「効率」と「能率」の正しい意味・違い

仕事の効率性を高めるという意味で「効率」という言葉が多用されています。一方で似たような「能率」という言葉があり、「能率の高い」仕事も求められています。それではその二つの言葉にはどのような意味の違いがあるのでしょうか。

効率と能率のそれぞれの意味

・効率の意味

効率とは「使った労力に対する、得られた成果の割合」であり、労力が少なく、成果が大きいほど効率が高いと言えます。式で表すと、【成果/労力】という形になります。

・能率の意味

能率とは「一定時間内にできる仕事の割合。仕事のはかどり方」という意味です。ここでは「一定時間以内に」という時間の要素が強いです。式で表すと【仕事量/時間】という形になります。

効率と能率の意味の違い

効率と能率の意味を比べた時に大きく違う点として、能率は「一定時間以内」にできる仕事の割合という意味で、【仕事量/時間】を表しているということです。

一方で効率は【成果/労力】のため、能率よりも幅広い概念といえます。ここでいう「成果」には仕事量も含まれますが、その他に売り上げや顧客獲得人数などの努力量以外のアウトプットも含まれます。

また「労力」には時間の他にも勉強量、投資額、移動量なども含まれるかもしれません。コストパフォーマンス(費用対効果)という指標は効率性を示すものですが、能率性を示すものではありません。ここで効率・能率を上げる方法は二つあり、分母(時間、労力)を小さくする、もしくは分子(仕事量、成果)を大きくするというものです。

つまり効率を上げるためには成果を一定に保ったまま労力を減らすか、労力を一定に保ったまま成果を上げる必要があります。一方で能率を高めるためには、仕事量を一定に保ったまま労働時間を減らすか、労働時間を一定に保ったまま仕事量を増やす必要があります。

能率と効率の文化的背景

効率も能率も英語ではどちらも「efficiency」であり同じ単語のため、「能率」と言われる時間を基準にした仕事量は日本語に特有の概念かもしれません。これは日本が時給、残業代などと言われるように「時間」を基準にした報酬を設定していることからもわかります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 良い上司と悪い上司の10の違い

    良い上司と悪い上司の10の違い

    どの上司の下で働くか、基本的に部下は上司を選ぶことができません。直属の上司が良い上司なら、信頼関係を…
  2. 使える部下の10の特徴

    自分の仕事を円滑に進めるためにも、頼りになる部下の存在は欠かせません。指示した内容を理解してくれない…
  3. 書類選考で不採用になる12の理由

    何社応募しても書類選考を突破できない人は、書類の中に不採用の原因が必ず存在しています。それはあなたの…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. もし皆さんが年上の部下とのコミュニケーションの取り方に悩んでいるとしたら、皆さん自身の考え方等で見直…
  2. 就職や転職などを考えるときに頭に入れておきたいのが、その企業や業界的に有利に働く資格も存在するという…
  3. 上司や目上の人と会話するときは、相手に伝える表現を間違えてはいけません。ですが口語の表現は非常に難し…
  4. 皆さんの上司は器が大きい方でしょうか、それとも小さいと感じておられるでしょうか。また、部下を持つ立場…
  5. 年収額に対する手取り額や貯金額、支払い可能な家賃額を紹介するシリーズ記事において、今回は「年収400…
  6. 営業マンの給与形態は大きく「フルコミッション」と「固定給」の二つに分けることができます。両者の給与形…
ページ上部へ戻る