仕事ができても臭い上司は嫌われる!加齢臭対策まとめ

仕事ができても臭い上司は嫌われる!加齢臭対策まとめ

「あるべき姿の上司」になるために、人格的な問題の改善に徹底し、部下の働きやすい環境を作ったとしても、なぜか部下が近づいてこない、そう感じた原因は、中高年の人が放つ加齢臭のせいかもしれません。

もしあなたが臭いを放つなど不潔にしている要素があれば、身体上の理由で好き嫌いを判断するタイプの社員には嫌われてしまう可能性があります。職場に女性が多かったり、清潔感に気を配る若手社員が多く、また接する機会が多い場合、もし嫌われてしまったと感じる時には、あまり複雑に考えずに身体的理由を探ってみる必要があります。ここでは身体的理由によって嫌われる際によく出るキーポイントの「加齢臭対策」について考えてみたいと思います。


加齢臭とは

・加齢臭とは

加齢臭とは「中高年に特有の体臭」であり、男女差はありません。加齢とともにその臭いも強くなり、増加します。加齢臭の臭いの強さは個人差が激しく、気にならない程度の臭いもあれば、人が寄り付かない悪臭を放つケースもあります。


・加齢臭の原因

加齢臭は、皮脂中に脂肪酸が増え、ノネナールができることが原因で臭いを発します。ノネナールは水に溶けにくく、肌にこびりつきやすい性質を持っているため、シャワーを浴びた程度ではニオイが落ちないため、非常に厄介。また不規則な生活習慣・高血圧・偏食などが原因の「メタボ臭」や、肝機能や免疫機能低下などによる「疲労臭」が合わさって皮脂中に脂肪酸が発生し、加齢臭を引き起こしてしまいます。


・加齢臭の部位

加齢臭が発生する部位については主に6つあり、それぞれは「頭部」「首回り」「脇」「背中」「胸元」「耳の後ろ」など広範囲にわたります。特にスーツを着る際には襟元にたまりやすいと言われています。また年齢が40歳を過ぎると、頭皮にねっとりとした脂汗がたまりやすい傾向があり、それが悪臭の原因となっています。


不潔に対する職場同僚の意見

不潔に対する職場同僚の意見不潔に対する嫌悪感というのは誰しも持っています。例えば口臭、加齢臭、体臭などの「匂い」に関する嫌悪感は生理的に受け付けないとする意見も多く、スメルハラスメント(和製英語:smell harassment)などと、パワハラ・セクハラと同様に「スメハラ」と呼ばれ、嫌がらせ行為ともとられています。また職場によらず、家族からも体臭や口臭、フケを気にする声が上がっているようです。社会生活、家族生活の双方において「臭い」は嫌われる原因となってしまっています。

・職場の7割が体臭を不快に感じている

30代までは脇を中心とした汗臭がニオイのもとであり、適度にニオイケアをすることによって、周囲が嫌悪感を示すほど気になるニオイにはなりません。しかし40代になると「頭部」「耳の後ろ」「首回り」からもニオイを発するようになり、「ミドル脂臭」を放つようになってしまいます。

普段、ビジネススーツを着ていても隠れない箇所から臭うため、同僚と近い距離で会話したり、近くを横切るだけでニオイが広がります。また夏場などの汗をかきやすい時期は、加齢臭が充満するため、職場の部下や同僚は「ニオイケアをしてほしい」と思っています。


加齢臭対策

加齢臭対策加齢臭の対策としては、外部的なものとしては上述の身体感覚優位の人が多いコミュニティを避けて、自分に合った感覚優位を持つ人たちと一緒に居るということが考えられます。しかしそれが難しい場合には加齢臭対策をデオドラントなどを使って行うことになります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 飛び込み営業で訪問するときの挨拶のコツ

    飛び込み営業に苦手意識を持っていたり、不得意に思う人は少なくありません。初めての場所に行き、初対面の…
  2. 男性上司の誕生日プレゼント10選

    上司の誕生日に渡すプレゼントは、相手が喜ぶセンスのいい贈り物にしたいですよね。せっかくのプレゼントな…
  3. 説得力のある話し方を身につける10の方法

    説得力のある話し方を身につけることは、ビジネスマンにとって優先度の高いテーマと言って良いでしょう。皆…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 当サイトの他記事において、ポイントやマイルの貯め方等についてご紹介しましたが中には「それって大丈夫?…
  2. 出張の多いビジネスパーソンにとって、持って行く旅行アイテムのチョイスは非常に重要です。出張時の仕事面…
  3. 皆さんは日々「自己啓発」に取り組んでおられるでしょうか。自己啓発を通じて自分の意識や能力が向上すれば…
  4. 名刺はサラリーマンが絶対に忘れてはいけないものの一つで、常に予備を含めて持ち歩くことが大切です。初対…
  5. 人材派遣で働く、アウトソーシングで働く、どちらも同じような意味で、同じような働き方じゃないの?と感じ…
  6. 転勤は単に職場が変わるだけでなく、転勤先によっては自分が慣れ親しんでいる住まいを変えなければならない…
ページ上部へ戻る