大手企業から独立・起業するときに気を付けるべきポイント5つ

社会人として経験や実績を積み、自分のビジネススキルなどにも自信が付いてきた頃に考えるのが「独立」や「起業」です。会社員として大手企業などで実力を発揮するのも1つの人生だと言えますが、独立起業してビジネスを立ち上げてみたい、自分の力を試してみたい、そう思う人も男性には多いと言えるのではないでしょうか。そこでここでは大手企業から独立、起業する際に気を付けるべきポイントについて解説していきたいと思います。


大企業だから出来たこと

在職中に出来たことは大企業に勤務していたからこそ出来たこと、こう考えることは非常に重要です。大きな会社で働く中で当たり前だと感じていたことも、独立起業後は通用しないことが多くあります。特にコストや人材などビジネスの規模などについては慎重に検討することが求められ、在職時のそのままの感覚で起業することは非常に危険です。まずはこのような前提をお話したうえで、大手企業からの独立、起業で気をつけるべきポイントを5つに分けて詳しくお話していきたいと思います。


①独立前に仕事、人脈を確保しておくこと

独立後に必要となる仕事や人脈などはとにかく在職中に確保しておくことが大切です。独立することでお客さんがいくらかはついてきてくれるだろうなどの甘い見通しだと、蓋を開ければ全くお客さんが付かないと慌てふためくことになります。また、全く売り上げのない状態でのスタートより、わずかでも売上のある状態でのスタートの方が精神的余裕にも繋がります。とにかく独立企業後は時間的、金銭的、精神的余裕がなくなることがほとんどです。在職中の余裕のある時にこれらを確保しておくことは大事です。


②大手企業という看板あっての自分を認識しておくこと

大手企業という看板があってこそ仕事が取れていた、こうした謙虚で冷静な分析が重要です。在職中に多くのお客さんを抱えていたとしても、独立後にそれらのお客さんがついてきてくれるかどうかは分かりません。また場合によっては既存のお客さんの関わりを禁止されるケースも考えられます。独立起業時にはどうしても自分の力を過信しがちになり、謙虚な姿勢を忘れがちになります。


③営業スキルを磨いておくこと

独立起業する際のビジネスアイデアがいくら優れたものであっても、それ自体が仕事を取ってくるわけではありません。仕事を取るための営業力を磨いておくことを忘れてはいけません。優れたシステムを開発しても、その魅力を伝え、使ってもらうことが出来なければ売上を生み出すことは出来ません。価値の高い資格を取得してもそれだけで勝手に仕事が舞い込んでくるとは限りません。価値の高さやスキルの高さを売り込み伝えることが出来るだけの営業力は磨いておくことが求められます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 上司の身内に不幸があったときの弔電・葬儀マナー【お悔やみメール例文】

    上司の身内に不幸があったときの弔電・葬儀マナー【お悔やみメール例文】

    長い会社勤めの中では、上司の身内の方に不幸があり、訃報の連絡を受けることもあるでしょう。上司の身内に…
  2. 成長する人と成長しない人の9つの違い

    入社した時期は同じでも数年後にはビジネスマンとして著しく成長し出世を果たす人もいれば、一向に成長でき…
  3. 圧迫面接の意図と3つの対処法【質問例つき】

    就活や転職では避けて通れない個人面接。そのなかでも、就職希望者の皆さんが最も恐れる、もしくは苦手意識…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ビジネスメールを送る際に頭を悩ませる、冒頭の挨拶文。どんなことを書けばいいのかメールを送る際に毎回悩…
  2. 営業担当者にとって、商談が成立した瞬間はとても嬉しいものです。商談成立を目標にこれまで努力してきたの…
  3. ビジネスマンとして成長するために、インプットとアウトプットはともに欠かせないことでもありますが、どち…
  4. 男性上司や同僚の転勤が決まった場合、転勤は上司や同僚にとって新たな門出でもある訳ですから、送り出す側…
  5. 本命ではなかった企業へ内定承諾書を提出した後、本命企業からの内定をもらうことは十分考えられるケースで…
  6. 負けず嫌いな性格の人の7つの特徴
    あなたの会社に、負けず嫌いな人はいるでしょうか。周囲の人よりも良い成績を出したいという強気でアグレッ…
ページ上部へ戻る