第二新卒で転職が決まらない人の特徴5つ

第二新卒として転職活動を行う際には、新卒時と比べ有利になる点もあれば不利になる点などもあります。今度こそと焦る気持ちとは裏腹に、転職が中々決まらない人も多いかもしれません。上手くいかない人には「上手くいかない理由」があり、そうした人に見られる共通の特徴というものがあります。そこでここでは第二新卒で転職が上手く行かない人、転職が中々決まらない人に見られる特徴、についてお話していきます。なぜ決まらないのか、ご自分の転職活動などと照らし合わせてみてはいかがでしょうか。


転職が決まらないと悩む人に見られる5つの特徴

①:新卒時と同じような気持ち・行動で挑んでいる

まずはっきりと意識しなくてはいけないこととして、自分は第二新卒であるということです。新卒と第二新卒、場合によっては年齢も経験もほとんど変わらないのでは、と新卒時の就職活動と同じように考えている人もいますが、そう考える人の多くはやはり上手くいかないケースが目立ちます。

企業は新卒ではなく、あくまで第二新卒としてあなたを見ている事をまずはしっかりと理解することが大切になります。例えば新卒であれば多少許されたことでも第二新卒ではそうはいきません。まずはこうした心構えの面から自覚を持たないと残念ながら上手くいかないことが多いようです。


②:前職の経験をマイナスにしか活かせていない

新卒で就職したもののすぐに辞めてしまった、第二新卒は企業の採用担当にこうした目で見られることになるわけですが、上手く行かない人の多くはその経験をマイナスにしか出せていないことがあります。業務内容が向いていなかった、職場環境が十分ではなかった、など退職の理由は様々ですが、その経験を転職においてはプラスに活かさなければいけません。前職のことは面接時に聞かれたくない、上手く説明できない、こうした気持ちがあることは理解できますがそれでもほとんどの場合前職のことを聞かれることになるはずです。そうした場面においても前職の経験をどうプラスに活かすことが出来るのか、そしてその経験を面接の場でどう伝えるべきか、しっかりと考えて面接に臨むようにしましょう。


③:転職動機を明確に伝えられない

志望動機は面接時に必ず聞かれる質問の1つですが、上手く行かない人の多くは明確に伝えることが出来ていないようです。やはり転職の動機というのはネガティブなものが多くなりがちです。しかしそれをそのまま伝えたところで採用担当に良い印象を与えることが出来ません。

そう考えるが故に、お茶を濁すような動機しか答えられないケースは多いと思いますが、ここは前向きな動機をしっかりと応えられるようにする必要があります。辞めた理由がネガティブなものであっても、転職動機をポジティブに伝えることが出来るように考えておきましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 真面目系クズの11つの特徴を克服する3つの改善方法

    最近、「真面目系クズ」という言葉を耳にする機会が増えたと感じることはないでしょうか。真面系クズとは簡…
  2. ロジカルシンキング力を日常で鍛えるトレーニング方法まとめ

    ビジネスマン諸氏において、「ロジカルシンキングの力を高めたいが、どうもその方法が良く分からなくて・・…
  3. 上司が怖い原因と3つの対策

    上司が怖い原因と4つの対策

    職場の人間関係に慣れないうちは、相手の性格もわからないため、特に直属の上司が怖いと感じる人も少なくあ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. お世話になっている取引先の事務所等が移転した場合、移転祝いのメールを送ることはマナーと言って良いでし…
  2. 名刺はサラリーマンが絶対に忘れてはいけないものの一つで、常に予備を含めて持ち歩くことが大切です。初対…
  3. 面接は性格や人柄、会社に入社したい熱意を確認するために重要な試験です。また面接者にとって自分を理解し…
  4. ビジネスの場面において時々使う言葉に「失念」があります。主には、業務上で大切なことを忘れてしまったた…
  5. ビジネスマンとして会社と言う組織に属する以上、「出世」は1つの目標でもあり、それは同時にビジネスマン…
  6. 上司との営業同行で心得ておくべき基本マナー13選
    本来であれば、営業先のクライアントとのやりとりに集中すればいいところを、上司が同行するとなれば、お客…
ページ上部へ戻る