「効率」と「能率」の正しい意味・違い

仕事の効率性を高めるという意味で「効率」という言葉が多用されています。一方で似たような「能率」という言葉があり、「能率の高い」仕事も求められています。それではその二つの言葉にはどのような意味の違いがあるのでしょうか。

効率と能率のそれぞれの意味

・効率の意味

効率とは「使った労力に対する、得られた成果の割合」であり、労力が少なく、成果が大きいほど効率が高いと言えます。式で表すと、【成果/労力】という形になります。

・能率の意味

能率とは「一定時間内にできる仕事の割合。仕事のはかどり方」という意味です。ここでは「一定時間以内に」という時間の要素が強いです。式で表すと【仕事量/時間】という形になります。

効率と能率の意味の違い

効率と能率の意味を比べた時に大きく違う点として、能率は「一定時間以内」にできる仕事の割合という意味で、【仕事量/時間】を表しているということです。

一方で効率は【成果/労力】のため、能率よりも幅広い概念といえます。ここでいう「成果」には仕事量も含まれますが、その他に売り上げや顧客獲得人数などの努力量以外のアウトプットも含まれます。

また「労力」には時間の他にも勉強量、投資額、移動量なども含まれるかもしれません。コストパフォーマンス(費用対効果)という指標は効率性を示すものですが、能率性を示すものではありません。ここで効率・能率を上げる方法は二つあり、分母(時間、労力)を小さくする、もしくは分子(仕事量、成果)を大きくするというものです。

つまり効率を上げるためには成果を一定に保ったまま労力を減らすか、労力を一定に保ったまま成果を上げる必要があります。一方で能率を高めるためには、仕事量を一定に保ったまま労働時間を減らすか、労働時間を一定に保ったまま仕事量を増やす必要があります。

能率と効率の文化的背景

効率も能率も英語ではどちらも「efficiency」であり同じ単語のため、「能率」と言われる時間を基準にした仕事量は日本語に特有の概念かもしれません。これは日本が時給、残業代などと言われるように「時間」を基準にした報酬を設定していることからもわかります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業マンがモテる6つの理由

    営業マンがモテる6つの理由

    営業は、営業マン自身がお客様に人として認めてもらうことが、契約に至るまでの第一歩となります。そのため…
  2. 成功する人に共通する特徴・習慣17選

    誰もが成功者になりたいと思う人は少なくないと思います。しかし悲しいかな、漠然と願うだけでは成功者にな…
  3. 「恐縮」の意味・正しい使い方【例文付き】

    「恐縮」を日常会話の中で用いることは稀ですが、ビジネスシーンでは常用される言葉のひとつ。社会人として…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 飛び込み営業に必要な5つのスキルとできないときの最終手段
    飛び込み営業は、一般的にはブラックなイメージが大きい仕事だと言えますが、うまく契約を取って稼ぐことが…
  2. ビジネスマンにとって良質なインプットやアウトプットが重要、そんな言葉を一度は聞いたことがあるのではな…
  3. 面接の場面で転職理由を尋ねられた場合、それが正直な理由であったとしても伝えてはならない理由があります…
  4. 転職してみたら思い描いていた理想とは違った…そんなギャップを感じる転職経験者の方も多いと思います。働…
  5. 上司からメールが届いた場合、できるだけ早く返信することが部下として大切なマナーです。しかしながらいく…
  6. 企業経営の環境がグローバル化するにつれ、日本の伝統的雇用形態だった終身雇用制はだんだんと現象の一途を…
ページ上部へ戻る