人材紹介会社との初面談の服装は「スーツ」か「私服」か

転職活動で人材紹介会社を利用する場合、登録手続きを終えたら次に必要となるプロセスがコンサルタントやアドバイザーといった肩書きで皆さんを担当する担当者との面談です。「人材紹介会社へ就職する訳ではないけれど、人材紹介会社が求人企業の書類選考等を担っている場合もあると聞くと私服ではまずいような気もするし、でもリクルートスーツでは堅苦しいような気もするし・・・」等々、人材紹介会社の担当者と面談する場合、どのような服装で行けば良いか悩まれてはいないでしょうか。今回は人材紹介会社の現役担当者へのヒアリング等を元に、この疑問について皆さんにお答えすることに致します。


担当者との面談は試験ではない

まず面談時の服装についてお答えする前に、担当者との面談はどのような機会なのかを確認しておくことにしましょう。人材紹介会社の担当者との面談はあくまで面談であって「面接試験」ではありません。では面談での担当者側の目的は何かと言えば

・登録者の人物像を把握、理解すること
・登録者とのコミュニケーションを深め、円滑に意見交換できる関係を築くこと
・登録者の転職に関する希望や意見等を十分聞き取るため
・転職活動や転職方針に関するベクトルを一致させること

であって、少なくとも最初の面談は特定企業の紹介を前提とした「外見等の評価」を目的にしている訳ではないのです。従って、担当者との初回面談は肩肘張らず臨むことを基本として考えれば良い訳です。


無理してスーツを着用する必要はない

担当者との初回面談は面接試験ではありませんので人材紹介会社側から特に事前の指示がない限り、服装は原則自由と考えて構いません。つまり私服でもOKです。一部サイトにおいては「服装は自由と言われたからといって、馬鹿正直に私服で面談に臨んではならない。スーツ着用が常識」と断定している記事も見かけられますが、その点は現役のアドバイザーが「そのような常識はない」とはっきり否定しています。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 無能で使えない上司の特徴・扱い方・対処法

    無能な上司の5つの特徴【上手な扱い方・対処法】

    本来、上司とは、部下の仕事を管理・連携を図りながら、仕事を進めていく能力が求められます。これは効率よ…
  2. ソリューション営業を実践するための5つのプロセス

    ソリューション営業を実践するための5つのプロセス

    営業の本質的な役割は、顧客が抱える悩みを解決すること。 今では常識的なこの考えも、これまでの営業の…
  3. 上司に送るお礼メールの書き方【例文集】

    仕事で円滑なコミュニケーションを図るためには、上司と密に連携を取ることは必須といえます。そのなかで電…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 【あなたは大丈夫?】たちの悪い人・上司・女性に共通する特徴まとめ
    残念ながら、身近なところに「たちの悪い人」って少なからず一人は存在します。距離感のある間柄なら大した…
  2. 最近インターネットでも良く目にする「インバウンドマーケティング」と言う言葉。なんとなくわかるようでも…
  3. 転職を大きく左右する条件の一つと言われているものに「年齢」があげられます。例えば転職は20代や30代…
  4. 面接時の転職理由として「会社の評価方法が嫌だ」「自分は正当に評価されていない」等の不満を持つ人は少な…
  5. 営業担当者にとって、商談が成立した瞬間はとても嬉しいものです。商談成立を目標にこれまで努力してきたの…
  6. 大手企業に就職した場合とベンチャーに就職した場合では、身につくスキルや知識などが異なってくることは何…
ページ上部へ戻る