エビデンスの意味と正しい使い方

「エビデンス」という言葉の意味や使い方について説明を求められた場合、皆さんは正確に説明できる自信はありますか。エビデンスに限らず、ビジネスで使用している言葉なら簡単そうに思える言葉であっても正確な意味を理解しているか、適切な使い方をしているかを確認しておくことが大切です。そこで今回はエビデンスの正確な意味と使い方について、ご紹介することにします。

「エビデンス」とは

エビデンスとは

まず「エビデンス」の一般的意味から確認しましょう。エビデンスは英単語「evidence」から由来してた外来語で、日本語の意味としては「証拠、根拠、形跡」といった意味になります。もっとも意味はご存知だったという方は多いと思われますが、日常会話で登場することはあまりありません。また、一般的なビジネス用語として普及しているとまでは言えません。ではどのような場面で使用されているのでしょうか。

医療業界とIT業界における「エビデンス」の意味合い

エビデンスという言葉は”業界用語”という表現が適切です。その上で、「エビデンス」の意味合いは使用される業界によって多少異なってきます。「エビデンス」という言葉を使っている業界としてまず医療機関があげられます。

医療業界で「エビデンス」は、病気を治療する上で「効果がある、適切であると言える臨床結果や科学的根拠等」を総称的に表現する言葉として用いられています。広く言えば「証拠」「根拠」ですが、医療業界では主に治療の裏付けとしての意味合いとなり、「証拠」という一般的な言葉の代用として「エビデンス」が使用されている訳ではないのです。

次にIT業界においても「エビデンス」は使用されていますが、IT業界における「エビデンス」とは「プログラムやシステムが要望どおりに動作していることを証明するもの」を指す場合の言葉として、主に使用されています。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【部長必見】営業部門でありがちな10の課題・問題点

    【部長必見】営業部門でありがちな10の課題・問題点

    営業部門の課題としてよくあげられることに「営業担当が受け持つそれぞれの顧客との取引状況が管理・把握で…
  2. できる営業マンの特徴10選!これであなたも結果にコミットできる!

    できる営業マンの特徴10選!これであなたも結果にコミットできる!

    できる営業マンには共通する特徴があります。頑張っているのになかなか成果が上がらない人は、まずはできる…
  3. 【香典の金額・相場】上司・部下・親族が亡くなったとき

    【香典の金額・相場・マナー】上司・部下・親族が亡くなったとき

    冠婚葬祭の機会、けっこう多いのではないでしょうか。なかでも不幸の知らせなどは突然やってくるものです。…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. どんなに優れたプレゼン資料、或いは提案の中身であったとしても、プレゼンでの話し方や話しぶりが悪ければ…
  2. 上司との営業同行で心得ておくべき基本マナー13選
    本来であれば、営業先のクライアントとのやりとりに集中すればいいところを、上司が同行するとなれば、お客…
  3. 上司や目上の人と会話するときは、相手に伝える表現を間違えてはいけません。ですが口語の表現は非常に難し…
  4. 社会人にとって身だしなみは必須のマナー、不潔と感じられるようであれば社会人失格です。特に女性は身だし…
  5. 「思ったように受注数が伸びない」とお困りの場合、もしかしたらその原因は提案書にあるかもしれません。提…
  6. 例えば時間に余裕をもって商談先へ向かったにもかかわらず、交通機関のトラブルで遅刻してしまい、商談がダ…
ページ上部へ戻る