転職後の入社初日に着る服装マナーの3つのポイント


服装に困ったらスーツがお勧め

職場に合わせるといっても職場の雰囲気や社員の服装がわからない場合は、無難にスーツがお勧めです。初日は特にわからないことだらけなため、多少浮いた服装をしていても周りは許容してくれます。そのため、たとえば面接官の服装に合わせたり、派手なワイシャツなどを着用しなければ特に問題はないでしょう。


硬すぎない服装はオフィスカジュアルでまとめる

スーツで硬すぎるという場合はオフィスカジュアルな服装が良いでしょう。パンツやスカートとジャケット、ワイシャツとすると様々な状況にも対応できてお勧めです。また、パンツやスカートは黒などにするとスーツを着ているかのような硬い印象を与えてしまうため、落ち着いた印象を与えることができるベージュにするとよいでしょう。このように転職初日に注意するべき服装のポイントをいくつか紹介しました。職場に合わせて、硬すぎない服装を選ぶことが早く職場になじむ秘訣とも言えるでしょう。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 人望が厚い人に共通する7つの特徴

    皆さんの周りにも人望が厚い人物がいると思います。その一方で、周囲に信頼してもらえない、人望がない人物…
  2. 人見知りが営業マンに向いている5つの理由

    人見知りが営業マンに向いている5つの理由

    人見知りは、できる営業マンから最もかけ離れたタイプの人……という印象を持っていないでしょうか。けれど…
  3. やりたい仕事が見つからない人の天職の探し方

    やりたい仕事ができていない人は働く人の約6割と言われている昨今、働く目的が「生活費を稼ぐため」「…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 「企画」という仕事は、実は企画職に限られる仕事ではありません。頻度の違いこそありますが企画という仕事…
  2. 新入社員にとって、上司との営業同行は営業現場で商談を目の当たりにしながら学べる絶好の機会と言えます。…
  3. 「お忙しいところ」の正しい使い方・マナー・メール例文まとめ
    「お忙しいところ…」から始まる定型句は、ビジネスシーンではよく耳にすることの多い言葉ではないでしょう…
  4. 日曜日の夜になると「明日からまた会社だ」と憂鬱な気分になる「ブルーマンデー症候群」或いは「サザエさん…
  5. 「転勤を命じられたから」という理由で転職を決断した方にとって、転職先でまた転勤を命じられることはでき…
  6. 転職活動を成功させるためには、転職を支援してくれるサービスやシステムを有効に活用することも大事な条件…
ページ上部へ戻る