上司や顧客とエレベーターやタクシーに乗るときのマナー

今回は顧客や上司と乗り物に乗って移動するときのマナーを解説していきます。仕事ではさまざまなシーンに応じたビジネスマナーをわきまえておく必要がありますが、乗り物の移動時でも上座・下座は存在します。相手に失礼のないよう、しっかり覚えておきましょう。それではエレベーターのマナーから見ていきましょう。

エレベーターに乗るときのマナー

エレベータのマナー

エレベーターの乗り降りは上司やお客様の動向を探り、一歩引いた態度で乗るようにしましょう。そのときはタイミングと呼吸を読みながら、全員がどのように動くかを察知すれば、失礼なく対応できます。具体的にエレベーターに乗る場所や注意点を見ていきましょう。

エレベーターに乗るときの場所・順番

エレベーターの上座

  • エレベーターのドアを押さえて、先に上司や顧客に乗ってもらいます。
  • 自分は最後に乗り込み、操作板の前に立つようにします。
  • 降りる階層まで来たら、全員が出るまで操作板の「開ボタン」を押しておき、自分は最後に出るようにしてください。

操作板の前に立つときは、上司や顧客に背を向けないよう注意してください。また、自分が先にエレベーターから降りるときは、「お先に失礼します」とひと言伝えてから降りるようにしましょう。

車に乗るときのマナー

タクシー

車に乗るときの席次は大きく分けて3種類あります。それはタクシーなどの運転手がいる場合と、上司やお客様など当事者のうちの誰かが運転する場合です。それぞれのケースで上座・下座の場所も変わってくるため、注意してくださいね。

タクシーなどの運転手がいる場合

タクシーの上座

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 肩こりの原因とデスクワークでの正しい姿勢・椅子の座り方

    「最近、腰痛や肩こりに悩まされていて・・・」 今や腰痛や肩こりは老若男女問わず数多くの人が…
  2. 「思い」と「想い」の意味・違い

    「思い」と「想い」の意味・違い

    日本語には多くの同音異義語がありますが、一見同様に見える言葉にも、日本語には「微妙なニュアンス」の違…
  3. 営業が楽しいと感じる6つの瞬間

    営業の楽しい・辛い理由を大公開!向き不向きを判断する6つの特徴つき

    会社の最前線でお客様との窓口役となる営業マン。正社員として働いた経験のない、就職活動中の学生の皆さん…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 皆さんは「添え状」と言う言葉をご存知でしょうか。添え状とは文字通り添える書類のことで、郵送物等を送る…
  2. 「ホールディングス」という言葉は「株式会社××ホールディングス」等社名として近年よく聞かれる言葉です…
  3. 年収額に対する手取り額や貯金額、支払い可能な家賃額を紹介するシリーズ記事において、今回は「年収400…
  4. 若者の車離れは有名な話となってしまいましたが、近年の若者は車だけでなく「出世」に対しても意欲や関心が…
  5. ビジネスマンとして成長するために、インプットとアウトプットはともに欠かせないことでもありますが、どち…
  6. 巷では「資格は転職において有利になるか」が議論される場合がありますが、当サイトの賢明な読者の皆さんな…
ページ上部へ戻る