早起きの習慣を身につける方法3つ

「朝スムーズに起きることが出来ずいつも遅刻ぎりぎり・・・どうも早起きは苦手だ」とお悩みのビジネスマンは決して少なくありません。早起きの習慣を身につけて、遅刻の心配も無く毎朝出勤できるようにしたいところですが、ただ目指し時計に頼っているだけでは早起きの習慣を身につけることは難しいと言えます。そこで今回は、早起きの習慣を身に付ける上で有効な方法を3つほどご紹介します。早起きできずに悩んでいる方、早起きの習慣を身につけたいと考えている方必見の記事ですのでどうぞご覧ください。


①長期的な計画に基づいてステップアップさせる

計画「早起きするだけ」なら目覚まし時計を大量購入し、最大音量で鳴らす等に取り組めば比較的簡単に実現可能でしょうが、それでは「早起きの習慣」が身についたことにはなりません。習慣とは本人がそれ程意識しなくとも時間となったら体が反応する、あるいは自然に行動している状態を言います。そうした状態に自分をするには「長期的な視点」が大切です。逆に言えば、習慣を短期的に身につけようとするから上手くいかないとも言えるのです。要は焦りは禁物です。早起きではなく「早起きの習慣」を身につけたいなら短期間で結果を出そうと考えず、ステップバイステップの長期的な計画を立てて取り組むようにしましょう。ではどのようなステップの計画を考えれば良いのでしょうか。


②まずは「就寝時間」を安定させることから取り組む

早起きが出来ない方は就寝時間がバラバラで安定していないこと、つまり就寝のリズムが確立されていない場合が大変多いと言えます。起床の快適さは就寝時間から始まる睡眠の量や質に左右されます。従って早起きを習慣にするには就寝時間を含めてトータルに改善を図る必要があるのです。とは言え・・・会社で時々深夜まで残業がある、或いは不定期で飲み会が実施される等々の様々な事情はあるでしょう。

そのため全ての日を同じ就寝時間にすることは困難であっても、そうした不規則なイベントがない日は一定の就寝時間にできるはずでし、深夜まで残業があった日は早めに食事や入浴を済ませ、できるだけ早く寝るようにすることは努力できるはずです。問題にすべきは自己管理できない日の就寝時間ではなく、ついつい夜更かしをしてしまったという日を解消することです。

例えば深夜にスマホのゲームに興じていないでしょうか。あるいはついラインで友人と深夜までトークに耽ってしまってはいないでしょうか。早起きの習慣を身につけたいなら、就寝時間に関わる自分の生活スタイルや過ごし方から見直しをはかり、可能なら午後11時頃を一つの目安に出来る限り定時に寝るよう取り組むことが最初のステップです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 行動力と実行力の意味・違い

    行動力と実行力の意味・違い

    行動力や実行力は、仕事で活躍するために必要なビジネスマンの能力として頻繁に用いられます。この両者の言…
  2. 出向と派遣の意味の違い

    ビジネスシーンでは響きや意味のよく似た言葉などがあり、時にはその意味を履き違えていたり間違って使って…
  3. エレベーターの行き先を取り消すキャンセル方法

    エレベーターの行き先ボタンを間違えて押してしまうと、ドアが開いて閉まる一連の動作をする間、しばらく待…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 就職活動を行う上で一番重要な面接は、自分をアピールすることができる場です。個人面接のみであれば、思う…
  2. MR職は就職、転職共に人気が高まっている職種の一つですが、その具体的な仕事内容や平均的年収等について…
  3. 営業にとって「新規開拓」がとても重要であることは改めて言うまでもありません。しかしながら、大変難度が…
  4. 大手企業に就職した場合とベンチャーに就職した場合では、身につくスキルや知識などが異なってくることは何…
  5. 新しい職場は誰しも緊張するもの、慣れるまでにはある程度の時間が必要になるかもしれません。新しい職場に…
  6. 面接は性格や人柄、会社に入社したい熱意を確認するために重要な試験です。また面接者にとって自分を理解し…
ページ上部へ戻る