転職後の入社初日に着る服装マナーの3つのポイント

転職先が決まり、これで転職終了と考える方は多いかもしれません。しかし、転職は働き始めてからが本当の勝負となります。新しい職場で最初は孤立してしまったり、ほかの部署の人の顔や名前を覚える必要があったり、やることが実にたくさんあるためです。転職初日に遅刻しないことは当然ですが、初日に着る服装はどうしたら良いのでしょうか。会社ごとに決まっていることが多いですが、どのような服装で行けば良いのかは働くまでわかりません。そんな服装に悩んだ時の対処法を紹介します。


服装には職場ルールを設けている場合もある

ルール初日の服装は面接時の服装と同様のもので良いと考えられますが、初日と面接で異なるのは実際に業務に携わるということです。たとえば面接ではスーツでしたが、職場では作業を多く行うため、作業着が必要という場合は、スーツを着て出社してしまうと自分も相手も作業がやりにくくなってしまうでしょう。そのため、業務内容から服装をある程度推測し、行われる作業を予想した上で服装を考えると良いかもしれません。たとえば事務系は多くの場合スーツで、アクセサリーや濃い化粧等は控えるようにすることで対応できるでしょう。

技術職や制服が支給される職場の場合は動きやすく、汚れても困らない服装にすることで、作業もしやすく、着替えも簡単になります。このように職場や職種を考えながら服装を考えると職場の雰囲気を乱さず、良い印象を与えることができるでしょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. ワンマン社長の特徴と3つの対策

    皆さんがお勤めの会社の社長は「ワンマン社長」と呼ばれるタイプの方でしょうか。「ワンマン社長」はどちら…
  2. 課長になれる人となれない人の違いとは

    まじめにコツコツと頑張っていれば、部下を持たない係長まで昇進できる会社は比較的多いと思いますが、部下…
  3. 何度言っても同じミスを繰り返す部下への注意の仕方

    上司にとって、部下を繰り返し注意することは決して心地良いものではありません。ましてや、それがたった今…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 年収額に対する手取り額や貯金額、支払い可能な家賃額を紹介するシリーズ記事において、今回は「年収400…
  2. 高品質な仕事をやりとげるには頭や体をフル回転させる必要がありますが、人間である以上24時間仕事ができ…
  3. ブロードバンドの普及により、ネット専門の証券会社が多数台頭するなど証券業界は大きく変化した業界の一つ…
  4. 当サイトの他記事において、ポイントやマイルの貯め方等についてご紹介しましたが中には「それって大丈夫?…
  5. ビジネスマナーを知らずにいると、自分の気が付かないところで失礼な振る舞いをしてしまい、それが原因でビ…
  6. 社会人になると取引先の方と、社外で打ち合わせや商談をすることが日常茶飯事になります。そのため、打ち合…
ページ上部へ戻る