限られているのが現状です。

また、多くの大企業が多少の脱落者は見込んだ上で大卒の採用計画を立てて必要人員を採用していますので、第二新卒にフォーカスした求人計画を立てる必要性そのものがあまりありません。そのため、求人件数の数だけを考えれば新卒時より難しくなることは事実と言えます。


第二新卒は中途半端であるために転職市場では採用しにくい

現在「転職ブーム」と言われるほど中途採用の求人は活発に行われている現状があります。ならば「中途採用」の対象として第二新卒をみた場合、どのようなことが言えるのでしょうか。第二新卒は明確な定義がある訳ではないのですが、一般的には新卒として入社後3年以内に会社を辞めた人達を指す場合が多いようです。

そこで第二新卒を新卒入社後3年以内に辞職したと仮定した場合、3年足らずのキャリアでは中途採用における人材ニーズとしては「役不足」であることは否めません。企業が中途採用者に期待するニーズは一言で言えば「即戦力」です。

費用をかけて研修や教育を行う必要がなく、即戦力として業務を任せることができる点が「中途採用者の市場価値」と言えるため、そうした「即戦力」と言う点での市場価値が乏しい第二新卒は「中途採用」では採用しにくい存在であることもまた事実です。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 就活で名刺を作るメリット・デメリット・注意点まとめ

    大学生協などで手軽に名刺が作れ、それを就活で利用する学生が増えています。採用担当と直接やり取りができ…
  2. 【効率良く質の高い意見を引き出す】良い会議の進め方

    会議は社員の意見をまとめて会社の方向性を定めたり、意思決定を行う大事な役割を果たしています。ですが会…
  3. 職場で起こるモラハラの特徴と2つの対策

    職場で起こるモラハラの特徴と2つの対策

    セクハラ、パワハラと同じように職場の嫌がらせ問題として近年注目を集めている「モラハラ」。職場でのモラ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. テレアポによってどんなにアポイントが成立したとしても、契約がとれなければ売上には結びつきません。営業…
  2. 領収書を受け取る際、正式な社名を伝えず「宛名は上様でお願いします」と依頼すること等があると思われます…
  3. 日本において夏といえば海水浴等のレジャーを想起したり、スイカやカキ氷といった食べ物を想起されることが…
  4. 会話であれ、文章であれ、ビジネスシーンにおいて敬語を間違ったまま使用することは避けたいものですが、中…
  5. 今回は、トップ営業マンが実践している7つのポイントについてご紹介します。売れる営業マンと売れない営…
  6. 従業員から「働きやすい会社」と評価されている会社は、従業員が活き活きとしており組織全体が活気に満ちて…
ページ上部へ戻る