喫煙者と禁煙者ではどちらの方が仕事を効率的に進めるか

日本は時代のグローバル化と共に欧米先進国に見習って、オフィスや公共施設等を中心に禁煙化を進めてきたことは皆さんもご承知のとおりです。ただ、いくら時代の流れとは言え、企業は仕事の「生産性」や「効率」も重視しなければならない立場。禁煙の推進がもし仕事の生産性や効率の低下を招くようであれば、経営に悪影響が生じそうした取組を続けることもできなくなります。そこで今回は喫煙者と禁煙者の仕事の効率性や生産性といった観点から比較することで、企業が禁煙を進めることは経営上「吉」なのか「凶」なのかを明らかにして参ります。


喫煙者一人当たりの生産性損失時間は130時間

まず、喫煙者と非喫煙者の健康状況が仕事の生産性に及ぼす影響について、米国で行われたある調査結果を元に御紹介します。米国の大手化学品メーカ-ダウ・ケミカル社に勤める社員1万人を対象に、疾病と仕事の生産性の関係を調べる調査が行われました。(※)出典「喫煙は年130時間のムダ!「健康と生産性」の関係」(プレジデント社サイト)より

その調査結果から、禁煙者が何らかの病気によって欠勤したり、体調不良等で仕事の生産性が低下したりすることで損なわれる年間労働時間数が平均78時間であったこと対し、喫煙者はその倍近くにあたる約130時間にも及ぶことが判明しました。

こうした従業員の欠勤や生産性低下に伴う企業の経済的損失額を計算したところ禁煙者一人当たり年間1,156ドル、1ドル120円で日本円換算した場合約30万円、一方喫煙者は年間4,430ドル、日本円で約53万円もの損失にのぼるという驚愕の結果となりました。つまり喫煙者は禁煙者の約1.8倍もの生産性損失時間を招くことで、禁煙者の約1.8倍もの経済的損失を企業側に与えていることになります。禁煙者であっても病気になれば欠勤してしまう場合もありますし、欠勤にならなくとも例えばアレルギー症状や腰痛や頭痛といった病を患っていれば仕事の効率も低下します。

従って、従業員の健康管理は実は企業経営という側面からも極めて大切であることが改めて示された調査結果とも言えますが、とりわけ企業側にとって大きな経済的ダメージとなっていたのが「喫煙者」だった訳です。それだけに、企業が職場環境の禁煙化を推進することは経済合理性があるどころか、早急に改善しなければならない経営的課題であったと言っても過言ではないのです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 嘘をつく人の8つの特徴

    嘘をつく人の特徴や心理から、嘘を見抜く方法・うまく付き合う対処法を解説!

    嘘をつかれて騙されたり、嫌な思いをした経験のある人は少なくないと思います。嘘ひとつで人間関係が壊れる…
  2. 【転職の面接はこれでバッチリ!】長所の回答事例集

    【転職の面接はこれでバッチリ!】長所の回答事例集

    面接は、企業と就職希望者の意思疎通を行う大事な場面です。面接の合否の結果は、就職希望者のこれまでの経…
  3. 上司からランチのお誘いがきたときの断り方・理由まとめ

    上司からランチのお誘いがきたときの断り方・理由まとめ

    「ランチにいかないか」 上司からランチを誘われたけど、たまにはひとりで食事したい気分の日もあれば、…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 法人間に限らず、個人間の社交の場面でもよく登場するものに「菓子折り」があります。この菓子折りの定義や…
  2. 飛び込み営業で再訪問のアポイントを取得する方法
    飛び込み営業は、初訪時(新規のお客様と初めて会うとき)に多くの場合、「うちでは要らない」「必要ない」…
  3. 転職の面接試験に臨むにあたって、着用してゆく服装も重要な評価項目であることは改めて申し上げるまでもな…
  4. お客様やクライアントとのやり取りにおいて皆さんは「幸甚」という言葉を使用したり、あるいは使用されてい…
  5. 会社の説明会において一通り会社側の説明が終わった後、通常実施されるのが学生側からの質問受付です。では…
  6. 京セラおよびKDDI創業者であり、現在は見事に経営再建を果たした日本航空の名誉会長である稲盛和夫氏は…
ページ上部へ戻る