株式会社設立の手続き方法と費用一覧

これから起業をしたいと考えている方や、既に個人事業主として経営をしている方も一度は株式会社とはどういうものかを調べたことはあると思います。調べたことがない方は、株式会社は、大株主の発言権が強い、経営権をめぐり対立をすることがある、下手をすると乗っ取られるおそれがあるというネガティブなイメージをお持ちではありませんか?実際は、そのようなことは全体から見てみると非常に珍しく、多くの中小企業は、株券を発行しない、株式の譲渡に制限をかけることができるなど、立ち上げた事業や会社を手放さなくてもいいようにカスタマイズすることができます。

また、実際に株式会社を設立しようとすれば、多少なりとも費用がかかります。その費用も、設立手続きの方法によって変わってきます。今回の記事では、設立手続きの方法と費用について詳しく見ていきたいと思います。

株式会社設立手続きの方法と費用は4パターン

株式会社設立手続きの方法と費用は、株式会社の資本金をどう集めるか、そして、株式会社設立登記の手続きを誰がやるかで大きく変わってきます。それぞれ2つの選択肢があり、4パターンの組み合わせができます。その4パターンとは、次のとおりです。

会社設立をする際の4つの登記手続きの方法

  1. 発起設立×司法書士などに依頼
  2. 募集設立×司法書士などに依頼
  3. 発起設立×自分で手続き
  4. 募集設立×自分で手続き

「発起設立」や「募集設立」など、普段聞きなれない言葉も含まれていますが、それぞれの意味や方法を一つずつ解説していきます。まずは発起設立から見ていきましょう。

発起設立とは

発起設立は、ごくスタンダードな資本金の集め方です。事業を立ち上げて会社を作りたいと思った方だけが、資金を出す、または複数人で独立する場合は、資金を出し合います。一人で出資することも複数人の仲間で出資をすることもできます。自分で会社を立ち上げ、会社設立のためのお金自体も自分自身で用意する人は「発起設立」になります。

募集設立とは

募集設立は、まず事業を立ち上げて会社を作りたいと思った方が、一部の資金を出す、または出し合います。そして、事業の規模が大きく、多額の資本金や設備投資を要する場合に、投資家など株式の出資引き受けをお願いして募集をかけていくものです。事業を運営していく人と、お金を出資する人が別の場合が募集設立に当てはまります。

司法書士などの専門家に依頼する場合

資本金の集め方が決まれば、定款などの作成に入り、会社設立の手続きへと移行していきます。定款はわかりやすくいえば、会社のルールブックのようなもの。公証役場や法務省法務局のホームページで定款の資料が公開されていますので参考にされても良いでしょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 自分の性格を変える12の方法

    「できれば自分の性格を変えたいが、云10年以上にわたって築かれた自分の性格はそう簡単には変えられない…
  2. 営業のヒアリング力を向上する2つの方法

    商品が売れなくて困っている営業マンと毎月何千万も受注している営業マンの違いはなんでしょうか。ビジネス…
  3. 営業事務職に向いている人の特徴・向かない人との違い

    営業事務も一般事務も、事務職という点では違いはありませんが、それぞれに求められる適性や資質、必要なス…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 日本において夏といえば海水浴等のレジャーを想起したり、スイカやカキ氷といった食べ物を想起されることが…
  2. 日本語は同じ読み方をする上、使用されている漢字そのものも似ているといった言葉が少なくありません。今回…
  3. 企業によっては朝礼でスピーチが行われるところも多いのではないでしょうか。順番で担当が変わるような場合…
  4. 皆さんがお勤めの会社の社長は「ワンマン社長」と呼ばれるタイプの方でしょうか。「ワンマン社長」はどちら…
  5. 転職を考えた際にネックになるのが「退職時のトラブル」です。退職するということは、新しい道に進む自分に…
  6. 皆さんは日々「自己啓発」に取り組んでおられるでしょうか。自己啓発を通じて自分の意識や能力が向上すれば…
ページ上部へ戻る