入社時の身元保証人の条件【親・父・友人、誰にすべき?】

入社時に提出しなければならない誓約書、もしくは雇用契約書は通常必ず「身元保証人」を要求されることになります。さてこの「身元保証人」ですが誰にすれば良いか正確におわかりでしょうか。

一般的には両親であることは間違いありませんが、ご両親がいない方もいるでしょうし、また両親より他の身元保証人が望ましい場合も実はあります。そこで今回は入社時の「身元保証人」は誰にすれば良いのか、具体例をもとに説明して参ります。

そもそも身元保証人とはどのような意味?

身元保証人の法的な意味は「従業員の行為によって会社が被った損害を補償することを約束すること」と身元保証の関する法律1条に定められています。

身元保証書の内容を確認すると、保証書に有効期間が定められているケースがあります。その定めがあれば最長5年まで、もし定め自体が書かれていなければ3年とされています。

身元保証書の提出拒否は可能か?

身元保証書の記載内容が不合理であれば、提出を拒否することは可能です。また必要最低限以上の情報の記載を求められたり、プライバシー保護の観点を明らかに超えているものを提出する必要がある場合、それを拒否することも可能です。

ですが、会社側として業務遂行上、必要な手続きであり、また合理的な内容と判断された場合は、採用自体の取り消しを裁判所が認める場合もあるため注意が必要です。

それではいよいよ身元保証人に適した人物は誰なのか、見ていきたいと思います。

身元保証人の条件

最も理想的な身元保証人は両親

まず身元保証人として最も望ましいのは「両親」であることに間違いありません。もし両親が共に働いており、片方が正社員で片方がパートといった場合には言うまでもなく正社員の方の親を身元保証人とした方が良いと言えます。ただし、どんな場合でも両親がベストだという訳ではありません。

例えば両親が働いておらず、現在年金生活者といった場合には身元保証人として不適格と評価される場合があります。優先順位としては両親が1位ですが、あくまで両親のどちらかが「現役で働いている場合」に最も望ましい身元保証人として理解しておいてください。

配偶者

両親についで身元保証人として相応しいのは「配偶者」です。仮に配偶者が専業主婦であり、自身の扶養家族といった場合でも、採用された企業側から特に指示や指定がなければ身元保証人として認めてくれる場合が多いと言えます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. ルート営業で成功するための必要なスキル・工夫・コツ

    サービスの質や料金を基準として、取引先の見直しがシビアに行われる昨今、これまでのルート営業に有りがち…
  2. 仕事ができても臭い上司は嫌われる!加齢臭対策まとめ

    仕事ができても臭い上司は嫌われる!加齢臭対策まとめ

    「あるべき姿の上司」になるために、人格的な問題の改善に徹底し、部下の働きやすい環境を作ったとしても、…
  3. 職場で悪口を言う人の特徴と対処法

    転職・退職の理由のうち人間関係が常に上位を占めるといわれるほど、職場での人間関係が仕事を続けるための…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 面接の場面で転職理由を尋ねられた場合、それが正直な理由であったとしても伝えてはならない理由があります…
  2. 企業経営の環境がグローバル化するにつれ、日本の伝統的雇用形態だった終身雇用制はだんだんと現象の一途を…
  3. ビジネスシーンの中で、「ご尽力」「お力添え」という言葉を使うことがあります。「ご尽力」とは、「目標を…
  4. 従業員から「働きやすい会社」と評価されている会社は、従業員が活き活きとしており組織全体が活気に満ちて…
  5. ビジネスマンの方なら「内部統制」という言葉は御存知でしょうが、その正確な定義について説明を求められた…
  6. 求人情報と言えばかつて求人誌に求人広告を掲載し、広く求人を求める方法、即ち「公開求人」が一般的でした…
ページ上部へ戻る