失敗する経営者の4つの特徴

会社が30年以上生存する確率は1%未満と言われています。それだけ会社というものは設立することより存続させることが如何に難しいかと言うことであり、ある程度の成功を収めていた経営者であっても長期間の会社経営の中で失敗を犯し、経営に行き詰まってしまうことが決して少なくないことを物語っていると言えます。そこで今回は既に経営者となってある程度の経験やキャリアを積んできたにも関わらず失敗してしまう人物像にスポットを当てて、その特徴を明らかにして参ります。


①傲慢さの増大

経営者としてある程度キャリアを積むにつれて傲慢になってしまう人が、失敗する経営者に多い特徴です。経営者は人に指示を出すことが主な仕事となるために時間と共に指示される側の立場や気持ちに疎くなりがちです。また、多くの経営者は時に部下の反対を押し切って自分の指示を貫徹させたことで一定の成功を収めたという経験を有しています。それだけに、謙虚でいることの方が難しいと言っても過言ではありません。

「反対する理由はわかるが俺が責任を持つのでどうか従って欲しい」と「黙って俺の言うとおりにしていれば上手くゆくんだ」では部下の立場にすれば全く意味が違います。そうした傲慢さが増大してゆけばやがて周囲の反発や離反を招き、会社経営が行き詰まってしまうことになります。


②過信の増大

経営者は確実な保証など何もない事業に投資を行い、成功を重ねることで会社を存続させることができます。しかし成功体験が重ねなるということは「自分の読みや狙いはあたる」という体験が積み重ねられることになります。この体験を重ねても尚常に謙虚であり続けられる経営者は失敗しませんが、この成功体験によって自分を過信するようになった経営者は先々経営に行き詰まることになります。

従って「自分は時代の先を読む天才だ。自分が成功すると思った事業は必ず成功する」といった根拠のない自信を持つようになったら、要注意の経営者と言えます。


③成功体験にしがみついてしまう

冒頭でお伝えしたとおり会社経営を存続させることはとても難しいことですが、会社を立ち上げて軌道に乗せることも決して容易なことではありません。一定期間、経営を維持できた経営者とは、会社を立ち上げて軌道に乗せるという難度の高い仕事を経営者としてやってのけたという成功体験を有しています。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 口答えはNGか【上司に言い返す時の上手い伝え方】

    口答えはNGか【上司に言い返す時の上手な伝え方】

    上司に怒られたことに納得がいかず、感情的になって口答えしてしまったことのある人はきっと少なくないと思…
  2. 営業ができる人とできない人の3つの違い

    営業マンの評価は「営業成績」で決まるといっても過言ではありません。 そのため、営業の世界は…
  3. 可愛くない部下に共通する11の特徴

    可愛くない部下に共通する11の特徴

    上司が他の部下を可愛がる姿を見て、「なぜあの人が・・・」と思うことはありませんか。可愛がられる部下と…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 転職について様々な角度から考え、情報発信している当サイトで今回取り上げるテーマは「今の職場で出世でき…
  2. 会社説明会は面接の場ではありませんが、そこには皆さんの採用を左右する人事担当者の方が見えている訳です…
  3. 新入社員にとって、上司との営業同行は営業現場で商談を目の当たりにしながら学べる絶好の機会と言えます。…
  4. 「好きな言葉はなんですか」という質問も、面接での定番と言って良いほどよく聞かれる質問の一つです。では…
  5. 商談場所や待ち合わせでカフェや喫茶店を利用するときでも、社会人であればマナーに注意しないといけません…
  6. 退職後、失業保険等の請求において必要になってくる書類が「離職票」です。この離職票ですが退職すれば自動…
ページ上部へ戻る