エビデンスの意味と正しい使い方

「エビデンス」という言葉の意味や使い方について説明を求められた場合、皆さんは正確に説明できる自信はありますか。エビデンスに限らず、ビジネスで使用している言葉なら簡単そうに思える言葉であっても正確な意味を理解しているか、適切な使い方をしているかを確認しておくことが大切です。そこで今回はエビデンスの正確な意味と使い方について、ご紹介することにします。

「エビデンス」とは

エビデンスとは

まず「エビデンス」の一般的意味から確認しましょう。エビデンスは英単語「evidence」から由来してた外来語で、日本語の意味としては「証拠、根拠、形跡」といった意味になります。もっとも意味はご存知だったという方は多いと思われますが、日常会話で登場することはあまりありません。また、一般的なビジネス用語として普及しているとまでは言えません。ではどのような場面で使用されているのでしょうか。

医療業界とIT業界における「エビデンス」の意味合い

エビデンスという言葉は”業界用語”という表現が適切です。その上で、「エビデンス」の意味合いは使用される業界によって多少異なってきます。「エビデンス」という言葉を使っている業界としてまず医療機関があげられます。

医療業界で「エビデンス」は、病気を治療する上で「効果がある、適切であると言える臨床結果や科学的根拠等」を総称的に表現する言葉として用いられています。広く言えば「証拠」「根拠」ですが、医療業界では主に治療の裏付けとしての意味合いとなり、「証拠」という一般的な言葉の代用として「エビデンス」が使用されている訳ではないのです。

次にIT業界においても「エビデンス」は使用されていますが、IT業界における「エビデンス」とは「プログラムやシステムが要望どおりに動作していることを証明するもの」を指す場合の言葉として、主に使用されています。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 年下上司を利用するつきあい方

    年下上司を利用する3つの付き合い方

    会社組織の在り方は変わり、人事評価では年功序列が当たり前だった時代は終わりを告げ、年下でも実力があれ…
  2. 営業マンのビジネススーツマナーまとめ

    営業マンのビジネススーツマナーまとめ

    入社した会社で営業職として働くことになった場合、ビジネススーツの着用が必須といえます。営業マンは社外…
  3. 体調不良で会社を休む時の電話連絡マナー

    体調不良で会社を休む時の電話連絡マナー

    朝、目が覚めたときに、体がだるいと感じたり、熱があるときは、風邪などの病気の可能性があります。体調不…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 上司は時としてその職責を全うするために、多少部下に嫌われることも覚悟して仕事へ取り組まなければならな…
  2. ビジネスマンとして成長するために、インプットとアウトプットはともに欠かせないことでもありますが、どち…
  3. 営業マンが売上を上げてゆくためには、アポイントや商談件数等ある程度の数を増やす努力が必要ですが、数だ…
  4. ビジネスシーンでは響きや意味のよく似た言葉などがあり、時にはその意味を履き違えていたり間違って使って…
  5. ビジネスメールのやり取りにおいて、メールを送信する相手に添付書面の内容を確認してもらう時などに、文末…
  6. 心が狭い人の6つの特徴
    「この人、心が狭いなあ」 相手の行動や発言に対して、なんとなく不快な気持ちを抱いてしまった…
ページ上部へ戻る