前の会社に出戻りする社員は相当の覚悟が必要

事情はともかくも前職を退職した後、再び前の会社へ就職し直す「出戻り」には今回の記事のタイトルのとおり、かなりの覚悟が必要になってきます。では「出戻り」する場合にはどんな覚悟が必要になってくるのか、またなぜそうした覚悟が必要になってくるのかについて解説致します。

①出戻りを良しとしない人物が少なからずいる

出戻りというのは、どのような事情であっても自分自身で組織を辞めると言う「決断」を下した上で他の組織で働くという「決断」もしたはずなのに、それら「組織を辞める」という「決断」と「他の組織で働く」という二つの「決断」を同時に撤回することを意味します。こうした二つもの決断を撤回する行為は、一般的な日本人の感性として好意的には受け止められない行為と言って良いでしょう。

日本には「潔さ」という言葉があり、また「潔さ」は一般的には好意的、肯定的な言葉として用いられています。つまり日本人は伝統的に「潔さ」というものを高く評価する一方、潔さがない行為に対しては批判的に見る向きがあります。その点で、自分で下した二つもの決断を自ら撤回し戻ってくると言う行為は、決して「潔い行為」とは言えないからです。

勿論、出戻りであっても好意的に受け入れてくれる人はいるでしょう。しかし、潔さに反する行為なのですから出戻りに対して批判的に考えたり、冷ややかに見たりする人の方が多いと考えた方が妥当だと言えます。従って、出戻りはそのような多くの批判的な目、白い目で見られる状況で仕事をすることになるという覚悟が必要になるということです。

②かつて部下または後輩だった社員が自分より上の立場になっている可能性がある

出戻りまでの期間によるものの、かつて自分の部下だった、あるいは後輩の立場だった社員が出戻り時には自分より役職では上の立場になっている可能性もあります。そのような状況でかつての関係や年齢的な理由だけを前提に、上から目線で接すれば煙たがられることは必至です。かといって妙に気を遣えば関係がぎこちなくなりますし、相手にも戸惑いを与えることになってしまいます。

つまり、出戻りでの職場の人間関係においては、決してシンプルではない微妙な人間関係の中で難しい気遣いや心配りが要求されるようになること、多少プライドが傷つくような場面があってもそれに甘んじなければならないこと等々を覚悟する必要があります。

③従前より低い地位や収入となる可能性がある

これは②とも関わりますが、例えば前の在職時に就いていたポストは通常なら他の社員に渡っていますので在職時の肩書きとして戻れる可能性は低いと考えられます。また、企業を取り巻く環境の変化は速まる一方であり、他社へ行っている期間に在職時のセクションの仕事内容自体も大きく変化している可能性があります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 上司が入院したときのお見舞いメール【例文集付き】

    上司が入院したときのお見舞いメール【例文集付き】

    日頃からお世話になっている上司や目上の人が、病気やケガなど体調を崩して入院してしまった場合、部下から…
  2. 対人恐怖症の人が向いている仕事

    対人恐怖症は、人との接し方がうまくいかず、コミュニケーションをとる上で大きな障害になりやすい特徴があ…
  3. 上司・先輩・同僚の違い

    社会人になると、職場に上司・先輩・同僚などの立場の人と上手く付き合っていく必要があります。しかし、役…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 一度目が覚めても「あと少しだけ」と思って、そのままスヤスヤ眠ってしまった経験をしたことはありませんか…
  2. 一時期「学歴社会は崩壊した」といった指摘がなされていた時期がありましたが、一昔前ほどではないものの、…
  3. 部下をやる気にさせる特効薬と言えば「褒める」ことに尽きると言って良いでしょう。しかしただ褒めれば良い…
  4. 営業手法には様々な方法や考え方がありますが、多くのトップセールスマンが口を揃えて言うことが一つだけあ…
  5. 本命ではなかった企業へ内定承諾書を提出した後、本命企業からの内定をもらうことは十分考えられるケースで…
  6. ビジネスマンにとって良質なインプットやアウトプットが重要、そんな言葉を一度は聞いたことがあるのではな…
ページ上部へ戻る