電気タバコ「プルーム・テック」をJTが全国発売!アイコス追随なるか

JTが電気タバコ「プルーム・テック」を発売!アイコスを追随

日本たばこ産業(JT)は2017年から電気たばこ「プルーム・テック」の販売を全国で開始することが発表されました。電気たばこ「プルーム・テック」は既に福岡市やネットなどの一部地域で販売しているものの、品薄状態が続いており、来年の発売に向けて500億円を投じて供給体制を整えます。電気たばこで先行するフィリップ・モリス・インターナショナルの「アイコス」は、発売開始から2年間で国内たばこ市場の5%を占めるまでに急成長しており、蒸気を発生させる電気たばこの需要は急速に高まっています。(引用:日本経済新聞


電気たばこ「プルーム・テック」とは

電気たばこ

「プルーム・テック」は、カートリッジ内の液体を加熱して蒸気にし、葉タバコが入っているカプセルを通して吸引するタイプの電気たばこ。メーカー希望価格は4000円。アイコスの定価は9980円のため、半額以下で購入できます。



電気たばこプルームテック

カプセルは1個あたり50回吸引することができ、5個入り460円で購入可能。


電気たばこの需要が高まる2つの理由

1.紙巻きタバコに比べて有害物質が少ない

電気たばこは火を使わないことからタールを摂取しなくても済み、紙巻きタバコと比べて有害物質が9割以上カットされていることから、健康リスクが低いとされています。また通常のたばこが発する臭いや灰、副流煙も出ないことから、たばこを吸わない人が受動喫煙になる心配もありません。

2.火を使わないため安全性が高い

電気たばこは火を使わないため、使用後そのまま捨てても火事の心配がありません。そのため灰皿を使用する必要もなく、灰が落ちてしまうこともないため、喫煙後の処理も簡単になります。


プルームテックの猛追なるか

葉巻たばこの販売数は年々下降の一途をたどり、ピークだった1985年の3032億本から、2015年の1092億本まで6割以上も減少しています。一方で電気たばこ市場は世界でも需要が急拡大しており、2015年に約80億ドルが2020年には160億ドルになるともいわれています。

健康志向の高まりから喫煙者の需要を引き出した電気たばこですが、「プルーム・テック」が国内市場で先行する「アイコス」の牙城を切り崩すことができるのか、また新たな市場を切り開くのか、目が離せません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 法人営業と個人営業の違い【仕事内容・年収・スキル・大変さ】

    営業職は「法人営業」と「個人営業」でよく区分されて論じられる場合が多いのですが、皆さんは両者の違いに…
  2. 転職の面接で気を付けるべき9の項目

    面接の場面で、採用担当者からの質問に対して「何を話すか」を事前に考えておくことはとても大事です。しか…
  3. 自己PRで飲食店バイト経験をアピールするコツ【例文付き】

    飲食店でのアルバイト経験を自己PRで伝える場合、どのようなポイントやコツがあるか就活生の皆さんはおわ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 営業利益、経常利益、純利益、どれも同じ「利益」と言う言葉が付くことから、似たような意味、同じような意…
  2. 「転勤を命じられたから」という理由で転職を決断した方にとって、転職先でまた転勤を命じられることはでき…
  3. パワーハラスメントとは、職場において権力のあるものがないものに対して行われる「嫌がらせ・いじめ」のこ…
  4. 多くの営業マンの皆さんは大なり小なり「ノルマ」達成というプレッシャーと日々戦いながら、営業活動に勤し…
  5. 面接は性格や人柄、会社に入社したい熱意を確認するために重要な試験です。また面接者にとって自分を理解し…
  6. 商品の販売やサービスを行っている会社の多くは、クレーム対応の窓口を設けているところがたくさんあります…
ページ上部へ戻る