【今さら聞けない】返信用封筒の宛名の書き方マナー

返信用封筒は特にプライベートなどでは頻繁に利用する機会はないため、書き方のマナーについて熟知しているという方はおそらく限られるでしょう。それだけに、いざお客様や大切なクライアントに返信用封筒を送る必要が生じた場合には相手に失礼がないようマナーには十分留意したいものです。そこで今回は返信用封筒のマナーの中で「宛名の書き方」にフォーカスし、そのマナーについてご紹介します。


①自分の名前には「宛」または「行」のどちらかを使用する

返信用封筒返信用封筒の宛名の書き方で最も気をつけなければならないのは、「自分の名前に敬称の「様」や「殿」を使用しない」ということです。自分の名前に「様」等の敬称を付けてしまうのはマナー違反と言うより、受け取った側から「常識を知らない」と思われかねないぐらいみっともないことなので、この点は「ついうっかり書いてしまった」といったことがないよう厳に気をつける必要があります。

では自分の名前には敬称の代わりに何を書けばよいかと言うことですが、「宛」もしくは「行」のどちらかを書くと覚えておきましょう。尚、この「宛」と「行」はどちらを使用してもマナー上問題ありません。中にはビジネスでは「行」の方が望ましいとする意見もあるようですが、実態としてそれほど厳格な区分が存在している訳ではありませんので、ビジネス用途であっても「宛」または「行」のどちらを利用しても問題はありません。

優秀な人材・仕事ができる人に共通する6つの特徴


②封筒の向きで縦書きか横書きかを判断する

宛名返信用封筒の宛名書きでもう一つポイントを上げるなら、縦書きか横書きかは使用する封筒の向きによって判断するということです。

縦向きの封筒なら縦書きに、横向きの封筒なら横向きに宛名を書くことが基本です。近年、縦書きの封筒に横書きの宛名ラベルを貼り付けたものが増加した影響からか、縦書き封筒に横書きの住所や宛名を書くケースをよく見かけます。

マナー違反とまでは言えないものの、封筒の向きと宛名の向きが異なるのはあまり望ましくありませんので、せめて返信用封筒にはそのような点にも気を配るようにしましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 部下に嫌われる「ダメな上司」の25の特徴【セルフチェック付き】

    上司の皆さん、皆さんは職場の部下や後輩から嫌われてはいないでしょうか。上司として、多少嫌われることを…
  2. 営業で緊張を克服する7つの方法

    営業で緊張を克服する7つの方法

    営業マンの商談場面を思い浮かべると、話をスマートかつ上手に展開するイメージがあります。しかし、実際に…
  3. 職場のストレスは病気の原因に!ストレス解消方法まとめ

    仕事のストレスをためてしまうと、心身に症状がでたり、やる気やモチベーションが上がらない原因になってし…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 「思ったように受注数が伸びない」とお困りの場合、もしかしたらその原因は提案書にあるかもしれません。提…
  2. 大手企業に就職した場合とベンチャーに就職した場合では、身につくスキルや知識などが異なってくることは何…
  3. 営業マンや営業経験者を中心に「ノルマが厳しいから転職することを決断した」という方は、決して少なくあり…
  4. 会社説明会に参加する場合、意外と悩ましい問題となるのが「説明会会場への到着時間」です。遅刻はナンセン…
  5. 当サイトの他記事において、ポイントやマイルの貯め方等についてご紹介しましたが中には「それって大丈夫?…
  6. 顧客が怪我をして入院する・・・頻繁に起こることではないだけに、顧客へ送るお見舞いメールを書き慣れてい…
ページ上部へ戻る