第二新卒が大手企業に就職するのは無理?

現在第二新卒として転職活動を行っている皆さんだけでなく、新卒として就職を果たしたがどうしても職場に馴染めず転職を考えている皆さんにとって気掛かりなことの一つが、今回の記事テーマでもある「第二新卒は大手企業に就職するのは無理かどうか」ということではないでしょうか。

ネット上でも様々な憶測や噂があり、それらの存在が皆さんを惑わせている原因の一つにもなっているようですが、ビジネスに関する様々な情報を発信している当サイトとしてはこうした現状は看過することができないと考えました。そこで今回は第二新卒の皆さんは大手企業に就職することは無理なのかどうか、この点をズバッと事実に基づいて解説させて頂くことにします。


求人件数だけを考えれば難しいことは事実

個別的な属性や状況はひとまずおいて置いてシンプルに大手企業の求人件数だけを新卒採用時と比較して申し上げるなら、新卒採用時より「圧倒的」に求人件数が少なくなるのは事実です。中には一度社会に出た貴重な経験をしている、二度目は絶対に失敗したくないとの意気込みがあるからといった理由から第二新卒をターゲットとした求人を実施する大企業も中にはいます。が、まだまだそのような企業数は限られているのが現状です。

また、多くの大企業が多少の脱落者は見込んだ上で大卒の採用計画を立てて必要人員を採用していますので、第二新卒にフォーカスした求人計画を立てる必要性そのものがあまりありません。そのため、求人件数の数だけを考えれば新卒時より難しくなることは事実と言えます。


第二新卒は中途半端であるために転職市場では採用しにくい

現在「転職ブーム」と言われるほど中途採用の求人は活発に行われている現状があります。ならば「中途採用」の対象として第二新卒をみた場合、どのようなことが言えるのでしょうか。第二新卒は明確な定義がある訳ではないのですが、一般的には新卒として入社後3年以内に会社を辞めた人達を指す場合が多いようです。

そこで第二新卒を新卒入社後3年以内に辞職したと仮定した場合、3年足らずのキャリアでは中途採用における人材ニーズとしては「役不足」であることは否めません。企業が中途採用者に期待するニーズは一言で言えば「即戦力」です。

費用をかけて研修や教育を行う必要がなく、即戦力として業務を任せることができる点が「中途採用者の市場価値」と言えるため、そうした「即戦力」と言う点での市場価値が乏しい第二新卒は「中途採用」では採用しにくい存在であることもまた事実です。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 日本人の半数以上が間違った意味で使っている日本語20選

    日本人の半数以上が間違った意味で使っている日本語20選

    日本人でありながら日本語を間違って使用していることは実はそんなに少なくありません。今回紹介する言葉の…
  2. 成功する人に共通する特徴・習慣17選

    誰もが成功者になりたいと思う人は少なくないと思います。しかし悲しいかな、漠然と願うだけでは成功者にな…
  3. 【内定辞退・面接辞退】メールでの伝え方(例文付き)

    転職する場合、1社のみ選考に進めるのではなく、同時期にいくつかの会社に応募することがほとんどだと思い…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 誰しもが万が一のときや老後に備えて、少しでも貯金をしたいと思うものですが、実際に生活していると、急な…
  2. 飛び込み営業に必要な5つのスキルとできないときの最終手段
    飛び込み営業は、一般的にはブラックなイメージが大きい仕事だと言えますが、うまく契約を取って稼ぐことが…
  3. 転職や就職面接の場面において、正直に答えにくい質問をされる場合が多々あります。そのような質問をされた…
  4. トップ営業マンになるためには、少しでも多くの契約を取る必要があるわけですが、飛び込み型の営業の場合ま…
  5. 新社会人が入社するまでに準備するものリスト、以前はこちらの記事で「男性の新社会人が入社するまでに準備…
  6. 上品な人の10の特徴
    「上品な人」と一緒にいると、なんとなく心地よくて、自分も落ち着いた気持ちで、ワンランク上の振る舞いが…
ページ上部へ戻る