仕事に慣れない新入社員が抱えがちな5つの悩み

学校を卒業して春から新入社員として会社で働き始めると、新しい環境に戸惑い、多くの悩みにぶつかるでしょう。右も左も分からない状態の新入社員にとって、初めて取り組む仕事や環境の変化について様々な不安要素を抱えています。そこで今回は、まだ仕事に慣れない新入社員が抱えがちな5つの悩みについてご紹介いたします。自分だけでなく、多くの新入社員が悩みを抱えている事を理解し、またどのように対処していくべきなのかについても知っておきましょう。

新入社員が抱えがちな悩み5つ

1.仕事ができない・覚えられない

仕事ができない・覚えられない

まずは仕事上の悩みとして「仕事が思い通りにできない」ことを悩む人は多いでしょう。上司や先輩に教えられたことが思うようにできない、また仕事が覚えられないなど、理想の働く姿と現実とのギャップに悩み、落ち込んでしまうことも少なくありません。新入社員が仕事が上手くいかずに悩んでしまうのは以下のパターンです。

(1)同期と比べて仕事のスピードが遅い:慣れない業務に取り組むにあたり、丁寧さだけでなくスピードも心掛けているつもりが、同じ新入社員と比べてスピードが遅く、仕事の進捗もひとりだけ遅れてしまう

(2)自分のミスで周囲に迷惑を掛けてしまった:初めて取り組んだ仕事でミスをしてしまい、それが結果として大きなトラブルや顧客からのクレームを引き起こしてしまうことになり、上司や先輩が対応に追われた

(3)営業の契約が取れない:上司に教えられた通り、真面目に営業しているのに新入社員の中で自分だけが契約が取れず、自信を失ってしまっている

(4)電話応対がうまくできない:会社に掛かってくる電話応対に緊張してしまい、うまく話せない。また聞き漏れなどがあって電話先のクライアントから叱られた

(5)考えて行動できない:教えられた仕事はできるようになったが、様々な状況を考慮して柔軟な対応ができない

新入社員の皆さんにとっては非常に大きな悩みだと思います。会社にいきたくないと思ってしまっているかもしれません。ですがこれらの悩みは、上司や先輩の全員が同じ道を通ってきています。誰しも最初から上手く仕事が出来たわけではありません。早く一人前になろうと焦るのではなく、目の前のひとつひとつの仕事を確実にモノにしていくための努力ができることが大切なのです。

2.学生時代と比較した生活リズムの変化

学生時代と比較した生活リズムの変化

学生から社会人へと進むことで、生活リズム自体も大きく変化します。プライベート面においても学生時代よりも自由な時間は減ることになるし、終業後も仕事上の付き合いとして会社の人達と食事したり飲みに行ったりする機会も出てきます。新入社員にとってこうした生活の変化に最初は戸惑うことが多いはず。よくある悩みをご紹介します。

(1)平日は自由な時間がない:仕事を終えて帰宅したらもう20時。寝る支度をしたらほとんど自由な時間がない

(2)毎朝起きて満員電車に乗るのが苦痛:毎朝の通勤電車はおしくらまんじゅうをしながら出社。夏は特に地獄

(3)会社の飲み会が半強制参加:アルコールが飲めないのに行きたくもない飲み会に強制参加させられ、聞きたくもない上司の話を延々と聞かされる

(4)趣味に割く時間が大幅に減った:平日の大半は仕事にあて、週末も生活必需品の買い出しなどに時間をつかうと、大好きな趣味の時間が大幅に減ってしまった

学生時代と比較すると、どうしても自由な時間は減るし、様々な面において制約が発生します。ただそれが社会人として働くという事であり、自分の時間が限られてくるからこそ、どう有意義に過ごすかが大事になってくるのです。仕事ができる人はプライベートも充実しています。つまりプライベートが充実していない人は、仕事も中途半端になりがちです。

3.職場での人間関係やコミュニケーション

職場での人間関係やコミュニケーション

職場にいる同期や上司・先輩社員は、皆性格は違うし、経歴や歩んできた人生もさまざま。また学生時代の付き合いとは違い、新入社員は社会人としての礼儀やビジネスマナーを心掛けて接し、きちんとした常識ある人間関係が求められます。年齢や立場も様々なことから人間関係も複雑で難しくなり、上手く付き合いが出来ないことから悩むこともあると思います。やはりしっかりとコミュニケーションを取ることが大切です。職場の人間関係において新入社員がよく悩む項目をご紹介します。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【部長必見】営業部門でありがちな10の課題・問題点

    【部長必見】営業部門でありがちな10の課題・問題点

    営業部門の課題としてよくあげられることに「営業担当が受け持つそれぞれの顧客との取引状況が管理・把握で…
  2. 営業事務職に向いている人の特徴・向かない人との違い

    営業事務も一般事務も、事務職という点では違いはありませんが、それぞれに求められる適性や資質、必要なス…
  3. できる営業マンの特徴10選!これであなたも結果にコミットできる!

    できる営業マンの特徴10選!これであなたも結果にコミットできる!

    できる営業マンには共通する特徴があります。頑張っているのになかなか成果が上がらない人は、まずはできる…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 「転勤を命じられたから」という理由で転職を決断した方にとって、転職先でまた転勤を命じられることはでき…
  2. 営業マンは、新規開拓や商談、顧客フォローなどの営業活動を行う中で、様々なスキルが求められます。顧客の…
  3. 営業職に限らず様々な職種にはそれぞれ「適性」というものがありますが、その適性の有無を最も大きく左右す…
  4. 転職活動を行う場合に鍵となるのが求人情報をどのようにして得るかということですが、求人情報を得るソース…
  5. 面接時に必ず聞かれる質問に、退職理由があります。ここでどのように答えるのが正解なのかについて悩む人は…
  6. 今回は経営コンサルタントを選ぶときの注意点を御紹介することにします。実は当編集部には現役の経営コンサ…
ページ上部へ戻る