封筒での正しい「御中」の書き換えと「行」「宛」の消し方

封筒などの返信する時の、正しい表書きをご存知ですか?宛名は、手紙の第一印象にあたるもので、あなたの印象を左右する大切な所です。どんなに内容が良くても表書きが間違いであれば好印象になりません。今回は好印象をキープできる、正しい使い方をわかりやすく解説します。


そもそも御中にはどんな意味があるのか?

手紙や書類を送る際に、「御中」という言葉を付け加えますが、この「御中」は送り先関係なく書けばいいというものではありません。基本的に「御中」を利用する場合は、官庁・会社・団体などへ送るときです。ですので、個人宛に封筒を書くときは「御中」とは記載しません。

なかには「行」という言葉を丁寧にしたのが「御中」だと勘違いしている方もいますが、本来の意味はだれが開封をしてもOKという意味を持っています。「御中」を使うシーンは多いですが、使い方を間違えてしまうと常識のない人だと思われてしまいますので、書き方や認識を間違えないようにしましょう。


書き方を間違えてしまうとマナー違反になる

ビジネスシーンで多い往復はがきや返信用封筒については送る側は、「行」という文字を封筒に記載します。わざわざ、返信用封筒に「御中」書いてくる企業というのは多く存在しません。そういった基本的なビジネスマナーは取引にも影響することがあるので、常識をして身に着けておく必要があります。

「行」を訂正せずそのまま利用してしまうと、失礼にあたりますし、ビジネスマナーが身についていないということになります。これは、基本となりますので、マナー違反をしないように訂正方法しっかり把握しておく必要があります。

次のページで具体的に解説していきます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 就活・転職の面接で好印象を与える逆質問例

    面接の最後に、面接官から「何かご質問等はありますか?」と逆質問をされることがほとんどかと思いますが、…
  2. 法人営業と個人営業の違い【仕事内容・年収・スキル・大変さ】

    営業職は「法人営業」と「個人営業」でよく区分されて論じられる場合が多いのですが、皆さんは両者の違いに…
  3. 働きがいのある会社の条件7つ

    入社してから定年までを1つの会社で勤め上げる終身雇用制度から、より良い職場を求めて転職を行う働き方へ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 多くの営業マンの皆さんは大なり小なり「ノルマ」達成というプレッシャーと日々戦いながら、営業活動に勤し…
  2. 給与明細には実に様々な見出しや項目等が並んでいるため、「これは一体なんだろう」と思った項目がいくつか…
  3. 退職の意思を伝える場合には、その内容もさることながら伝える時期や時間帯、つまりタイミングというものが…
  4. 会社説明会は面接の場ではありませんが、そこには皆さんの採用を左右する人事担当者の方が見えている訳です…
  5. 電話で相手の声が聞き取りづらい時、皆さんはどのように対処されていますか。同僚や友人の場合はともかく、…
  6. もし皆さんが年上の部下とのコミュニケーションの取り方に悩んでいるとしたら、皆さん自身の考え方等で見直…
ページ上部へ戻る