【今さら聞けない】返信用封筒の宛名の書き方マナー

返信用封筒は特にプライベートなどでは頻繁に利用する機会はないため、書き方のマナーについて熟知しているという方はおそらく限られるでしょう。それだけに、いざお客様や大切なクライアントに返信用封筒を送る必要が生じた場合には相手に失礼がないようマナーには十分留意したいものです。そこで今回は返信用封筒のマナーの中で「宛名の書き方」にフォーカスし、そのマナーについてご紹介します。


①自分の名前には「宛」または「行」のどちらかを使用する

返信用封筒返信用封筒の宛名の書き方で最も気をつけなければならないのは、「自分の名前に敬称の「様」や「殿」を使用しない」ということです。自分の名前に「様」等の敬称を付けてしまうのはマナー違反と言うより、受け取った側から「常識を知らない」と思われかねないぐらいみっともないことなので、この点は「ついうっかり書いてしまった」といったことがないよう厳に気をつける必要があります。

では自分の名前には敬称の代わりに何を書けばよいかと言うことですが、「宛」もしくは「行」のどちらかを書くと覚えておきましょう。尚、この「宛」と「行」はどちらを使用してもマナー上問題ありません。中にはビジネスでは「行」の方が望ましいとする意見もあるようですが、実態としてそれほど厳格な区分が存在している訳ではありませんので、ビジネス用途であっても「宛」または「行」のどちらを利用しても問題はありません。

優秀な人材・仕事ができる人に共通する6つの特徴


②封筒の向きで縦書きか横書きかを判断する

宛名返信用封筒の宛名書きでもう一つポイントを上げるなら、縦書きか横書きかは使用する封筒の向きによって判断するということです。

縦向きの封筒なら縦書きに、横向きの封筒なら横向きに宛名を書くことが基本です。近年、縦書きの封筒に横書きの宛名ラベルを貼り付けたものが増加した影響からか、縦書き封筒に横書きの住所や宛名を書くケースをよく見かけます。

マナー違反とまでは言えないものの、封筒の向きと宛名の向きが異なるのはあまり望ましくありませんので、せめて返信用封筒にはそのような点にも気を配るようにしましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 人望が厚い人に共通する7つの特徴

    皆さんの周りにも人望が厚い人物がいると思います。その一方で、周囲に信頼してもらえない、人望がない人物…
  2. 真面目系クズの11つの特徴を克服する3つの改善方法

    最近、「真面目系クズ」という言葉を耳にする機会が増えたと感じることはないでしょうか。真面系クズとは簡…
  3. 自己評価が高い人・自己評価が低い人に共通する5つの特徴

    自己評価とは「自分で自分についての評価をすること」。自己評価をする目的は、目標に対する実績や行動を自…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 「今日は会社に行きたくない」会社員の方なら誰もが一度は思った経験があることと言って良いでしょう。では…
  2. 女性のおしゃれの代表でもあり人気のあるネイル。もちろん学生の時やネイルをしていてもOKという仕事であ…
  3. 新入社員にとって、上司との営業同行は営業現場で商談を目の当たりにしながら学べる絶好の機会と言えます。…
  4. 上司は時としてその職責を全うするために、多少部下に嫌われることも覚悟して仕事へ取り組まなければならな…
  5. 会社説明会に参加する場合の服装はリクルートスーツで臨むことが基本であり、マナーと言えます。しかしなが…
  6. 上司や目上の人と会話するときは、相手に伝える表現を間違えてはいけません。ですが口語の表現は非常に難し…
ページ上部へ戻る