送別会で送る側になったときの挨拶例文集【間柄別】

もし送別会で送る側を代表しての挨拶者に指名された場合、旅立つ方々に対してどんな挨拶の言葉を述べれば良いものか、いざ考えるとなるとなかなか難しいものですよね。そこで、送別会で送る側の立場での挨拶に悩んでいる皆さんの参考にして頂けるよう、上司から部下、部下から上司、同僚の3つの間柄別での挨拶例文をご紹介することにします。


①上司から部下への挨拶例

○○君、この度は栄転本当におめでとう。

○○君は大変後輩思いで、自分の時間を犠牲にして
後輩営業マンのロープレに長時間付き合い指導を行う等、
献身的に後輩の育成にも力を注いでくれました。

○○君が積み上げてきた素晴らしい数字上の実績だけでなく、
そうした自己犠牲をいとわず後進を育てようとしていた○○君の姿勢も
高く評価されたことが、今回の栄転へと結びついたと考えています。

それだけに、特に後輩社員の諸君にとっては
頼りになる後輩思いの先輩がいなくなり、寂しさも感じるだろうけど、
自分が成長することが○○君に対する最大の恩返しだと考え、
どうか○○君の分まで頑張って欲しい。

○○君、新天地では○○君らしさを忘れることなく
持ち前のパワーで頑張ってください。
君が向こうへ行っても大活躍することを期待しています。
今まで本当にありがとう。


②部下からの上司への挨拶例

○○課長、ご栄転誠におめでとうございます。

課長の栄転は大変嬉しく思える反面、
同時に課長とお別れとなることは正直、寂しくてしょうがありません。

私がこの課へと配属されてから5年が経過しますが、
この5年間、課長の下で仕事ができたことは
私にとってかけがえのない財産であり、貴重な経験となりました。

特に私が配属されて間もない頃、プロジェクトで大きなミスをしでかし
会社にも多大な迷惑をかけてしまった時、課長は私を叱ろうとしないどころか
「こんなことでくじけるな」と懸命に励まし続けてくれた上、
上席からの厳しい指摘に対しても全力で私を庇ってくれました。
あの時の課長の励ましにどれだけ救われた思いがしたか、
課長には感謝しても仕切れません。

今日を持って課長ともお別れとなってしまうことは甚だ残念ですが、
ご恩に報いるためにも課長から教えて頂いたことを忘れることなく、
今後の業務に尚一層精進する所存です。
どうか健康には十分留意された上で、新店舗でご活躍ください。
5年間のご指導、本当に有難うございました。


③同僚への挨拶例

○○さん、○○さんと約3年半、
同僚として楽しく一緒に仕事ができたことを心から感謝しています。

私達同僚は○○さんの人懐っこい笑顔のお陰で幾度と無く気持ちが和んだり、
仕事で落ち込んでいる時でも笑顔に戻ることができました。
そのお陰で、売上げが悪い時には
ついつい全体の雰囲気が暗くなることが多かった私達の課は
いつも笑顔が絶えない、社内で一番と言って良いぐらい、
いつも明るい課になることができましたが、
その立役者となった○○さんがいなくなることは
正直、寂しくないと言えば嘘になります。

でも、こんな時でも笑顔を絶やさないのが
私達のモットーとなりましたので、いつもどおり笑顔で
○○さんを送り出したいと思います。○○さん、今まで有難うございました。
その優しい、人懐っこい笑顔をぜひ転勤先の皆さんにも
振りまいてあげてください。
○○さんの転勤先での活躍、私達同僚一同心より祈念しております。


最後に、送別会の挨拶を考える上でのポイントを一つだけお伝えします。ご紹介した例文をご覧になって皆さん気付かれたかと思いますが、型通りの定型的な挨拶をするのではなく送り出される人にまつわる具体的なエピソードを交えることです。勿論、送り出される側にとって名誉なエピソードが望ましいことは言うまでもありませんが、本人が不名誉にはならない微笑ましいレベルの失敗談なら、場を盛り上げる意味で挨拶の中に含めても良いでしょう。例文を参考に皆さんなりにアレンジし、送られる側に感謝される素敵な挨拶をぜひ考えてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. テレアポのコツ10選【法人営業編】

    法人営業のプロセスにおいて「テレアポが苦手…」と悩む営業マンは少なくないと思います。営業の入り口とな…
  2. 上司・先輩・同僚の違い

    社会人になると、職場に上司・先輩・同僚などの立場の人と上手く付き合っていく必要があります。しかし、役…
  3. 【創意工夫】相手の印象に残る名刺の作り方

    【創意工夫】相手の印象に残る名刺の作り方

    ビジネスパーソンの必須アイテムともいえる名刺、会社の新人研修でもまず行われるのが名刺交換のお作法とい…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 大企業に在籍していながら、「自分の実力で勝負してみたい」といった理由等から敢えてベンチャー企業への転…
  2. 就活は最終的には学生個々の資質や人間性、能力が評価されて採用に至りますが、一般的な傾向として体育会系…
  3. お世話になった上司が職場を去る場合、新たな人生の門出を祝う意味とこれまでの感謝の意味を込めてできるだ…
  4. 皆さんは「無形商材」という言葉についてご存知でしょうか。「無形商材」とは文字通り形のない商品のことで…
  5. 皆さんは同僚や上司への連絡メール等の中で、「取り急ぎ」と言う言葉を使用する場合があると思いますが、「…
  6. 「今日は会社に行きたくない」会社員の方なら誰もが一度は思った経験があることと言って良いでしょう。では…
ページ上部へ戻る