転職後の入社初日に着る服装マナーの3つのポイント

転職先が決まり、これで転職終了と考える方は多いかもしれません。しかし、転職は働き始めてからが本当の勝負となります。新しい職場で最初は孤立してしまったり、ほかの部署の人の顔や名前を覚える必要があったり、やることが実にたくさんあるためです。転職初日に遅刻しないことは当然ですが、初日に着る服装はどうしたら良いのでしょうか。会社ごとに決まっていることが多いですが、どのような服装で行けば良いのかは働くまでわかりません。そんな服装に悩んだ時の対処法を紹介します。


服装には職場ルールを設けている場合もある

ルール初日の服装は面接時の服装と同様のもので良いと考えられますが、初日と面接で異なるのは実際に業務に携わるということです。たとえば面接ではスーツでしたが、職場では作業を多く行うため、作業着が必要という場合は、スーツを着て出社してしまうと自分も相手も作業がやりにくくなってしまうでしょう。そのため、業務内容から服装をある程度推測し、行われる作業を予想した上で服装を考えると良いかもしれません。たとえば事務系は多くの場合スーツで、アクセサリーや濃い化粧等は控えるようにすることで対応できるでしょう。

技術職や制服が支給される職場の場合は動きやすく、汚れても困らない服装にすることで、作業もしやすく、着替えも簡単になります。このように職場や職種を考えながら服装を考えると職場の雰囲気を乱さず、良い印象を与えることができるでしょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 年下上司を利用するつきあい方

    年下上司を利用する3つの付き合い方

    会社組織の在り方は変わり、人事評価では年功序列が当たり前だった時代は終わりを告げ、年下でも実力があれ…
  2. 営業を断るメール例文と3つの注意点・ポイント

    営業を断るメール例文と3つの注意点・ポイント

    ビジネスを継続的に行っていると、お客様に営業をする立場だけでなく、営業される立場になることも少なくあ…
  3. 人望が厚い人に共通する7つの特徴

    皆さんの周りにも人望が厚い人物がいると思います。その一方で、周囲に信頼してもらえない、人望がない人物…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 「今日は会社に行きたくない」会社員の方なら誰もが一度は思った経験があることと言って良いでしょう。では…
  2. 出張の多いビジネスパーソンにとって、持って行く旅行アイテムのチョイスは非常に重要です。出張時の仕事面…
  3. 部活動でキャプテンや主将を務めたという人は、決して星の数ほどいるとは言えませんし、部という一つの組織…
  4. 会社の部下や新入社員が退職を切り出してきた時、上司としてどう引き止めるかは難しい問題です。特に優秀な…
  5. 組織の中には様々な業務がそれぞれの部署によって行われています。例えば営業部であれば営業活動を行うこと…
  6. ビジネスシーンで必ず着用しているワイシャツは、その色によって自分の印象がガラリと変わってしまうことを…
ページ上部へ戻る