第二新卒で転職が決まらない人の特徴5つ


④:理想を高くしすぎてしまう

今度こそは転職しなくていいように、自分の理想通りの会社に就職しよう、そう意気込む気持ちは分からなくはないですが、理想を高く持ちすぎることも上手く決まらない原因となることが多いようです。もちろん転職を繰り返すことはあまり良いことはないのですが、しかしながら慎重になりすぎるがゆえに理想を高く設定してしまうことで自分の実力以上の企業ばかり志望してしまうことに繋がります。

理想を高く持つことは大事です。しかし高く持ちすぎても現実はそう簡単にいきませんので、思うような企業への転職は簡単には決まらないはずです。不採用が続くことでモチベーションも下がり、転職活動も上手くいかなくなるケースは多くありあす。こうした悪循環にならないよう、現実を見据えた企業選びをすることも大事です。


⑤:覇気・活気がない

第二新卒ということは前職を早々に退職してしまった経験があるということになります。恐らくその多くの場合、ネガティブな理由による退職であり、そのような経験から肉体的や精神的に疲弊してしまっている状況はよく見かけます。

しかし面接ではそのような個々の状況を考慮してくれるわけではありません。覇気がない、活気がない、そうした印象を与えてしまうことで企業が採用したい人材とは映らないことは明らかだと思います。転職活動が上手く行かず大変な状況であっても、面接などの採用活動の場ではしっかりと元気よく対応することが重要です。



以上、第二新卒で転職が中々決まらない人の5つの特徴についてお話しました。もしかすると自分も当てはまると感じることも多く、ドキッとした人も多いかもしれません。上手く行かない人には共通する特徴が見られることから、まずは意識的にこのような特徴を自覚し改善することが求められます。どれも特別難しいことではないはずです。すぐにでも改善できることも多いので、自分に当てはまる特徴などを客観的に判断しながら、転職活動の参考にしてみて下さい。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業のヒアリング力を向上する2つの方法

    商品が売れなくて困っている営業マンと毎月何千万も受注している営業マンの違いはなんでしょうか。ビジネス…
  2. 「効率」と「能率」の正しい意味・違い

    仕事の効率性を高めるという意味で「効率」という言葉が多用されています。一方で似たような「能率」という…
  3. チームワークを乱す人の特徴と対処法

    チームワークの重要性が叫ばれる一方で、「良い」チームを作ることは非常に難しく、チームワークを乱す人も…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 大手企業に就職した場合とベンチャーに就職した場合では、身につくスキルや知識などが異なってくることは何…
  2. 身内に突然の不幸があり、葬儀に出席、もしくは準備をする場合は忌引き休暇として会社を休むことが出来ます…
  3. 営業マンが女性であっても男性であっても、それぞれ個人的な資質や能力に違いはありますから、女性営業マン…
  4. 「美人は就活が上手くいきやすい」、「顔採用をしている会社がある」などというような面接での顔採用に関す…
  5. 転職の際には、持っていると有利になる資格や条件などがあります。持っていると有利になる資格、満たしてい…
  6. ビジネスメールにおいて、最初の挨拶文や件名が重要だと思われていますが、実は文末や締めの言葉が最も重要…
ページ上部へ戻る