エビデンスの意味と正しい使い方

「エビデンス」という言葉の意味や使い方について説明を求められた場合、皆さんは正確に説明できる自信はありますか。エビデンスに限らず、ビジネスで使用している言葉なら簡単そうに思える言葉であっても正確な意味を理解しているか、適切な使い方をしているかを確認しておくことが大切です。そこで今回はエビデンスの正確な意味と使い方について、ご紹介することにします。

「エビデンス」とは

エビデンスとは

まず「エビデンス」の一般的意味から確認しましょう。エビデンスは英単語「evidence」から由来してた外来語で、日本語の意味としては「証拠、根拠、形跡」といった意味になります。もっとも意味はご存知だったという方は多いと思われますが、日常会話で登場することはあまりありません。また、一般的なビジネス用語として普及しているとまでは言えません。ではどのような場面で使用されているのでしょうか。

医療業界とIT業界における「エビデンス」の意味合い

エビデンスという言葉は”業界用語”という表現が適切です。その上で、「エビデンス」の意味合いは使用される業界によって多少異なってきます。「エビデンス」という言葉を使っている業界としてまず医療機関があげられます。

医療業界で「エビデンス」は、病気を治療する上で「効果がある、適切であると言える臨床結果や科学的根拠等」を総称的に表現する言葉として用いられています。広く言えば「証拠」「根拠」ですが、医療業界では主に治療の裏付けとしての意味合いとなり、「証拠」という一般的な言葉の代用として「エビデンス」が使用されている訳ではないのです。

次にIT業界においても「エビデンス」は使用されていますが、IT業界における「エビデンス」とは「プログラムやシステムが要望どおりに動作していることを証明するもの」を指す場合の言葉として、主に使用されています。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 人見知りが営業マンに向いている5つの理由

    人見知りが営業マンに向いている5つの理由

    人見知りは、できる営業マンから最もかけ離れたタイプの人……という印象を持っていないでしょうか。けれど…
  2. 出向と派遣の意味の違い

    ビジネスシーンでは響きや意味のよく似た言葉などがあり、時にはその意味を履き違えていたり間違って使って…
  3. 上司や目上の人に「頑張ってください」は失礼?応援時の正しい敬語の使い方

    上司や目上の人と会話するときは、相手に伝える表現を間違えてはいけません。ですが口語の表現は非常に難し…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 転職において第一関門となる書類選考を突破するためには、履歴書や職務経歴書が重要になってくることは申し…
  2. お世話になった上司が職場を去る場合、新たな人生の門出を祝う意味とこれまでの感謝の意味を込めてできるだ…
  3. 面接試験では「定番」と呼ばれる質問事項がいくつかありますが、今回のテーマである「最近気になったニュー…
  4. 【あなたは大丈夫?】たちの悪い人・上司・女性に共通する特徴まとめ
    残念ながら、身近なところに「たちの悪い人」って少なからず一人は存在します。距離感のある間柄なら大した…
  5. 営業マンにとって大事な数字、「営業成績」。売上が悪い月などはノルマが達成出来ず気が重くなることもしば…
  6. 多くの営業マンの皆さんは大なり小なり「ノルマ」達成というプレッシャーと日々戦いながら、営業活動に勤し…
ページ上部へ戻る